« コンビニの少子化対策 | トップページ | YES!PROJECT 日本を良くしよう!! »

2005/08/23

毎日が「プチ甲子園」

夏の甲子園は、南北海道代表・駒大苫小牧高校
57年ぶりの快挙、2年連続の優勝で、幕を閉じた。

甲子園を見ていると、よく、「一戦ごとに球児たちが
強くなっていく、その様子がテレビ画面からでも手に
取るようにわかる」という話を聞く。確かに、下馬評は
さっぱりだった学校の中にも、一度勝つと波に乗り、
そのまま勢いをつけていくところがある。今年は、
長崎県代表・県立清峰高校が、私立強豪校に
勝った勢いで、どんどん勝ち進んでいったのが
話題になった。

教員という仕事をしていると、そういう子どもの成長に
出会える場面がたくさんある。
「先生、前よりもね、国語がわかるようになってきたよ」と
言われることもあれば、論文の添削の回数を重ねる
うちに、目ざましく上達してくることもある。また、ちょっと
廊下ですれ違っただけでも、以前より大人びた、
丁寧なあいさつが返ってくることもある。

こういった場面に出会うと、生徒の成長ぶりを肌で
感じるし、それをほめてやることで、更に子どもを
伸ばすことができる。1年生の時はもろもろにおいて
ひどかった生徒でも、進級し、後輩を指導する立場に
なって、生徒本人が自分の足りなさに気がつくと、
形となって自覚が現れることもある。また、教員に
繰り返し注意されるうち、本人の中で自覚が
生まれることもある。

教員としては、そういった「自覚」を生むような指導を
していかなければならない。そうでなければ、生徒は
ただ、同じ間違いを繰り返すだけで、進歩も成長も
しないのだから。

甲子園に出るような強豪校の野球部だけではなく、
全国大会に行くような部活の指導者は、それこそ
プライベートを切り捨てて部活に心血を注いでいる。

そんな指導の仕方には、私は及ぶべくもないが、
それでも、教員という仕事をしていると、生徒の成長
した場面に出会えることがたくさんある。こういう時、
私はこう思う。
(だから教員はいいんだよね、やめられないんだよねー)

自分の子どもでもないのに、日々成長に立ち会える、
そんな仕事が他にあるだろうか。報道関係者や、
一般の方で、甲子園に釘付け、という方は、きっと、
私が味わうような気持ちを、ずっと味わっていたいの
かもしれない。

だから、教員とは、ある意味、毎日が「プチ甲子園」
なのだろう。最近は、「教員になると毎日生徒のミニ
スカートが見られる」なんていう、とんでもないヤカラも
いる(!!)と聞くけれど、教員の仕事の本当の醍醐味って、
こういうことなんではないだろうか。


※この記事をアップしてから、駒大苫小牧高校での
野球部長の暴力事件が大きく取りざたされている。
私が繰り返しweb連載メルマガで指摘している、
私立校の内向きな視点が見事なまでに現れた
事件の様子に、ただただあきれるばかり。

もちろん私の言う「プチ甲子園」とは、暴力沙汰ではない。
こんなことを改めて書かねばならないのが、非常に残念。

|

« コンビニの少子化対策 | トップページ | YES!PROJECT 日本を良くしよう!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5593069

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日が「プチ甲子園」:

« コンビニの少子化対策 | トップページ | YES!PROJECT 日本を良くしよう!! »