« 「教育カフェテリア」第8回目更新 | トップページ | 力強い「猫」 Live in あんだれ »

2005/08/02

恐るべし、SMAPパワー!!

7/30の午後、羽田を飛び立って90分。北の大地へ
舞い降りた。

目的は翌日の「猫」ライブ。1日早く、夏の札幌を
満喫するために私たちはやって来た。機内は
夏休みと週末が重なり、大混雑。ネクタイをしめた
出張のサラリーマンが気の毒でならない。あまりの
混雑で、バスで札幌市内に行くことにした。

そして、図らずも、これが私たちの「SMAPパワー」を
見せ付けられる幕開けのできごとになった。

7/25の「スマスマ」で、中居くんが「ツアーが今度の
土曜日、札幌から始まります」と言うのを私は聞いて
いた。
(あ、札幌ドームかな、同じ時に札幌なのね)
と思ったが、その後は日常の慌ただしさで、
すっかりそのことは飛んでいた。

で、千歳空港からバスに乗る。ANAの乗客を乗せ、
滑り込んできたバスの光景に、目を疑った。
「?!」
とんでもなくバスが混んでいる。どうにかこうにか、
補助席に乗り込む。あと2人後ろだったら、乗れない
ところだった。あぶないあぶない。

隣の席は私より上(40代?)の女性同士。バスは、
札幌ドームのそばを通って、市内中心部に入って
いくルート。ドームが近づくにつれ、彼女たちは
「楽しみだよねー、もう着くねー」と言っている。
この時、私の脳裏に、月曜日に見た中居くんの
映像がよみがえる。
(そうだ、今日からツアーだったんだ!)

札幌ドームに近づくにつれ、どんどんバスの進み
方が遅くなる。渋滞にはまったらしい。そして、
ようやくドーム前に着く。すると、どどどっ、と音が
して、バスの半分くらいの人は下車してしまった。
そして、バスの窓から見えるドームの売店付近にも、
人、人。

でも、もっと圧巻だったのは、近くの地下鉄・福住
(ふくずみ)駅から吐き出される人の数!!
(えーっ!)

東京でもこんな人波を見ることは、何かのイベントの
時しかない。切れ目なく、小学生から、私の母の
世代のような女性まで、ぞろぞろぞろぞろ、嬉しそうに
ドーム目指して歩いている。ダフ屋の姿も目立つ。
出たばかりのCD、「SAMPLE BANG!」とプリント
されたバッグを持っている人が多い。このバッグ、
予約するともらえたのだろうか?あんなに同じものを
持っていたら、きっと何人も間違えてしまう人が
いるんだろうなぁ。
(札幌ドームって、コンサートだと何人入るんだろう?
東京ドームより広そうだし…)

その後、バスは大通公園の壮観なビアガーデンの
脇を通過し、平常の30分押し、120分(=2時間)かかって、
目指すホテルに到着した。やれやれ。夏休みの週末
だから、6月に来た時よりも混んでいる。部屋へ案内
してくれる女性スタッフに、思わず話しかける。

「今日は混んでますね」
「そうなんです、今日と明日はSMAPのコンサートなので…」
(出たー!)←オバケじゃないけれど…

「今日は市内のホテルはほぼ満室です」
「今、千歳空港からバスで来たので、行く人をたくさん
見ましたよ。ライブは2日間あるんですか」
「そうなんです」
こんな会話をしているうちに、部屋のあるフロアに
エレベーターが滑り込んだ。

この後、私たちの「札幌のホームグラウンド」、
「旬酒ヤ あんただ~れ!」(通称:あんだれ)に繰り出す。
愛すべきマスター、中ちゃんさんのトークに笑い、
おいしいお料理に舌鼓を打っていると、ぽつりぽつりと
岩見沢のフォークジャンボリーから戻ってきた方が
顔を出す。カメラマンさん、お店の常連さん、そして
東京からの遠征組。フォークジャンボリーでは、
松山千春さんの乱入があった、とか、夏のイベント
ならではの楽しい話を耳にする。

そして、この席でもまたSMAP話。急に遠征を決めた
方は、連泊でも同じホテルが確保できず、1日ごとに
ホテルを変えるはめになった、とこぼす。団体客で
ホテルもあふれていると言われる。

翌日も、ライブに行こうと、大通から乗ったタクシーの
車内で、運転手さんとSMAP話に花が咲く。運転手
さんいわく、ライブの時は5万5000人(!!)は入って
いるのだそうだ。2日間とも満員らしい、と言う。
ハンドルを握りつつ、彼の話は続く。

「昨日は6時に始まって、10時に終わったみたいです。
だから、大体4時間くらいですよね。で、今日はね、
夕方の4時からやっているんですよ。」
「4時間ですか、長いですねー。休憩でも入るんでしょうね」
「そうかもしれませんね。で、昨日は終わって、全員
お客さんが帰ったのが11時半くらいだったそうですよ」
「えーっ!!」(確かにいきなり全員を出すと、危険だし…。
でも、ライブが終わって1時間半も待たされたらイヤだなぁ…)

「今日は、8時ごろ終わるんですよ」
「4時からなら、そうですよね」
「で、最終の飛行機に間に合うように、その頃帰る方も
いるんです。そのタクシーの予約が、100台は入っている
ようですよ」
「100台!!」

「東京から、とか、全国から来ているみたいで、昨日も
今日も市内のホテルは満室ですしね。札幌ドームが
満員なんて、そうそうないですよ。だから、今の札幌は
もう、SMAPさまさまなんですよ」
「へぇ…そうなんですか」
こんな会話をしているうち、タクシーが北24条の駅前
までやって来た。料金を払い、「あんだれ」へと急ぐ。

(結局、東京への帰りの便でも、SMAPの例のバッグを
提げた人をたくさん見かけ、今回の札幌行きでは「SMAP
パワー」をまざまざと見せ付けられたのだった。)

SMAPのライブへ行く人波は、小学生からオバサマまで、
多くの笑顔に満ち溢れていた。今、日本のアーティストで、
これだけの集客力と人気を誇る人たちが、他にいるだろうか。
他の方には申し訳ないが、きっといない。

この現実を目の当たりにすると、7/4付の私のblog、
「低投票率を憂う 2005年東京都議選」で、
「SMAPにでも選挙CMを」とコメントを寄せて下さった方が
いたが、この提案は決して的外れでない、と感じる。
TOKIOも嵐もがんばっていると思うし、私は好感を持って
いるけれど、他のジャニーズのグループのメンバーは
わからなくても、SMAPメンバーの名前を言えない人は
少ないだろう。今、彼らは、「21世紀の国民的タレント」と
しての地位を確立している。このことをまざまざと見せ付け
られた、札幌の夏だった。

こうなると、SMAPには、日本人を明るい未来に導く存在と
して活躍してもらうしかない。低投票率、エイズ、ドラッグ、
環境問題…。どうか、広告代理店の方々、彼らにこんな
CMの企画を持ち込んでほしい。

※本題の「猫」ライブの話はまた翌日に。

|

« 「教育カフェテリア」第8回目更新 | トップページ | 力強い「猫」 Live in あんだれ »

コメント

横浜で行きます。スタジアム、屋外です。新横浜からの人の流れが予想されます。ちょっと怖いけど。ニコニコと楽しんでっきますね。おばさんでも楽しめるから好きなんだー。

投稿: kumiko | 2005/08/02 21:37

kumikoさん、はじめまして。コメント
ありがとうございます。

横浜でもあるんですね!東京では、
「史上初、国立競技場での
単独アーティストによるライブ」だと
聞きました。

私は彼らと同世代でもあるので、
そういった意味で、がんばって
「21世紀の国民的タレント」として
活躍して欲しいです。

ライブ、楽しんでいらして下さいね!

投稿: つきのみどり | 2005/08/02 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5278305

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし、SMAPパワー!!:

» SMAPライブ [PASSOSA]
 行ってきました SMAPとイク? SMAP SAMPLE TOUR FOR 62DAYS. in札幌ドーム!! グッズ売り場風景・・・。 アリーナのB13という、肉眼でもSMAPが見えてしまう距離。 目が合うほどの距離ではなかったけれど、充分でした。 慎吾くん最高。 中居くん、好きになりました。 さて。 これから、SMAPライブに行く人が見たら申し訳ないので、 続きはコチ�... [続きを読む]

受信: 2005/08/02 16:48

« 「教育カフェテリア」第8回目更新 | トップページ | 力強い「猫」 Live in あんだれ »