« 外へのまなざし 「ヒラメ教員」撲滅!! | トップページ | 全ての人の心に「希望」を »

2005/03/01

情熱の温度

いよいよ今週末に迫った「FOLK AID」。話を聞いてから
およそ1ヶ月、この日を楽しみに仕事に
励んできた、と言っても言い過ぎではない。

そんな中、このライブをめぐって、深く考えさせられる
ことに出くわした。このライブのチケットは、出演
アーティストの豪華さと、会場(渋谷公会堂)の規模も
あり、あっという間にSOLD OUT。私も、チケット
会社の先行予約に電話して、どうにか手に入れた。

先行予約での座席は、電話がつながった順では
なくて、申し込みをした人全員で抽選をして決めるという
ことだったので、席はチケットが届くまでわからなかった。
で、届いたチケットを見て、嬉しかった一方で、実は
かなり驚いた。というのは、座席が2階だったから。

(これも、先行予約の多さと、アーティストの手売り
などで、先行予約分の座席が少なかったのだろうか、と、
今は冷静に考えている)

「定価を法外に越えた値段ででもいいから、
何が何でも手に入れたい!!」というのではなく、
あくまでもFCの優先予約などで、「まっとうな」
値段、つまり、定価で買うのをポリシーとしている。
だから、この「FOLK AID」も、もちろん、まっとうな
値段で手に入れた。

ところが、世の中には、手に入れたチケットを、
もろもろの事情で売りに出す人がいる。本当に
そのライブに行きたかったのに、仕事などの
避けられない事情で売る人もいる一方、今は、
初めから行かないつもりのチケットを買って、
ネットオークションなどで高く売りに出して
「儲けている」人もいるらしい。巷(ちまた)では
こういう人を「チケットゲッター」と呼ぶ、とも
聞いたことがある。

この「FOLK AID」のチケットは、手元に届いて
からライブまでの期間が短く、また、おそらく
「どうしても行きたい人」が買っているだろう
から、あまりオークションには出てこないだろうと
私は踏んでいた。

すると、数は多くないのだが、いる、いる!!1階席を
売りに出している人が!!後方の席もあれば、
前から10列目以内、というのもあった。

で、売りに出している数日の間に、値段はあれよ
あれよと、うなぎのぼり。私が気づいたものは全て、
定価の2倍近く、10000円から12000円で落札されて
いた。きっと、買った方は、チケット争奪戦に出遅れて、
必死に探していたら、掘り出し物を発見!ということ
だったのだろう。

このチケット争奪戦を見ているうち、いつものチケット
探しでは感じたことのない、なんともいやな気持ちが
胸にわきあがってきた。

このライブはそもそも、「スマトラ沖地震の被害者
支援のチャリティー」の旗のもと、アーティストの
皆さんが熱い情熱を持ってつどっている。だから、
出演者の皆さんは、おそらくボランティアに近い形で
出られるのだろう。少なくとも、会場費や経費などを
差し引いた残りは全て、「スマトラ沖地震の被害者の
ため」に、しかるべき機関へと寄付されるのだと私は
考えている。

出演者、そしてそれを支えるスタッフさんたちも
利益を追求していないライブで、どういう事情が
あるにせよ、チケットを売りに出して、その利益を
多く得て喜んでいる人がいる、というのが、
どうしても私には納得がいかなかった。だから、
毎日釣り上がる値段を見ているうち、胸いっぱいに
不快なもやもやが広がってきてしまったのだ。

上にも書いた通り、チケットを売りに出すのには、
やむを得ない事情があるのかもしれない。でも、
出演されるアーティストの情熱が熱いまま私たち
ファンに伝わっていれば、売りに出して得た利益を、
自分ひとりで丸儲けするのではなく、やはりスマトラ沖
地震の被害者のために寄付する、と思うのでは
ないか、そう私は感じている。

チケットを売った人が、その利益をどう使おうと、
私には関わりないことだ。でも、今回は少なくとも、
どうしても、「大人の情熱」を汲み取った形で使って
ほしい。せっかくのライブに、こんな形で丸儲けして、
オイシイ思いをする人なんて出てほしくないから。

本当は、私がこんなことを書かなくても、チケットを
売りに出した人が「もう寄付した」と言ってくれるのが
ベストなのだが…

こう思うのは、私の「画餅」(がべい)、「画(え)に
描いた餅」で、しょせん理想論なのだろうか。

|

« 外へのまなざし 「ヒラメ教員」撲滅!! | トップページ | 全ての人の心に「希望」を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3128920

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱の温度:

« 外へのまなざし 「ヒラメ教員」撲滅!! | トップページ | 全ての人の心に「希望」を »