« 「AERA」最新号(Vol.016)「帰国子女知られざる悲哀」について | トップページ | リスナーを見捨てないで!! »

2005/03/20

鎌倉、と言えば…

blog050320

19日放送のテレビ東京系
出没!アド街ック天国」は、鎌倉。

幼い頃から家族で、遠足で、そして友人と、
など、今までに数え切れないほど、出かけている鎌倉。

江ノ電に喜んで乗り、大仏の大きさに驚き、
銭洗弁天でお金を洗った幼い日のこと。遠足で出かけ、
たくさん歩いた中学生時代。稲垣潤一さんの夏のライブを
見に行った時の、景色いっぱいに広がる海岸線の美しさ。
そして、史跡を見て歩く楽しみ。

その時々の、鎌倉の風情豊かな景色が鮮やかに
思い起こされる。私にとって、心が落ち着く水辺は、
お台場ではなく、横浜や鎌倉の海辺の風景。

今日の番組は「旧鎌倉」地区のみのピックアップ
だったが、見覚えある懐かしい風景が至るところで
見られ、とても楽しかった。

今日の番組では地区外のため、取り上げられ
なかったのだけれど、この頃ひいきにしている
お店がある。それはここ、稲村亭

初めてここの品物を買ったのは、鎌倉プリンスホテル
売店に入っていたから。ライブに来た時、
焼き豚を買って帰った記憶がある。親子代々、
50年間同じ味を守り抜いているのだという
文句に惹かれた。当然、合成保存料などは
入っていない。味は素朴で、でも深みがあり、
また食べたくなるものだった。好きな厚さに
切って、添付のタレをかけていただくのだが、
かけなくてもおいしさがわかる。

その後、ちょっと鎌倉に遊びに行った時、
稲村ガ崎駅で下車して、お店にも立ち寄って
みた。すると、プリンスの売店にはない品物も
いくつか並んでいる。試しに買って帰宅する。

すると、これもとてもおいしい。私の
お気に入りは、写真の「豚みそ漬」。これは
そのままでは食べられないから、お野菜と
炒める。すると、おみその味があるので、何も
味を足さなくても、大変おいしくなる。濃いと
思えば、日本酒を振りかけて薄めれば大丈夫。
ただ炒めるだけでなく、ご飯の上に乗せて
「豚みそ丼」にすることもある、これもまたおいしい。

友人・知人への気軽なお土産にすることもあるが、
皆さんとても喜んでくれる。

この頃は、若大将さんが頑張ってHPを作っていて、
オンラインショッピングなどができるようになって
いる。味に定評があるので、昨年末は三越
お歳暮カタログに載っていたのを見たし、横浜や
都内のデパートの催事場にも時々出店する。
出店のお知らせはHPでチェックできるので、とても
ありがたい。

催事場にはたいてい、娘さん(若大将の妹さん)が
来て、ひとりで頑張っている。一家での経営なので、
お家では大将と若大将がせっせと作り、おかみさんが
お店に立ち、そして娘さんが江ノ電に乗って出かけるの
だろう。こういうのもとても微笑ましいし、応援したい
動機になる。

私は、鎌倉に行く時間はなかなか取れないので、
デパートの催事日程をチェックして買うことがほとんど。
だから娘さんとしかまず会わないのだが、娘さんは
真面目で感じが良く、一生懸命やっている、という
印象をいつも受ける(他のご家族ももちろん同じ)。

この前買いに行った時は、今年初めてだったのを
覚えていてくれて、「今年もよろしくお願いします」と、
きちんと挨拶された。これには内心、「あ!!すごい」と
感動。こういったきめ細やかさは、鎌倉という歴史
ある土地で、暖簾を守り続けているという証でも
あるのだろう。そして、その暖簾を守るために、
ITも取り入れ、時代にふさわしいお店を作ろうと
努力されているのだと実感する。

デパートの催事場で娘さんと話をして、多めに
買って帰り、すぐに食べない分は冷凍保存。
そして、忙しい時などに解凍して料理するのが、
この頃の私のお店との付き合い方になっている。

この前買ってきた品物がまだ冷凍庫にあるが、
鎌倉の映像を見ていると、春の海風を感じながら、
のんびり江ノ電で買いに行きたいな、と思って
しまったひと時だった。

|

« 「AERA」最新号(Vol.016)「帰国子女知られざる悲哀」について | トップページ | リスナーを見捨てないで!! »

コメント

僕も鎌倉、好きです。
いいお店、もっと教えてくださーい。

投稿: みや | 2005/03/22 21:06

みやさん、ありがとうございます。

この日の放送で出なかった、私の
お気に入りのお店、まだありますよ。
(食べ物から文具まで)

またお話しできるのを楽しみに
しています!

投稿: つきのみどり | 2005/03/22 22:50

鎌倉といえば「俺たちの朝」高校時代に初めて言ったのが、その舞台になった極楽寺。友達と「俺たちの朝ごっこ」をしたなあ。と言っても何するわけでもなく、ドラマについて語り会っただけだけど。オッス、チュウスケ、カーコ。

投稿: イッチー | 2005/03/23 10:28

イッチーさん、「俺たちの朝」は、
その当時の若者の心を強くひきつける
パワーがあったのですね。

その印象が強かったからでしょうか、
80年代以降は、鎌倉を舞台にした
作品があまりないような気がします。

私が今思いつくのは、映画の
「稲村ジェーン」くらいです。

投稿: つきのみどり | 2005/03/23 19:09

はじめまして、横浜のrieです。
きょうは良い天気だったので茅ヶ崎から海沿いの道路を鎌倉方面にドライブしました。
稲村ヶ崎で車を止めて「七里が浜哀歌」の石碑を見て、江ノ島や逗子の海を眺めてきました。
今夜、偶然こちらをお尋ねして楽しくコラムを読ませていただきました。
次回は是非、焼き豚を買って帰ります。

今日は茅ヶ崎にある網元直営の海鮮料理屋さんでおいしい「生しらす」をいただいてきました。

投稿: rie | 2005/04/03 22:34

rieさん、お出ましありがとうございます。
今日のドライブはさぞ気持ちよかった
でしょうね!うらやましい限りです。

おいしい生しらすも、東京では
食べられなくても、湘南なら食べられ
ますよね。コメントを読んでいたら
私も食べたくなってしまいました(笑)。

焼き豚の稲村亭さんは、火・水が
お休みですので、ご注意下さいね。

投稿: つきのみどり | 2005/04/03 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3361475

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉、と言えば…:

« 「AERA」最新号(Vol.016)「帰国子女知られざる悲哀」について | トップページ | リスナーを見捨てないで!! »