« おススメするにはワケがある 2 | トップページ | フォークの魂 雑誌「Kamzine」 »

2005/04/08

永遠のギター少年 伊勢正三さん

伊勢正三さんの”garden”ライブツアーのファイナルに出かけた。

場所は東京国際フォーラムホールC。伊勢さんだけではなく、
ストリングスとセンチメンタルシティロマンスの登場もあると
いう。

私にとってセンチメンタルシティロマンス、といえば、竹内まりや
さんのデビュー間もない頃のバックバンドだった、という話が
すぐ浮かぶ。まりやさんが年に2回、夏休みとクリスマスに
出てくる、夫ぎみ・山下達郎さんの「サンデーソングブック」で、
その頃の話をしていることがある。ただ、当時私はまだ
小学生。まりやさんが歌っていたのは覚えていても、
バックまではさすがに覚えていない。

会場に着いて、入場の列に並んだ時、最初に感じたのが、
「あれ、男性が多い」ということ。私の行くライブは稲垣潤一さん、
中西保志さん…たいてい、女性の方が多く、男性が多い、と
いうのはあまりない。そして、「前にもこんな
ライブに行ったことがある気がする」と思うのだが、いったい
誰だったかすぐには思い出せないまま、ホールへの
エスカレーターを上がっていく。

席に座ってみると、私の周囲はやはりほとんど男性。
ひとりで来ている方が多い。なぜなのだろう、と思っている
うち、開演のお知らせのアナウンスが流れる。

伊勢さんの右斜め後ろには、伊藤佳奈子さんがリーダーの
「ストリングスカルテット カナ」の面々。1人は男性、3人が女性。
左斜め後ろに、キーボードその他の細井豊氏(センチの
メンバー)。昔の歌、今の歌、取り混ぜてライブが進んで
いく。のっけから伊勢さんのギターテクニックの素晴らしさに
圧倒される。ただうまい、というだけではなく、「心」のある
音色。そして、MCの時、客席から「正やん!」と響く、
野太い声。全てが私にとって新鮮で、素晴らしい感動を
与えてくれる。

伊勢さんの歌と演奏を聞くのは、ちょうど1ヶ月前の「FOLK
AID」以来2度目。こんなにたくさん聞くのは初めてだが、
じっくり聞いていると、女性に対して切々と歌いかけるように
聞こえ、言いようもなく胸がしめつけられる。彼の歌は
こんなに切ないものだったのか、としみじみ思う。

ストリングスは退場し、センチメンタルシティロマンス
メンバーが入れ替わりで登場し、メンバーだけでの演奏。
どこかで聞いたようなメロディーラインだと思う。メンバー
紹介の時、その謎の紐がするするとほどけていく。野口
明彦氏(DR)は、結成初期のシュガーベイブにいた、と
いうではないか!私の中で、「シュガーベイブ(山下達郎)-
センチメンタルシティロマンス-竹内まりや」という紐が、
見事に一本につながる。こういうことだったのか、と、
改めて日本の音楽を支えてきたセンチの皆さんに感服。
その後、伊勢さんとのジョイントもあるが、伊勢さんの
嬉しそうに飛び回る姿がとてもイイ。

アンコールでは、「伊勢さん+ストリングス+センチメンタル
シティロマンス」での「なごり雪」もあった。こんなに贅沢な
メンバーでの、切なさに満ちたこの曲を聞いていると、
何とも言いようのない感動が体いっぱいに満ちてくる。

ライブ終盤で、思い出した。この男性観客の多い光景は、
角松敏生さんの時のよう!角松さんの20周年
ライブを以前見たのだが、あの時も、彼のギターテクニックに
魅了される男性の熱気で会場が満ち満ちていた。
今日も同じ。永遠のギター少年、伊勢さんを羨望の
まなざしで見つめる元「ギター小僧」たちが会場に
いっぱいだったのだ。

ライブの最後、伊勢さんが弾いていたギターを「よしよし」
するように、ぎゅっと抱き締めたのを見た時、優しさや
ギターへの思いが全て伝わってきた。こんなに切ない歌、
素晴らしいサウンドを聞かせてくれるライブに、この年で
初めて出会えるとは思わなかった。今日の素晴らしい
ひと時に感謝を捧げ、生きていることの喜びを感じつつ、
また始まる職場での一年を頑張りたい。

|

« おススメするにはワケがある 2 | トップページ | フォークの魂 雑誌「Kamzine」 »

コメント

センチメンタル・シティ・ロマンス!僕の敬愛するイギリス人ロック・アーティストDAVE MASONの来日公演の前座だった。DAVEはアメリカを意識し始めた頃から、アメリカ西海海岸がよく似合う、実に爽やかなサウンドとギターが売り。その前座のバンド名がセンチタル・シティ・ロマンスと聞いて思わず苦笑した思い出があります。10年以上昔の話。

投稿: イッチー | 2005/04/08 10:23

友人キャサリンも行っていたのでそちらからの話も聞きました(^^)。
エンタテインメントな正やんがかっこよかったそうですね。
私はかぐや姫後のPOPな正やんの「moonlight」という歌がとても好きでした。
なので今回のアルバムにはちょっと興味が沸いています。

北海道でもコンサートやってくれないかしら…。

投稿: SHIMA | 2005/04/08 15:12

イッチーさん、こんにちは。
10年以上前の前座の話、
貴重なのでは?公式サイトにも
ないですもの。
ありがとうございました。

投稿: つきのみどり | 2005/04/08 22:34

SHIMAさん、こんにちは。
実は100個目のコメントだったのですよ!
SHIMAさん初め、今までの全てのコメントを
書いて下さった皆さまに、お礼申し上げます。
m(__)m
そう、正やんとっても格好良かったです。(^o^)

ところで、さっきオフィシャルサイトを見たら、
4/22に滝川市でライブがある、と
書いてありました。(私のblogからも、
伊勢さんのお名前のところからリンクしています)

おいでになれると良いですね。

投稿: つきのみどり | 2005/04/08 22:40

100コメント目とは嬉しいです(^^)。
つきのさんのBlogも盛況ですね。おめでとうございます!

滝川市…遠いです。。。
運転免許のない私はコンサート後帰れなくなってしまうんです(悲)。
札幌でコンサートがありますようにと祈ることにします。

投稿: SHIMA | 2005/04/09 12:10

SHIMAさん、ありがとうございます。
滝川市にまでコンサートに行ったら、
帰れなくなってしまうんですね。(T_T)
きっと、帰りの電車がないのですね。

また札幌でありますように、私も
お祈りしています。

投稿: つきのみどり | 2005/04/09 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3608637

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のギター少年 伊勢正三さん:

» 伊勢正三コンサート <2005.4.6> [猫が目を覚ました by 常富喜雄]
                       2005.4.6"garden final" with strings 東京国際フォーラムC伊勢正三の"garden final" は実にいいコンサートだった。 僕が言うのは当たり前という事なんだろうけど,やはりちょっと違う。  昨年の夏からのツアーの流れを締めくくるものだけど   正やんからのとても大きな発信がそこにあった。7年ぶりのアルバム"garden"の一つ一つの曲への思い入れと, 共に音楽をするとても大事な人達との共同作業... [続きを読む]

受信: 2005/04/09 01:35

» ギター少年,伊勢正三 <2005.4.8> [猫が目を覚ました by 常富喜雄]
                       2005.4.8 ギターという楽器は不思議だ。 どこまでも人を,とりわけ男を虜にしてしまう怖さを持っている。  僕もとても好きなのだが世の中には自分を愛するよりも   もっと大事に思っている人も多い。    これだけギターショップが多い国... [続きを読む]

受信: 2005/04/09 09:13

« おススメするにはワケがある 2 | トップページ | フォークの魂 雑誌「Kamzine」 »