« 恐るべし、SMAPパワー!! | トップページ | 地方との経済格差 その1 »

2005/08/03

力強い「猫」 Live in あんだれ

blog050803

7/31の「猫」ライブのため、夏
まっさかりの札幌に来た私たち。

場所は、私たちの「札幌のホーム
グラウンド」、「旬酒ヤ あんただ~れ!」
(通称:あんだれ)。前日は、「ライブじゃない、
通常のあんだれ」でゆったりくつろいだ後、
常連さんたちと、ライブの設営もいそいそ
お手伝い。中ちゃんさんの魔法で、瞬く間にお店の
一角が「特設ステージ」に変身!男性3人の「猫」のため、
通常より50cmほど前に出た舞台も、見る見るうちに
できあがる。私はたいしたことはしていないけれど、
みんなで「お疲れさま!」の乾杯も楽しい。

翌日は、少し街を歩いてから、17:30頃お店に行く。
散歩していても、東京と違い、汗をあまりかかない
のがとても気持ちいい。地元の方は「この週末は
この夏一番の暑さ」と口々に言うが、なんのなんの、
熱帯化しつつある東京の暑さに比べれば、快適
この上ない。今の東京で、昼間散歩なんてしたら、
私は暑さで卒倒してしまうだろう。避暑地気分を
堪能して、満足、満足。

お店には既に常連さんが待ち構えている。私もお話を
して、盛り上がる。初めてお話しするとは思えない。
これがやっぱり音楽の力。中に目を凝らすと、
暗がりのお店の中に、笑顔で手を振る方。
「あらっ!」

及川恒平さん!
実は前日もフォークジャンボリーに来ていらしていたと
いう。つまり、フォークジャンボリーでは、松山千春さんと
合わせて、2人も「地元出身歌手のサプライズゲスト」が
出られたことになる。贅沢だなぁ。故郷の夏のイベント、
出られるほうもきっと楽しいんだろう。

そして、正式開場。同じように、東京からの遠征組と話を
して、しばし過ごす。あっという間に開演時刻。今日の
司会は、及川さん。お店に慣れている、一番ふさわしい
方。「片思いのブルース」で、ライブはスタート。

「たどりついたらいつも雨降り」、「ある雨の日の情景」、
「各駅停車」。メンバーと観客が一体になって、ライブが
進んでいく。「僕の庭」で、第1部が終わる。外に出て、
他のファンとおしゃべり。風が気持ちよく吹き抜けていく。
やっぱり嬉しい、東京でこんな涼しい風が吹いたら、
それはもう秋の気配だもの。「夕涼み」を満喫して、
第2部へ突入。

「地下鉄に乗って」、「雪」とおなじみのナンバーが
続いた後で、なんと「白いゆり」、「落ち葉の季節」、
そして、「海は恋してる」と、「ザ・リガニーズ」の
ナンバー!「猫」のメンバーのみでは、まだ弾いて
いただいていない。「猫」の皆さんから、ビッグな
夏のプレゼントに、私も顔がほころぶ。「海は…」
では、中ちゃんさんのコーラスと台詞も入って、
全員で大合唱。

そして、ライブは「サッポロソング」と、再びの「雪」で
大団円、この和やかなムードのまま、みんなで
店内を片付け、そして、打ち上げに突入。中ちゃん
さんの心づくしのお料理とお酒、そして、楽しい会話で、
帰るのに後ろ髪を引かれてしまう。私も、前回の
訪問とは違い、2度目の「あんだれ」なので、前回より
更にリラックス。

今回はマイクもアンプもあるけれど、間近にギターと
ベースの音、そして、美しいハーモニーが迫ってきて、
力強い「猫」のサウンドを体感。鳥肌が立つ思いで
聞いていた。これだから一流のアーティストのライブは
やめられない!こういうライブが、私は一番好きなんだなぁ。

そして、「あんだれ」に来ると、中ちゃんさんや常連
さんの、「まるで前から常連だった」かのような、わけ
隔てない歓迎にも出会えるし、何より、設営や片づけを
にこにこしてやっているパートナーに出会える。こう
やって彼は、みんなで汗を流して練習した、バンド少年の
心にしばし戻っているんだろう。こういう彼の姿を見ると、
ここにいるのが何より大事なことに思えてくる。

「あんだれ」は、やっぱり魔法の空間。アーティストの
サウンドも磨きがかかるし、観客もみんな大満足。
また必ず顔を出しますからね、ステキな魔法使いの
中ちゃんさん。

|

« 恐るべし、SMAPパワー!! | トップページ | 地方との経済格差 その1 »

コメント

すごくよく分かるなぁ~その場に居るみたいだ。

まだ「あんだれ」には行ったことがないけど、なんだか一人でも千歳から真っ直ぐ行けそう。
「サッポロソング」もまだ、聴いてないし・・・知らないことだらけだけどね。
それにしても、リガニーズ・ナンバーはウレシイねぇ!

投稿: ポォ | 2005/08/03 05:34

ザ・リガニーズのナンバーはほんとに聴けてラッキーでした。
(でも懐かしのGSメロディーでしか聴いた事はないんですけど。(^^;;)
ステージも「猫」のためにしつらえられたんですね。
そういうことも含めてとっても贅沢なLIVEだったんだなと今更ながら思います。
そして猫&恒平さんを好きな皆さんと素敵な時間を共有できたことも嬉しく思います。
ありがとうございました。(TBさせていただきますね。)

投稿: SHIMA | 2005/08/03 08:47

ポォさん、レポートお待たせしました。
「あんだれ」、難しくない場所にありますし、
ひとりでもすぐ行けて、きっと楽しめますよ!
(地下鉄の「北二十四条駅」からすぐです)

「ザ・リガニーズ」のナンバーは、北海道
ならではのSpecial Presentだったと
私も思います。夏に聞けて嬉しかったです♪

投稿: つきのみどり | 2005/08/03 18:02

SHIMAさん、コメント&TBありがとうございます。
前回の「猫・文銭」の時は同じ3人でも、女性が
おひとりいらしたので大丈夫だったのですが、
今回は男性3人、しかも大柄な方がいらっしゃるので、
「中ちゃんさんの魔法」で、特設ステージが
できたようです。

6月から、40日程度で次のライブが見られて
良かったですね。(^0^)またお目にかかって
お話できる日を楽しみにしています!

投稿: つきのみどり | 2005/08/03 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5283448

この記事へのトラックバック一覧です: 力強い「猫」 Live in あんだれ:

» 猫がやってきた! [ISLAND日記]
札幌に。{/airplane/} 6月に“猫・文銭”の札幌でのLIVEを聴いてから1ヶ月ちょっと 今度は初めて猫のLIVEを聴く機会に恵まれました。(お星さまありがとう。{/face_hohoemi/}) 場所は旬酒ヤ あんただーれ。 前日の岩見沢フォークジャンボリー出演(8月6日(土)13:00〜14:25にUHB北海道文化放送にて放送予定)の疲れも見せずアンコールを含めた全18曲を力いっぱい歌ってくださいました。 「片思いのブルース」から色... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 08:49

« 恐るべし、SMAPパワー!! | トップページ | 地方との経済格差 その1 »