« 私の原点 「ザ・リガニーズ」&「猫」 | トップページ | 咲き誇る青春 Lilac »

2005/04/21

願いは叶うもの よしだ屋珈琲店ライブ

blog050421

20日、乃木坂・よしだ屋珈琲店での
ウクレレ倶楽部」のライブに行った。

ウクレレの松宮幹彦・ギターの大田和彦
両氏の「ウクレレ倶楽部」は、このお店で毎月ライブを
されているのだそう。今回は、及川恒平さんがゲストという
ことで、冷たい春雨の中、乃木坂へと出向くことになった。

お店は20人も座ればいっぱいになるほどのかわいらしさ。
ドアを開け、一歩中へ足を踏み入れると、そこは「古き良き
喫茶店」というイメージそのもののお店。いくつも並んだ2人
掛けの小さな木のテーブル、ぬくもりある木の床…。初めて
なのに「お帰り」と言っているかのような空間。ライブ代と
コーヒー、ケーキ代を払って席に着く。

既にいらしていた及川さんファン、そして次々やって来る、
お店の常連さんとおぼしき方。私はお店の奥まった席に
案内されたので、全てを見渡すことができる。間もなく
本日の主役たちもご登場。そして、店内はあっという間に
満席になった。

ライブの前に、コーヒーとシフォンケーキをいただく。
ブレンドは苦味があまりなく、でも深みのある味。
シフォンケーキはきめがとても細かく、ふんわりとした
口当たり。この東京都心のケーキの値段の相場を思うと、
300円という値段はにわかには信じがたい。

ライブはウクレレ倶楽部のおふたりの演奏でスタート。
アンプもマイクも一切ないのに、おふたりの演奏技術の
素晴らしさで、奥深いウクレレと、ガットギターの音に
酔いしれる。

「星に願いを」になった時、私の胸には熱いものがこみ
あげてきた。こうして、念願のよしだ珈琲店に来て、
マスターの吉田彰さんに入れていただいた
コーヒーを飲み、そして、同じ空間でライブを聞いている。
かつて、闇の中で見えない星を探し、祈り続けていた私
には、これ以上嬉しいことがあるだろうか。

ライブは、途中、スペシャルゲストの及川さんも登場。先週
聞いたばかりの「丸い春」も、また顔を変え、軽やかな音で
私に迫ってくる。

あっという間に2時間が過ぎ、ライブは和やかに終了。その
ままあちこちで歓談の輪が広がる。及川さんと、見に
いらしていたおけいさんを囲んで私たちも熱く、でも穏やかに
語り合っていく。

話の中心だったのが「日本の古典文学作品」。私自身も
日ごろ考えていることだが、改めて自分の勉強不足を
実感し、ひたすら反省。

私がこのblogを始めた動機のひとつに、「もっと古典作品の
奥深さ、現代人にもわかってもらえる点を私なりに伝え
たい」というものがあった。想像力の不足している現代っ子
に対し、すぐに漫画などに頼って教える教員もいる。それを
全否定するつもりはないが、言葉を選び、尽くしていけば、
うまく伝えられるのではないかといつも私は考えている。

また、古典研究者のはしっくれとして、研究者たちの議論と、
それが一般の方にあまり伝わっていないことも、この数年
特に危機的に私は捉えてきた。実学重視の時代でもあり、
大学の文学部は今、再編の嵐の中にある。そういう中で、
旧態依然の研究スタイルを続けることは、本当に社会に
寄与するのだろうか。そんなことを日々考えることが多く
なった。

研究はもちろん重要。情熱を持ち、こつこつと地道に成果を
挙げている方々は実に立派で、素晴らしいと思う。でも、
私にできることは他にもあるかもしれない。そのひとつの
手段として、blogで古典の良さを伝えることはできない
だろうか、と思い至ったのだ。

第一弾として、1/9に「いにしえの女たち その一 建礼門院
右京大夫」(文化・芸術カテゴリーに格納)で、今の自分
なりに、古典への思いを書いてみた。もっともっと書いて
みたいことはあるけれども、目の前の仕事、そして、
自分の力のなさや、このところのライブ続きで、書く
話が山のようにある毎日。だから、古典に手が回って
いないのが改めて悔しくなった。

よしだ屋珈琲店に来る、という「叶った」願いと、
古典の良さを伝える、というこれから「叶えたい」願いが、
私の胸に広がっていた。叶った願いには感謝を捧げ、
そして、叶えたい願いに改めて向き合おう、
そんな気持ちを抱いた夜だった。

|

« 私の原点 「ザ・リガニーズ」&「猫」 | トップページ | 咲き誇る青春 Lilac »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3800808

この記事へのトラックバック一覧です: 願いは叶うもの よしだ屋珈琲店ライブ:

« 私の原点 「ザ・リガニーズ」&「猫」 | トップページ | 咲き誇る青春 Lilac »