« 永遠のギター少年 伊勢正三さん | トップページ | web連載「つきのみどりの教育カフェテリア」スタート!! »

2005/04/09

フォークの魂 雑誌「Kamzine」

blog0050409


雑誌「Kamzine」(カムジン)の今月号は、
「フォーク大特集」。

産経新聞社から出ているこの雑誌は、今月で
5号目。サンケイ、といっても、教科書問題
などの話題が前面に出ているわけではない。
40代~団塊の世代に向けてのメッセージが中心。私は
第2号を、稲垣潤一さんのインタビューを見たくて買った
ことがあるので、今回は2回目の購入。

表紙は元タカラジェンヌの姿月あさとさんなので、「え、
これだっけ?」と間違えそうになるが、黄色い字で大きく
「フォーク大特集」とあるので、安心して手に取り、レジに
向かう。

小室等・武田鉄矢両氏のインタビュー、田川律・富澤一誠
両氏のフォーク史を紐解く解説。カラー写真が多いので、
当時のことをリアルタイムで知らない世代の私にとっても、
当時の映像があざやかに頭に思い描けるようで嬉しい。
「フォーク世代」の方々にとっては、なおのこと嬉しいの
だろう。

小室さんの語る「フォーク・ヒーロー、ヒロインの素顔」、短い
コメントながらもとても興味深い。「FOLK AID」で、あの
「教訓Ⅰ」を生で聞かせてくれた加川良さんや、「猫」の
常富さんが影響を受けた「ジャックス」のことも書かれている。
「ジャックス」など、私は常富さんのblogを読んでいなければ
恐らく読み飛ばしていたかもしれない。ここで小室さんが
取り上げたのは、恐らく、日本の音楽界に大きな衝撃を
与えた方々ばかりで、当時の頃の話を知る小室さんの
お話は、貴重なものだろう。

武田さんの「フォーク」観も、武田節全開で、なるほど、と
説得力あるもの。これを読んでまた彼の歌を聞くと、
非常に心動かされるものがある。

この号には、昭和49年(1974)の特集記事もある。
カーペンターズの来日、レコード大賞は森進一さんの
「襟裳岬」(曲:吉田拓郎氏)などのできごとのあった年。
この年のオリコンチャート上位30位も載っているが、
その中に、りりィの「私は泣いています」(12位)、
グレープの「精霊流し」(13位)、山本コータローと
ウィークエンドの「岬めぐり」(17位)が入っている。

ちなみにこの年の2位は、小坂明子さん「あなた」で、
なんと165万枚の売り上げ。若者文化が市民権を
得つつあったというのが、数字の面でも現れている。

当時の大人たちがいきなり若者文化を認めたとは
思えない。苦労して手に入れた楽器と共に、
自分の言葉で語りだした多くの若者によって、
時代は少しずつ動いていったのだろう。そう
いう意味で、この時期に悪戦苦闘していた方々に、
大いに敬意を払いたい。

自分で作るアーティストが当たり前になった、今の
日本のミュージックシーンは、この時代なくして語る
ことはできない。そして、今や武田鉄矢氏は「金八先生」と
してあがめられ、山本コータロー氏は大学教授。
この世代の持った魂は、今の日本にしっかりと根を
生やしている。

フォーク世代の魂を、webや雑誌で振り返ることが
できる、というのは実はとても幸せなこと。彼らの
持っていたパワーに負けないよう、私も、「団塊
ジュニア」の一員として、新たな世界観を示せるように
パワフルに生きていきたい。

|

« 永遠のギター少年 伊勢正三さん | トップページ | web連載「つきのみどりの教育カフェテリア」スタート!! »

コメント

昨日巣鴨の駅前の本屋でカムジン購入しました。やっぱり小室さんのインタビューそれもかなりのページを。 その中に小さく六文銭の写真が。 時代を感じさせますがおけいさん、小室さんいい年取っているね。決して年寄りになった訳じゃなくて。恒平さんはかえって若くなったかも。 いいすぎかな。 関西フォークも好きなので春一番、宵々山は行ってます。ことしも。 ところで春一番はラストです。そして高田渡さんの追悼コンサートに。 悲しいけどね。見届けてきます。 それではまた。失礼します。

投稿: 浜ちゃん | 2005/04/18 23:05

浜ちゃんさん、書き込みありがとうございます。
皆さんそれぞれ素敵なお年の重ね方を
していますよね。

関西フォークまでは、私はなかなか足を
運べないので、またお話をぜひ聞かせて
下さい。

佐野史郎さんの日記で、高田さんの告別式の
話題が出ていました。(別のサイトで教えて
いただきました)
http://www.kisseido.co.jp/zakki/zakki0504.html

また、18日「朝日」夕刊には、早川義夫氏の
追悼文が出ていました。名文でした。

投稿: つきのみどり | 2005/04/18 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3630300

この記事へのトラックバック一覧です: フォークの魂 雑誌「Kamzine」:

« 永遠のギター少年 伊勢正三さん | トップページ | web連載「つきのみどりの教育カフェテリア」スタート!! »