« かっこいい「兄貴」たち TULIP ツアー開始! | トップページ | TULIP 新たなファンの拡大 »

2005/06/09

情熱のカタマリ 加藤昌史さん

blog050609


加藤昌史さんの『拍手という花束のために』
出版記念パーティにうかがった。

加藤氏は、「演劇集団キャラメルボックス」の
主催者。今はシアターアプルで、20周年記念公演の
真っ最中。私も7日の18:00からの「僕のポケットは星でいっぱい」を
見てきた。今回は「ハーフタイムシアター」といって、1時間の公演
なので、忙しい平日でも何とか時間を作れば行けるのがありがたい。

キャラメルボックスの舞台開演直前には、社長じきじきに
「前説」がある。いつも、立て板に水のすばらしいトークを
聞かせてくれるのだが、この日は途中からなんだか少し
おかしいな、という雲行き。(真相は加藤さんの日記、
加藤の今日」をご参照いただきたい。私はロビーで、
日記に登場する方を見かけている)

まだ公演は続いているので、可能な方はぜひ足を
お運びいただきたいのだけれど、キャラメルボックスの
お芝居を見ていると、「子どもの素直な気持ち」を思い
出させてもらえる、と強く感じる。私のように、子どもと
寄り添う仕事をしていると、子どもの気持ちを常に
考えていかねばならないのだが、それでもかけ離れて
しまって「いけない!」と思い、軌道修正をする時もある。

また、今、日本の多くの学校では週5日制の中で、
勉強の時間を取ることが最優先されている。だから、
文化祭と体育祭を1年交代で行う、とか、文化祭を
中止する、などの動きも珍しくない。都内でも、演劇
鑑賞そのものが実施されない学校もある。でも、一方で
「心の教育」が声高に叫ばれている。この矛盾は何なの
だろう。文化祭や体育祭は健全な心を養う機会では
ないのだろうか。

心の教育、というのなら、キャラメルボックスのお芝居を
子どもと教員が一緒に見るといい。私はそう断言したい。
子どもの気持ちにこれだけ深く、そして丁寧に寄り添って
いる大人の演劇は、劇団の数は綺羅星のごとくある
けれど、そうそう存在しない。キャラメルボックスの脚本は
人気で、各地の学校の演劇部でも上演しているが、
実際にプロの舞台を見て、何かを感じ取る、ということは
大事なこと。こういう機会を作ってやるのも大人の大事な
役目ではないだろうか。

そして、昨日、8日のパーティ。加藤さんはパーティでも、
ご自分が主役なのに、マイクを持ってあちこち動かれて
いた。途中、出版元のロゼッタストーンの編集長の
計らいで、ご家族がやっていらしたのには心底驚いて
いらした様子だった。このお子さん、まだ小さいけれど、
とても礼儀正しくて素直ないい子たち。

全体の内容は、サイン会あり、出席者による擬似記者
会見あり(冒頭写真)、と、普通の出版記念パーティでは
考えられない、楽しいものだった。

また、私は受付の手伝いをしたのだが、キャラメル
ボックスのサポーターの皆さんが、時間や約束事などを
きっちりと守っていらしたのにも感心させられた。
参加費を払うのにも「4500円?じゃあ、この10000円、
崩してくれる」なんて言う方は、誰一人いなかった。

今回は、お時間の一部を割いて、私を含めてロゼッタ
ストーンweb連載陣のご紹介をしていただき、また、
そのおひとりの川島佑介さん(6/22CDデビュー予定)
から、歌のプレゼントもあった(川島さんのお話は
日を改めて)。

最後には、日テレの福澤朗アナウンサーも駆けつけ、
福澤節に大笑いしながらのお開きとなった。

加藤さんは大変お忙しく、また、精神的におつらい
状況の中で、パーティに来て下さった。また、7日の
前説で、「今、僕の本は紀伊国屋書店の1階・新刊
コーナーで平積みにされていますが、ビジネス
コーナーにありました。間違ってますね」とおっしゃった
けれど、これはきっとご謙遜。加藤さんの本には、
プロの、一流の劇団として大事なことがぎっしり
詰まっている。仕事をする全ての人が読むべき、と
いう本だと私は思っている。

こういった加藤昌史さんは、真の劇団経営者、
演劇を愛する人、そして、演劇の情熱の「超一流の」
カタマリ。
こういった方と時間が共有できて、とても幸せなひと時
だった。

|

« かっこいい「兄貴」たち TULIP ツアー開始! | トップページ | TULIP 新たなファンの拡大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/4486010

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱のカタマリ 加藤昌史さん:

» 『拍手という花束のために』出版記念パーティー。 [それがおまえのTRUTHか]
主賓のはずなのに何故か司会する加藤昌史さん。 ちなみに写真は、「記者会見」と称して質問を受け付けている加藤さん。 やはりというか何というか、参加者は女性が8割! それも複数で来ていたり、既に顔見知りみたいで、男性1人で来ている僕は肩身が狭かったですが…... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 23:19

» 「拍手という花束のために」 [One Leaf]
の出版記念パーティーに行って来ました! 総勢50人程度でしょうか? 40分頃に、本日の主役である、加藤さんご自身が前説で登場! "「拍手という花束のために」著者、加藤昌史です。"と自己紹介ののち、 QUEENの「WE WILL ROCK YOU」が(笑) 「最近この曲を聞くとナーバスになるんです」なんて言いながら、さすがの演出です^^ 本日のスケジュール説明・注意事項のあと、続いて乾杯の挨拶。 このパーティーの幹事、ロゼッタストーン編集長の弘中さんが、加藤さんについてや、 出版の際の裏... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 01:08

» 『拍手という花束のために』出版記念パーティー [「加藤の今日」ブログ]
 今日は14:00の回と16:00の回。  そして、開演中と終演後には週刊誌の取材を受けたりしつつ、夕方、出版記念パーティー会場に向かいました。  本番のテンションと、戦闘モードのテンションを抱えつつ、向かった会場には、50人近くの方々(スタッフを入れればちょうど50人?)が集まってくださいました。  なにしろ、こういう「パーティー」というのは初めて。  服装とか、いろんなことをどうしたらよいのかわからなかったのですが、「いつも通りで」というお話でしたので、本当にいつも通りのポロシャツで向かいまし... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 14:06

« かっこいい「兄貴」たち TULIP ツアー開始! | トップページ | TULIP 新たなファンの拡大 »