« 鎌倉、と言えば… | トップページ | 実践的な教員養成 »

2005/03/21

リスナーを見捨てないで!!

ニッポン放送の株を巡る問題は、東京地裁の判断後、
双方がそれぞれの思惑に基づいた動きをしていて、
目処がつきそうもない。

そんな中でちらりと見かけたのが、「ニッポン放送や
ポニーキャニオンの社員をどんどん退職させ、フジ
サンケイグループで受け入れる。そして、会社を
空洞化する」という作戦もひそかに検討されている、と
いう

「そんなのあり?!」思わず叫んでしまった。
ライブドアが来ると不安だ、とか、リスナーへの愛が
感じられない、と、ニッポン放送の社員たちは結束し、
労組も作り、ストライキも打つ方向で動いているのだという。

放送局でストライキ?どうやってやるのだろうか。まさか
放送を半日休む?!リスナーはどうしたらいいんだろう。
堀江社長の話も聞かないうちに、ストライキをする!!と
決めてしまって良いのだろうか。

また、放送があるのに、それを投げ出してさっさと
自分たちが退職して、今までどおりの質の番組が
できなくなってしまったりしたら、そっちの方がよっぽど
「リスナーへの愛が感じられない」行動ではないの
だろうか。

こんな、株主やリスナーを軽視した話がまかり通ったら、
それこそ日本のマスコミの質そのものが問われる、
大問題になるのではないだろうか。

社長が変わったからといって、いきなりニッポン
放送を聞くのをやめるリスナーばかりなのだろうか。
私はそうではないと思う。今までどおり、それ以上に
良い質の番組ができるのなら、リスナーは聞き
続けるのではないだろうか。

それなのに、こんなことが行なわれたら、ニッポン
放送の旧社員たちは、リスナーのことを考えず、
放り出して逃げる、と指弾されても仕方ないだろう。
そんな人は他のメディアで仕事をしても、視聴者から
信頼して見てもらえなくなるのではないだろうか。

心ある社員さんたち。お願いだから、リスナーを
見捨てて逃げ出すようなことはせず、まず堀江氏と
とことん話し合って、「よりよい番組作りをするには
どうすべきなのか」お互いに良い方向性を見出して
ほしい。

憶測で動き回ること、これは、真実に基づく報道が
第一の、マスコミ人ならもっとも恥ずべき行動では
ないだろうか。どうか、大人の対応をお願いしたい。

|

« 鎌倉、と言えば… | トップページ | 実践的な教員養成 »

コメント

だから私は一貫して今のメディアに『公共性を口にする資格はない』と断じています。
彼らの云う「メディアの公共性」などと云うものは、その場その場の「場当たり」的な『ご都合主義』に根ざしていますから。
彼らは、いつも課題に対し適当な「理由付け」を探し「パッチワーク」的にハメ込んでるだけですから。
ホリエモンが入って行って、少し「ガタガタ」揉んで「落ち着くところに落ち着く」的な結果になれば。恐らくベストでしょう!
少なく見ても今よりはるかにベターと思います。
今のメディアは腐りきってますが、彼ら自身。中にいる為「分からなかったり」「見えなくなってたり」しているんでしょう。
我々の日常にだってそう云う事って幾らでも有りますもんね?早く気付いて頂きたいものです。

投稿: は~とnoエース | 2005/03/21 10:12

理解できないね、ニッポン放送の社員の行動は。少なくともビジネスマンじゃないね。お前らはどっかの財団の人間か!と言いたい。社員として糾弾すべきは買収されてしまう事態を招いた経営陣であるはず。まあ外に向かってそんなこと言えないと思うけど。公共財?なんじゃそれ?誰もそんなこと思っていない。今まで法に保護されてきたかもしれないけど、そんなものあと10年もしたら意味なくなる。だったらマスコミの果たすべき役割をとことん考えろ!スポンサーがいなかったら放送すら覚束ない立場をわきまえビジネスに徹しろ!

投稿: イッチー | 2005/03/21 13:46

全く同感です。

投稿: ndb | 2005/03/21 23:57

は~とnoエースさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

本当に、公共性のなくなっている今の
日本のマスメディアには、荒療治しか
ないのでしょうね。

投稿: つきのみどり | 2005/03/22 22:31

イッチーさん、いつもありがとう
ございます。

亀淵社長が「ライブドアが親会社に
なったら、ナイターのスポンサーが
降りる、と言っている」とコメント
していましたが、なぜ降りねば
ならないのでしょうね。スポンサーにも
正当な見解を示してほしいものです。

投稿: つきのみどり | 2005/03/22 22:36

ndbさん、はじめまして。
コメントありがとうございました!!

これからも時々読んでいただけたら
嬉しいです。

投稿: つきのみどり | 2005/03/22 22:37

はじめまして.仰るとおり通りだと思います.何とかあまり事情に詳しくない人達の同情を買おうとする,小ずるい考えが透けて見えてしまいます.ラジオ局やレコード産業がネット産業を目の仇のように考えるのは当然です.彼らは長年に亘って音楽というコンテンツを独占してきたからです.ラジオ局にはレコードやCDが沢山あります.中にはもう廃盤になっているものもある.中古で買えないこともありませんが高価です.またレコード会社からリリース前の曲も宣伝のために無料で販売促進と称してCDが大量に配られます.ところが音楽配信でこの構図は崩れます.すでにアメリカではアップルが100万曲もの品揃えで音楽配信を行なっていますし,エイベックスは浜崎あゆみの新しいアルバムを発売前に配信しています.着うたで判るとおり,もはや携帯でも簡単に音楽が手に入る時代です.ラジオ局には携帯やネットは大変なライバルで,正直勝てない,と思っているのです.

投稿: tantanmen | 2005/03/25 10:52

tantanmenさん、はじめまして。
既にラジオ局の広告収入より、
ネットの広告収入の方が上回って
いるのだそうですよね。
その意味をラジオ業界はもっと
真剣に考えるべき時に来ていると
思います。

ラジオとは少しずれますが、今は
ダウンロード主流になりつつあり、
CDが売れないため、アーティストは
ライブを中心に活動しなければならなく
なってきている、という話も
聞きました。実力と人気のある
人だけがこれからは残る時代に
なるのでしょうね。

投稿: つきのみどり | 2005/03/25 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3375180

この記事へのトラックバック一覧です: リスナーを見捨てないで!!:

» フジ系列27社は「公共の電波」を自ら自覚すべきだ [阿川大樹的小宇宙]
 系列27社は報道機関である。  それぞれ自ら直接ライブドアに取材して、その意図 [続きを読む]

受信: 2005/03/22 05:33

« 鎌倉、と言えば… | トップページ | 実践的な教員養成 »