« 音楽のパワー | トップページ | 情熱のカタマリ 加藤昌史さん »

2005/06/07

かっこいい「兄貴」たち TULIP ツアー開始!

4日、TULIPのツアーが3年ぶりに幕を開けた。

1/30付blog(「音楽」カテゴリー内)でも書いた通り、
このツアーをまだ寒い中から半年も待っていた。冬が過ぎ、
赤や黄色のチューリップの花を愛で、そして、初夏。彼らは
またこうやってファンのもとに帰ってきてくれた。

私たちのツアー初日は5日、神奈川県民ホールから始まった。
日曜だからか、男性の姿がとても目立つ。また、小学生
くらいの子どもを連れた保護者の方も見かける。

(※曲順など、立ち入って書いてはいないつもりだが、
ツアーの内容をまだあまり知りたくない方は、ここから
先はまたの機会にしていただきたい)

オープニングは「あっ!」と意表をつく曲。
今回はMCが少なめで、どんどん曲が演奏
される。あっという間にTULIPの世界に引き込まれる
観客。きっと、昔の自分にタイムスリップしているのだろう。

今回は2部構成で、途中10分休憩が入る。客席に、
野球場よろしく、パンフ売りの若い売り子くんが来るの
には驚いたが、「お札はしわくちゃ、私はもみくちゃ」に
ならずに買えるのでとても助かる。

姫野さんのリードボーカルの曲が続く「タッチーコーナー」
めいた部分、また、曲にまつわる思い出を財津さんが語る
場面あり、と、盛りだくさんな内容なのも嬉しい。メンバーも、
慣れた仲でもあるけれど、まだツアー序盤なので、懸命に
演奏している雰囲気も見える。こうして、またたく間に
ライブの時間が過ぎていく。

私は彼らのステージを見るのは、前回のツアーで3回+TVの
公開録画1回、の4回に、今回を入れてまだ5回目。5月に見た
DVD(5/9付blog。「音楽」カテゴリー内)の30年前の映像でも
同じだったが、客席は圧倒的に女性が多い。

30年前、演奏が上手で、サウンドも独特の彼らの
かもし出す雰囲気は、たまらなくかっこいい、
そう、憧れの「兄貴」だったのだろう。

もちろん今のメンバーも、それぞれに素敵に年を重ねているが、
「魔法の黄色い靴」でデビューした時の鮮烈な印象は、
「この人たち、ビートルズのコピーのようで、コピーじゃない!
すごい!」という一言に尽きるのではないだろうか。以前、
同郷の武田鉄矢氏が「TULIPが出てきたとき、やられたー、
って思った」とTVで語っていらしたのも、つながっていく。

こういう思いが頭をよぎった時、安部さんが「今日、6月5日は、
33年前にTULIPがデビューした記念日です」と言われた。
その頃、憧れのまなざしでライブに行き、レコードを買った
「元・少年」たちの瞳には、きっと今の姿の向こうに、あの日の
かっこいい「兄貴」の姿が見えたのだろう。

今月、私たちはあと2回ライブに行き、そして、その後は秋まで
彼らのステージはお預けの予定。かっこいい「兄貴」たちに、
またライブで会えるのを楽しみにしている。

|

« 音楽のパワー | トップページ | 情熱のカタマリ 加藤昌史さん »

コメント

私がチューリップのアルバムで当時1番好きだったのは
「ぼくがつくった愛の歌」です。
ビートルズをリスペクトしてるのがすごく良くわかる1枚でした。
そしてそのアルバムの中での姫野さんの声は甘くソフトで最高でした(笑)。
>姫野さんのリードボーカルの曲が続く「タッチーコーナー」
魅力的ですね~(^^)。
年月とともに声も変わってしまいますが、「少年」から「兄貴」になった彼らの歌声は未だファンを魅了してやまないのでしょう。
つきのさんはあと2回も行かれるのですか!素敵な時間がたっぷりな年なのですね。(羨)

投稿: SHIMA | 2005/06/08 11:21

SHIMAさん、ありがとうございます。

私は昔の「タッチー」を写真でしか
知らないのですが、今の姫野さんも
声はもちろん、お姿もソフトで
穏やかな印象で、素敵だと思います。

もともと今月はTULIP三昧の月だった
はずなのですが、急に別の楽しみも
増えてしまう結果になりました。
仕事を始めてから、一番忙しい6月を
過ごしている気がします。^^;;

投稿: つきのみどり | 2005/06/09 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/4457891

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいい「兄貴」たち TULIP ツアー開始!:

« 音楽のパワー | トップページ | 情熱のカタマリ 加藤昌史さん »