« 雪の中、再び歩き始めた「猫」 | トップページ | 学校での省エネ »

2005/02/05

教員≠パティシエ

2月に入ると、デパートの広告は華やかなチョコレートの
広告で満艦飾(まんかんしょく)になる。甘いチョコレートで、
男たちの心をどうやったらとろけさせることができるのか、
広告を見て、そして、売り場で、女たちは計略を立てる。

この数年はパティシエ(女性の場合パティシエール)ブームも
あって、チョコレートの広告はうんざりするほど載っている。
品物の大半がこの「恋愛決戦」シーズン限定品で、それが
また女性の心をあおっている。

こういった一流パティシエの作るものは、すべて口当たりが
良い、といつも思う。その先に、もちろん味の個性が隠れて
いるのだが、最初の一口で「えーっ!」と思うものは、当たり
前だが、一流品ではない。

口当たり、というと、私たちの職場には、口当たりが良い
ことばかりを並べる教員がたいてい存在している。生徒が
悪いことをして、厳しく注意・指導しなければならない場面
なのに、「だめだよー」などと優しく言って、適当にあしらって
しまう。当然、生徒には何の効果もない。だから生徒はまた
同じ間違い、場合によっては取り返しのつかないような
大きな間違いをしでかしてしまう。

また、そのような教員が担任を持っている場合、教科担当者
から「生徒の態度が悪い」、などの報告をしても、これも
適当にあしらわれ、口当たりの良い言葉に勝手に置き
換えられて伝えられてしまう。

このような教員は、実は生徒に結構人気があったりする
ことが多い。生徒からすれば、「注意をしない、優しい
お兄さん(お姉さん)みたい」ということなのだろう。

(でも、もっとも人気があるのは、怒るべき時には厳しく
怒り、ほめるべき時にはほめちぎる教員だったりする。
子どもからすれば、「自分のことをよく見てくれている」と
思うからなのだろう)

このような「口当たりマイルド教員」のように、優しい言葉を
並べたてることは、本当に生徒のためになるのだろうか?
「単に生徒に迎合している」このような教員は、結局生徒に
有効な指導ができないので、生徒に「人間として、決して
してはいけないこと」、「社会で通用しないこと」などを教える
こともできない。

生徒を注意することはもちろんエネルギーも必要だし、
それに、日々の自分の行動も自覚を持たねばならなくなる。
「間違えたら謝りなさい」、と生徒に教えておいて、自分が
万が一ミスを犯した時、そしらん顔をするのは許されない。
そのような教員を、生徒は敬愛など決してするわけがない。

何よりひどいのは、パティシエは日々のたゆまぬ研鑽の末に
「口当たりの良い」スイーツを生み出しているが、「口当たり
マイルド教員」は、自分が面倒くさいから、どうせ生徒は
目の前からいずれいなくなるから、その後など自分は
知ったこっちゃない、というとんでもない考えから行動して
いるに過ぎないことだろう。

「○○先生はお兄さんみたいで好き」、「○○先生はお姉さん
みたいで優しい」と、あなたのお子さんが言っていたら、
気をつけてほしい。実はその人は、単なる「テキトー教員」
なのかもしれない。こんな人に習っていては、子どもは集団
生活でのマナーも、また、社会に出るに際して必要な礼儀も
決して身につかない。

教員はパティシエではない。口当たりの良さだけを追求して
いては、絶対にいけない。そんな者は、教員失格である。

|

« 雪の中、再び歩き始めた「猫」 | トップページ | 学校での省エネ »

コメント

初めまして。
「ゆめの夢」のゆめです。
教育と音楽の話、興味深く読みました。
私も、12年余り、出版系の会社で模試と通信添削にかかわっておりました。
理想と現場のギャップに戸惑った事もありました。
また、時々寄せていただきますね。

投稿: ゆめの夢 | 2005/02/05 09:59

大変興味深く読ませていただきました。

編集という仕事柄、文章の組み立て方を
ついチェックしてしまうのですが、
はなはだ僭越ながら、
大変お上手な文章で、読みやすかったです。
さすが国語の先生ですね。

あまり深く考えていない現段階で、
こういうことを言うのもなんですが、
僕は国語教育こそ、教育の根幹にあるのでは
ないかと思っております。

だから、つきのみどりさんには
頑張っていただきたいと心より思っております。


投稿: 宮田一臣 | 2005/02/09 15:13

「ゆめの夢」のゆめ様、
コメントありがとうございました。

ゆめ様のエバーグリーンの応援blog、
これからも楽しみに拝見させて下さい。
私も投資をかじっていることもあり、
株の件は気になっていますが、
良質で高聴取率の番組は残して
ほしいですね!!

投稿: つきのみどり | 2005/02/10 00:47

宮田様

はじめまして。また、わざわざ
コメントありがとうございました。
また、過分な言葉をいただいて
恐れ入ります。m(__)m

これからもご意見がありましたら、
お寄せいただけたら嬉しいです。

投稿: つきのみどり | 2005/02/10 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/2810426

この記事へのトラックバック一覧です: 教員≠パティシエ:

« 雪の中、再び歩き始めた「猫」 | トップページ | 学校での省エネ »