« 「学び」のススメ | トップページ | テレビというメディア -梅干とTULIP- »

2005/04/03

由紀さおり・安田祥子さん 姉妹の絆

blog050403

母と、由紀さおり・安田祥子さん姉妹の
コンサートに出かけた。

この方たちのコンサートを見るのは、私に
とっては2回目で、前回は5年前。その時も
母と来ている。客席を見渡すと、年配の
ご夫婦(とおぼしき方たち)、女性の友人
グループ、私たちのような母娘ペア、そして、小学校低学年
くらいの女の子の手を引いたお母さん。

おふたりの童謡コンサートもなんと今年で19年(素晴らしい!!)、
今年の11月には20年目に突入するのだという。今年のテーマは
「名画座・にっぽん」ということで、前半は映画から生まれた
ヒット曲、映画になったヒット曲を中心に、休憩後の後半は
童謡を中心に構成されている。バックはいつもの通り、グランド
ピアノ1台のみ。

でも、ピアノ1台あれば充分な、おふたりの素晴らしい歌唱力で、
今回も歌を存分に楽しむ。今回は、ステージに歌う曲にちなんだ
映画の映像が出てくるので、数倍楽しめる。ふと見ると、周囲
には、涙を流しつつ歌を聞いている方もいる。

「あれっ!」私にとって思いがけなかったのは「神田川」。映画
あったことを知らなかった私は、二度びっくり。主演は草刈正雄
さんと関根(現・高橋)恵子さん。学生運動の写真も映し出され、
改めて当時の世相や若者のエネルギーに思いを馳せる。
由紀さんのソロ曲だったのだが、彼女の切々とした「冷たいね」、
「悲しいかい」の言葉に、ぐらっと心を揺さぶられる。

後半は童謡中心の構成。もちろん、このお二人にしか歌いこなせ
ない「トルコ行進曲」もあり、さすが!とただただ感服するばかり。

コンサートの後半のMCで、姉の安田さんが、「どうやったら
こういった素晴らしい歌を、子どもたちに伝えて行ける
でしょうか」という意味の話をされた場面があった。
ちょうどその時私も同じことを考えていたので、ドキッ!と、
椅子から飛び上がりそうになる。

私の小学・中学・高校生時代を思い起こすと、学校では、
昔からある童謡や唱歌なども歌いつつ、新しい時代の
名曲も歌い始めていた。「早春賦」や「花」(作曲:滝廉太郎)、
「浜辺の歌」などを歌う一方で、中学の合唱コンクールでは、
「翼をください」や「怪獣のバラード」(NHK「ステージ101」から
生まれた曲)を歌っていた。

「翼をください」などの、新しい名曲も素晴らしいが、「花」、
「浜辺の歌」なども、音楽の先生に詞の意味を教えて
もらうと、「なんだ、私たちとおんなじ気持ち」と思って
歌えたものだった。曲の奥深さは大人になってから
気づいた部分も多いのだが、それでも、少女時代に
曲に巡りあっていなければ、大人になってしみじみと聞く、
ということもなかっただろう。

由紀・安田姉妹も、今年は中学校で歌う試みもあるようだ。
一流の歌い手による名曲を学校で聞けるなんて、なんと
幸せなことなのだろう。一教員の立場で言えば、保護者や
地域のお年寄りなど、できる限りの方に来ていただいて、
多くの人と感動をわかちあってもらえたら、と思う。子ども
だけで感動をわかちあうより、大人たちの様子に心
動かされ、生徒たちにとってもはるかに良い相乗効果を
もたらすのではないだろうか。

ところで、いつも感心するのが、姉妹ならではの絆の強さ。
お若い頃はきっと、お互いに対するライバル心や
コンプレックスなどもお持ちだったのだろうが、時を経て、
もっとも信頼しあえる相手として、共に歌っているのが実に
素晴らしく、また、姉妹のいない身としては、ちょっぴり
うらやましくもある。

実は、私の母には姉妹がいるのだが、その姉妹の絆は、
私と母との絆ともまた違う。母たちの姉妹の絆には、
たとえ私でも土足で踏み込むことはできない、と、はたで
見ていてしばしば感じる。

コンサートのMCも、おふたりの絆と個性を生かし、正統派の
姉・安田さんと、TVで培ったコメディエンヌを発揮する妹・由紀
さん。お互いの良さが引き立つ形になっている。これがある
からこそ、あの素晴らしいハーモニーが生まれ、私たちに歌が
届けられるのだろう。

一人っ子が多い今の子は、そういった絆を感じないのかと
思うと、授業で、きょうだいの確執や絆を主軸にすえた
小説を扱っても、なかなか理解してもらえないのかも
しれない、と感じる。でも、おふたりのこの素晴らしい
ハーモニーがあれば、理解してもらえるのではないだろうか。
そんなことを感じた今日の「至福のひと時」だった。

|

« 「学び」のススメ | トップページ | テレビというメディア -梅干とTULIP- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3540005

この記事へのトラックバック一覧です: 由紀さおり・安田祥子さん 姉妹の絆:

« 「学び」のススメ | トップページ | テレビというメディア -梅干とTULIP- »