« Positive-Minded People | トップページ | 教員として伝えたいこと »

2005/05/05

洗剤のお気に入りブランド、ありますか

PMP(Positive-Minded People)のメンバーに、大手
家庭用品メーカーに勤務する方がいる。

私はその方の勤め先の品物を、長年愛用している。
正確に言えば、子どもの頃から実家の母がその会社の
ものを愛用してきたので、私も引き続いて使っている。
浮気して他のメーカーのものを使ったこともあるが、
仕上がりが違うし、我が家では他のメーカーの洗剤を
使う、ということは考えられない。

その方にはじめて会った時、この話をしたら、とても喜んで
下さった後、思いがけない話を私にしてくれた。

「最近は、ドラッグストアやホームセンターで安売りして
いるからたまたま買った、という人が増えているんです
よ。だから、売り手としても何をメインにして売り出せば
良いのかつかみにくくて…」

安売りしているからたまたま買う、というのであれば、
極論を言えば「洗濯用洗剤だったらなんでもいい」、
「ウールが洗えるのならどれでもいい」ということに
なる。

(私も、指名買いのものがあるとは言っても、お金に
糸目をつけずに買うのではなく、セールしている時に
買うなどの工夫はしっかりやっている)

今は、各メーカーで技術を競い合って、真っ白くなる
もの、部屋干ししても匂わないもの、ふんわり洗い
上げるもの、柔軟剤が配合されているもの、実に
多くの品物が売られている。

私の選ぶポイントは、我が家では色柄物のシャツを
毎日のように洗うので、「蛍光増白剤の配合されて
いない」洗剤。普通に売られている洗剤には大体
入っているので、選ぶものは限られてくる。柔軟剤
なども「タオルなどの洗濯」、「シャツなどの洗濯」
など、着る物によって分けて使っている。こうすると、
仕上がりが断然違うので、後のお手入れも楽で
嬉しい。

でも、安売りしているものなら何でもいい、という
人は、中身もろくに見ずに買うのだろうか。蛍光
増白剤の入った洗剤で、きれいな色のシャツを
洗って、色あせさせてしまっても平気なのだろうか。

それだけではなく、「洗剤に何が配合されて
いようがなんでもいい」、(環境汚染防止に配慮
していようがいまいが関係ない)、ということでも
あるのだろうか。どんなにメーカーが努力して
「最新の技術で環境汚染に配慮しています」と
言っても、無駄だ、ということ。これではメーカーの
研究員さんの努力も水の泡。なんだか気の毒で
ならない。

「洗剤をどんな理由で選んでいますか。」
私が小学校の教員なら、それこそ総合の時間に
こういう題で子どもたちに調べものをさせ、洗剤の
泡の向こうに透けて見える家庭の様子を探るん
だけどなぁ。家庭科や理科の教員に「洗剤の話、
関心ありますか」なんて聞いてみようかなぁ。

|

« Positive-Minded People | トップページ | 教員として伝えたいこと »

コメント

洗剤。うちはここ数年ニュー○ーズを使っています。
洗濯石鹸を使っていたこともあるけど、今はこれに落ち着きました。
理由はやはり蛍光増白剤が配合されてないということです。
漂白成分は入っているけど。<柔軟剤は別に併用しています。
白くしたいものをまとめて洗いたい時や染みになりそうなものを
できるだけ落としたい時は○リエール・ジェルにしています。<そこに原液を直接つけることも。
でもボー○ドのCMを見たときはちょっと心が動きました(笑)。

投稿: SHIMA | 2005/05/07 14:53

SHIMAさん、ありがとうございます。
洗濯石鹸を使ったこと、私も
ありますが、汚れが落ちないので
結局あきらめました。

我が家では理由あってすすぎを
通常の洗濯より多くしているので、
柔軟剤が入っていてもあんまり
意味がなかったりします。

ボー○ド、CMも手伝って人気のよう
ですね。私の知人も「あれは売れて
いて」と言っていました。今は主婦が
忙しいから、手早くきれいになって、
しかも、仕上がりが美しいものが
売れるのでしょうかね。

投稿: つきのみどり | 2005/05/07 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/3994288

この記事へのトラックバック一覧です: 洗剤のお気に入りブランド、ありますか:

« Positive-Minded People | トップページ | 教員として伝えたいこと »