« 現代女性の自衛策 | トップページ | 佐世保バーガー »

2005/03/29

新しい「ドラえもん」

この数ヶ月、アニメ「ドラえもん」の声優交代が
巷で話題になっている。

このニュースを初めて聞いた時、私にも少なからず
ショックがあった。私の小学校低学年の時、漫画
だけではなく、TVで「ドラえもん」のアニメ放送が
始まり、子どもたちは明けても暮れても「ドラえもん」で
大騒ぎ。「ドラえもん」なら安心して見せられる、と
いうことで、大人たちが好感を持って受け入れて
いたのも拍車をかけたのだろう。日本中が
「ドラえもん」に満ち満ちていた気がする。

その「満ち満ちていた」象徴のように、私が通って
いた小学校でも、児童会主催「ドラえもん絵描き
コンテスト」が開催されることになった。当時、
「ドラえもんの絵かき歌」というのがあり、(今も
あるのだろうか?)その歌に合わせてドラえもんを
描くのも流行していた。そこで、学校でもコンテストを
しよう、となったのだろう。各クラスから1名代表者を
出し、学校での最優秀者1名、そして、学年ごとの
優秀者を出すという。

わがクラスからは誰が出るか、という話し合いに
なった時、女子の中から「つきのさんがいいと思い
ます!!」と、私を指名する声があがった。絵の才能が
あるとは思えない私なので、20年経った今でも、
なぜクラスメイトが推薦してくれたのかさっぱり
わからない。ただ、ドラえもんが好きで、時々描いて
いたのを思い出してくれた子がいたのかもしれない。

すると、今度は男子から、「○○くんがいいと思い
ます!!」との声もあがる。担任の先生は、「それじゃぁ、
二人に、黒板にドラえもんの絵を描いてもらって
決めよう」と言われた。

そこで、二人で前に出て、背中にみんなの視線を
受けながら描き始めた。
(えーっ!!紙に書くのとは全然違う。立って、黒板に
絵を書くのってむずかしいんだなぁ…)
描き終わって、黒板を眺める。自分では、決して
良い出来とは思えない。

学級委員長が告げた。
「○○くんとつきのさんのどちらが良いと思いますか。
1人1回、手を挙げて下さい。まず、○○くん」
手が挙がる。結構多い。私もドキドキ。
「18名います。では、つきのさん」
(キャー、どうなるんだろう…あ、結構挙げてくれてる、
嬉しいな)

「19名です。」
(えっ、私のほうが多い?!)
「でも、1票しか違いません。先生、どうしたらいいですか」
皆、教室の端で見ていらした先生に注目。

先生はひとこと。
「僕は○○くんの方がうまいと思う」
これで同数。「もう1回描いてもらって、決選投票をしなさい」

今度は1回目よりも気合を入れて、描く。
(うん、さっきよりは、うまくできたかな)

「では、さっきと同じように、1人1回手を挙げて下さい。
まず、○○くん」
(あ、さっきより少ないかも…)
「次に、つきのさん」
(あれ、さっきより増えてる!嬉しい!)

今度は数票差がついた。学級委員長が、副委員長と
「先生に聞くか」ごそごそ相談している。すると、
クラスの中から「先生の票が入っても、○○くんは
勝てないよ。だから、つきのさんで決まりだよ」
との声。

というわけで、パチパチパチ。拍手の中、私は
お辞儀。晴れてクラスの代表になった。
それから大会当日までは、私が明けても暮れても、
いつでもどこでも「ドラえもん」。休み時間も遊んで
いる友達を尻目に、ひとりで自由帳にドラえもんの
練習。家に帰ってからも、テレビを見ながら
ドラえもんの練習。ドラえもんの絵を一体何枚
描いたのだろう。

この練習の成果か、当日は、校庭で上級生の持つ
画板の上の画用紙にドラえもんを描いたのだが、
なんと学年で1番になった。クラスのみんなに、
口々に「良かったね!」、「頑張ったね!」と言われ、
また、私も大役を果たした気持ちになり、とても
嬉しく、また、大いに誇らしかった。

今度ドラえもんの声優に選ばれた方々は、14歳の
新中3生(!!)をのぞき、4名は私とほぼ同世代。
だから、ドラえもんを小さい頃から見て育ってきた
人たち、ということになる。

ドラえもんを見つめる時は、子どもだけでなく、
大人も、子どもの時感じた夢や希望、科学への
憧れ、そして、科学が正しく使われる平和な
世界への祈り…多くの気持ちを抱いている
はずだ。ドラえもんに携わってきた方々に、
今まで不始末や不祥事がなかったのは、
こういったことをきちんと理解していらした
からに他ならないのだろう。

ドラえもんのポケットには、さまざまな夢や
期待が詰まっている。新しい「ドラえもん」の
作り手の皆さんたち、どうか、子どもの時の
気持ちや、多くの大人の期待をずっと忘れず、
真摯に取り組んでいってほしい。そんなエールを
こめてこの文章を捧げたい。

|

« 現代女性の自衛策 | トップページ | 佐世保バーガー »

コメント

TBとコメントありがとうございました。
まだ5人の声をちゃんと聞いていないので
楽しみに待ちたいです。

投稿: flog | 2005/04/01 00:50

flogさん、ありがとうございます。
先日テレビ朝日のニュースで、最終
オーディションの日の様子を放送して
いました。少しだけ、5人の声が
どういうキャラクターになるか
様子がのぞけたのですが、とても
良かった、と私は思いましたよ。

投稿: つきのみどり | 2005/04/01 15:45

こんにちは。
つきのみどりさんは声が聞けたんですね。
とても良かったということなので、
期待して4月15日を待ちたいと思います。

投稿: flog | 2005/04/03 12:59

flogさん、またのお出まし
ありがとうございます。

選考基準が「5人で話した時の
バランス、雰囲気」を重んじている
ように受け取れました。

最終オーディションの様子を
見ていたら、それぞれが個人で
記者会見で話している時よりも、
生き生きして聞こえたのですよ。

投稿: つきのみどり | 2005/04/03 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3489854

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい「ドラえもん」:

» ドラえもん新声優発表 [人見知りの日常]
■21世紀の『ドラえ [続きを読む]

受信: 2005/04/01 00:46

« 現代女性の自衛策 | トップページ | 佐世保バーガー »