« 異変あり! 2005 夏のバーゲン最前線 | トップページ | 「猫」+「猫・文銭」 新しい一面 »

2005/07/10

web連載「つきのみどりの教育カフェテリア」第7回更新

ロゼッタストーン」でweb連載させていただいている、
つきのみどりの教育カフェテリア」、早いもので、
今日7/10に、第7回目の記事を更新した。

今回のテーマは「学校カウンセラーの実態」。学校で
大きな事件があると、集中して派遣されることもあるが、
基本的には週1、2回程度、学校に勤務している(この
勤務の不安定さが、実は、さまざまな面で大きな
ネックになっている)。

カウンセラーは、子どもの悩みを聞くのが仕事。彼らの
話から、私も思いかけないことを耳にすることもある。
そういった意味では、現在の学校運営に欠かせない
存在ではないのだろうか。

でも、カウンセラーはやはり人間。教員にもとんでも
ないことを言う人がいるのと同様、いろんな人がいる、と
感じることもある。もし学校勤務のカウンセラーが自分に
合わなかったら、相性の良いカウンセラーを探すのは
大切なこと。

こういったことについて意見を書いたので、何かコメントが
ある方は、ぜひご意見をお願いしたい。

|

« 異変あり! 2005 夏のバーゲン最前線 | トップページ | 「猫」+「猫・文銭」 新しい一面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/4911053

この記事へのトラックバック一覧です: web連載「つきのみどりの教育カフェテリア」第7回更新:

« 異変あり! 2005 夏のバーゲン最前線 | トップページ | 「猫」+「猫・文銭」 新しい一面 »