« 新しい才能との出会い 川島佑介さん | トップページ | 海を越えた「猫・文銭」 札幌その2 »

2005/06/19

魔法の空間「あんだれ」 札幌その1

blog050619

18日午後のフライトで、北の大地にやって来た。

北海道に来るのは、数年ぶり。私は、友人と
スキーで来た以来なので、初夏の北海道を
まだ知らない。

飛行機の出発前、いつも以上に点検が念入りに
行われ(先日タイヤが外れた会社なので
当然だろう)、定刻よりやや遅れての出発。でも、事故で
ケガをするより、この方がはるかにましなのは言うまでも
ない。みな静かに待っている。

ふと斜め前を見ると、本格派アフロヘアの男性と、
連れの人。どう見ても一般人ではない気がするけれど、
すぐには思い出せない。10分遅れで飛行機は離陸した。

梅雨空の東京を出ると、あっという間に青空が私たちを
出迎えてくれる。久しぶりに見る、美しい青空。心まで
スカッと晴れ晴れするよう。

空港着陸目前、視界に入ってきた地上の風景に、思わず
息を呑む。どこまでも続く果てしない大地、緑濃く美しい畑、
そして草原。北海道の自然の雄大さ、美しさ、というのは
語りつくされていることだけれど、こんなにも人の心を
捉えるものだったのだろうか。この大地からおいしいものが
たくさん生み出されている。そのことに感謝しなくては、と
いう思いがこみ上げる。

同時に、私の脳裏には、中島みゆきさん松山千春さん
そして及川恒平さんが浮かぶ。こんなに広い大地の元で
育った人の歌は、自然への敬意と誇り、そして大地のように
豊かな内容を持っている。この大地の持つ、数々の
素晴らしさに改めて感動。

飛行機を降りて気づく。そう、さっきのおふたりは
スキマスイッチ!ライブかなにか
だろうか?
(※実は、T-FMの公開生放送のために来ていた
らしい)。

また、空港では、車椅子マラソンのアスリートさんたちも
見かける。19日に大会があるのだそうだ。車椅子マラソンの
車椅子は特別製で、「あんなに細くて華奢なのか」と目を
見張る。スキマスイッチも、車椅子のアスリートも、「みんな
みんな、がんばって」と心の中でエールを送る。

ホテルにいったん入ってから、今日の第一目的、おけい
(四角佳子)さん、及川恒平さん、そして常富喜雄さんの
ライブが行われる居酒屋、「あんただ~れ」(通称:あんだれ)
へと向かう。

お店は30人も入ればいっぱいの、小ぢんまりした空間。
ステージも3人並ぶのが精一杯。ここで、先月に続き
「おけいさんfeature」ライブを楽しむ。

まず及川さんが登場。地元の名ギタリストさんを迎えての
共演もあり、とても及川さんは楽しそう。いつもよりもノッて
いる、私がはじめてみる及川さん。

そして、常富さんはおひとりで「猫」の歌を演奏して下さる。
ひとり「猫」で聞く「雪」、「地下鉄に乗って」も、貴重なもの。

最後に今日の真打、おけいさんご登場。見ていてとても
驚いた。先月よりも、明らかにギターがご上達している!

きっと、毎日のようにギターをしっかり練習していらっしゃるん
だろう。私も仕事柄、子どもたちの日々の心身の成長に
目をみはることがよくあるが、大人でも真剣に努力すれば、
こうやって成長できるんだ!と、大いに感動。

そして、歌声もとても伸びやかに出ている。これも練習の
成果なのだろう。でも、それだけではない気もする。

お3方が肩寄せ、ハーモニーを聞かせる姿は、気心知れた
仲間の前で歌う、フォークソングの原点の姿のよう。暖かく
迎えてくれる仲間、そして空間。この空間を作り出している
のは、知る人ぞ知るオーナー「中ちゃん」さんのお力に
他ならない。

中ちゃんさんのことは、お店のサイトに詳しく出ているので
ご覧いただきたいのだが、初めての私たちにも、あたたかく
細やかに接して下さり、ひそかに私は嬉しかった。ライブ前、
ライブ中、そしてライブ後。場面に応じた気遣いがとても
ありがたい。まるで初めて行った気がしない。

こんなあたたかさがあるから、おけいさんものびのび歌い、
そして、他のおふたりもゆったりと演奏できるんだろう。
そう、だから、「あんだれ」は、訪れる人全てにとっての
「魔法の空間」。こんな素敵なお店を知ることができた人は、
きっとその魔法からもう解かれることはないのだろう。

音楽好きのあなた。札幌に行った際は、ぜひ「あんだれ」で、
一生解けることのない魔法にかかってきていただきたい。

|

« 新しい才能との出会い 川島佑介さん | トップページ | 海を越えた「猫・文銭」 札幌その2 »

コメント

早々とレポありがとうございます。

楽しそうですね♪
アフターステージまでタップリ満喫しましたね^^
とか言ってる今は、2日目の真っ最中なんですねぇ。

津軽海峡を越えた甲斐があるってもんですね!
大2弾もお待ちしてま~す!

投稿: ポォ | 2005/06/19 20:32

ポォさん、ええ、とても楽しい旅でした。
津軽海峡を越えてはるばる出かけた
甲斐がありました。(^O^)

他の方のレポも併せてご覧になると、
数倍楽しめますよ。

投稿: つきのみどり | 2005/06/20 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/4618385

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の空間「あんだれ」 札幌その1:

» あんだれ それは中ちゃんの店 <2005.6.22> [猫が目を覚ました by 常富喜雄]
                                      “おけいさん(四角佳子)”スペシャルライブ 2005.6.... [続きを読む]

受信: 2005/06/23 10:32

« 新しい才能との出会い 川島佑介さん | トップページ | 海を越えた「猫・文銭」 札幌その2 »