« 年金の「知られざる格差」 | トップページ | web連載 第11回目更新 »

2005/09/11

35年目のアンサーソング 「猫」in 代官山2days

blog050911


9/8と9/9の2日間に渡って、代官山のHoochie
Coochie
(フーチー・クーチー)で、猫のライブが
行なわれた。

東急東横線で渋谷から一駅。代官山の駅から
ほど近く、八幡通り沿いにあるこのお店。通りから、地下へ
続く階段を下りると、なんとお向かいはトンカツ屋さん。
代官山にはよく足を運んできたけれど、「こんなところに
あったのね!」というほど、小さなお店で、私はまったく
今まで気づいていなかった。お店の前では、小柄な
女性がギターを弾いている。

(ん?どなただろう…)
会釈をしたら、はにかんだように会釈を返してくれた。
私はそのまま店内へ。

マスターは、まだ40歳前といった感じで、少年のおもかげを
残した方。でも、お店は今年で満10年になる、という。
(三十路前で代官山にお店?!すごい!)

店内は20人も入ればいっぱい、そのマスターがひとりで
全てを切り盛りしている。店内のTVでは、ビートルズ、
エリック・クラプトン、ルイ・アームストロング…往年の
名曲のビデオが、次から次へと流される。

お店は19:00開店、ライブは2部制で、20:30からと21:40
から、という構成も、来やすさを配慮したことだろう。仕事
から猛ダッシュで来なくても平気、というのが、社会人には
ありがたい。

初日は「猫」ライブ常連さんが顔を揃えた、リラックス
ムードの中で開かれた。トークものんびり、どなたかが
歌詞を間違えても、みな笑いであたたかく包み込む。
初めての場所とは思えないほど、全員がゆったりした
雰囲気に浸っていた。マスターも、あいている後方の
客席に座り、楽しそうに聞きいっている。
のんびりしたムードのまま、第1部が終了。

第2部の前に、さっきギターを弾いていた女性が登場。
古瀬陽子(こせ・ようこ)さんです」と、常富さんからの
ご紹介がある。

(そうか!常富さんがblogでほめていた新人さん!)
パワフルでまっすぐな歌を4曲、披露してくれる。
※彼女の歌の話はまた改めて別の日に。

第2部になっても、まだまだのんびりムードは続く。でも、
懐かしの「新婚白書」もあり、初披露の新曲「時の贈り物」や、
多くの曲で新アレンジもあって、聞き手としては明日への
期待も抱かせる、嬉しいサプライズ続きの一夜だった。

ライブ後は、場所と時間柄、常富さんのかつての同僚の
方などが見えていて、じっくり話をさせていただく。

明けて9日は、金曜ということも手伝い、皆さんの出足が
早い。開演直前にもなると、まさに「立錐(りっすい)の
余地のない」状態。マスターも、今日はカウンター内で
聞いていらっしゃる。

「向かいのトンカツ屋さんは、いい方で、さっきもちょっと
顔を出して"昨日もうるさくてすみませんね…"と言ったら、
”懐かしい歌やってたね!”って言ってくれたんですよね」と、
休憩時間、お酒を作りつつ笑顔で話すマスター。

マスターに、こんな質問を振ってみる。
「ひとりで切り盛りされて大変だと思いますが、お仕事
しながら好きな曲を毎日聞けて、お幸せじゃありませんか」
「そうです、幸せですよねー」

幸せなマスターの作るお酒と、おいしいピザ、そして、
のんびりした空間。こんな場所で「猫」が聞けるのは、
ファンにとっても、幸せなこと。「猫」だけでなくて、他の
方の曲でも、きっと幸せな気持ちになれるんだろう。

今日は元「ザ・リガニーズ」の吉田さんもいらしていて、
「海は恋してる」で、飛び入りでコーラスに参加される。
個人的には吉田さんのコーラスが好きなので、聞けると、
とても幸せな気持ちになる。やっぱり「海は恋してる」には、
吉田さんの「♪あぁ~」が欠かせない!

ライブでは既に何度か聞いている、新曲の「常春」。でも、
この日初めて、内山さんの口からこんな言葉を聞いた。

「この曲は、湘南とか鎌倉なんかの、のどかなイメージで
作ったんですよ」

(そうだったのね!)
この夏、「海は恋してる」を、多くの場面で聞くことが
できた。私にとっては生まれる前の時代の歌、「猫」との
出会いがなければ、きっと思い入れなどなく、私を通り
過ぎていった歌だろう。

「猫」のライブだけではなく、ラジオ番組でテリー伊藤さんが
「僕は大学時代、海でこの歌をギター弾きながら歌ったん
だよね、僕の青春の歌だったんだよ」としみじみ語りつつ
曲をかけていたのや、また、一般の女性の方が、別の
ラジオ番組でも、「昔を思い出します!!」とリクエストして
いたのも聞いた。

思いがけずこんな話を聞くたび、私は、「ザ・リガニーズ」の
偉大さ、曲の素晴らしさを改めて感じていた。この夏、
そんな場面に何度出会えたことだろう。

35年前の「ザ・リガニーズ」の名曲が「海は恋してる」なら、
すっかり年を重ねられた「猫」の皆さんによって歌われて
いるのが、この「常春」。だから、「常春」は、「海は
恋してる」の35年越しのアンサーソングなのかもしれない。

「海は恋してる」だって、今は生で歌って下さるのは、
「猫」の皆さんくらい。この曲をこんな間近で聞ける
なんて、当時のファンの方は、涙を流されるのかな。

常富さんからは、ライブの終盤で、新作CD「猫 FIVE」が、
9/29発売に決まった、というニュースも聞かせていただく!!
この日は原宿Blue Jay Wayでのライブの日。嬉しさ
いっぱいのライブになるに違いない。

ライブ後は、新宿で歌い続けているMINAMIさんとも
はじめてお話したりして、深夜まで話に花を咲かせる。
今日も古瀬陽子さんの飛び入りがあったので、「プロと
して」のご感想をうかがったりして、興味深い。彼女も、
古瀬さんの歌をほめていらした。

こうして、代官山での2日間は、にぎやかに、そして、
心穏やかに更けていった。こんな空間と時間をくれた
「猫」の皆さん、そして、マスター、どうもありがとう。

また次のライブでお目にかかれるのを楽しみにしながら、
八幡通りから、帰りのタクシーに乗った。

|

« 年金の「知られざる格差」 | トップページ | web連載 第11回目更新 »

コメント

つきのみどりさん
ミナミどぅえす!
トラックバックありがとうございます!
(なんかこのトラックバックつう機能使いこなすの
ブログ開設以来初めてな気が・・^^;)
みんなでトラックバックっちゅうの楽しいですね!!

9日はお会いできて、私もとても楽しかったです。

投稿: ミナミ | 2005/09/11 20:00

MINAMIさん、コメントとTB
ありがとうございました。

TBしていくと、思いがけない
ところで思いがけない方と
出会えたりして、楽しいですよね!

これからもよろしくお願いします。

投稿: つきのみどり | 2005/09/11 20:05

 アンサーソングっていう響き大好きです。かつては多かったんですよね。フォークでも...。生きている歌という感じがいいですね。いいヒントをいつも沢山ありがとうです!

投稿: tzneyan | 2005/09/13 19:06

tzneyanさん、素敵な歌と演奏を
いつもありがとうございます。

「"常春"はアンサーソングだ!」と、
聞いていてすぐひらめきました。
こうやって歌は、長い時間や空間を
越えて、生きてつながっていくんですね。

次は29日、新作CDの曲も含めて
聞かせていただけるのを、
楽しみにしています!(^0^)

投稿: つきのみどり | 2005/09/13 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5892945

この記事へのトラックバック一覧です: 35年目のアンサーソング 「猫」in 代官山2days:

» 代官山で「猫」の再始動を見て参りました!! [MINAMIの日記]
9日は代官山で、友人のばびちゃんとともに、猫の再始動を見て参りました!! もぉぉぉミナミホントにコーフンしちって、、だーはー、ライブハウスでこんなかぶりつきでこんな近くで猫の再結成見られるとは・・・ 20年前は思っておりませぬでした。すごいコーフンっぷり・・ 猫。30年ぶりの再結成。プロフィールはこちらです。 ミナミは中学時代、吉田拓郎さんが好きでした。 小遣い投げ打って私財をすべて拓郎に投入(笑)・・だなんてコトはこのHPの「拓郎とミナミ」(1999年に書いた古い文章でごめんなさい(笑))に死... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 19:56

» 猫,代官山にお目見え <2005.8.20> [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
2005.8.20          2005年9月8日と9日    そう,今日と明日     代官山 の渋~いLive Bar      Hoochie Coochie       で2日間Liveをやります。        古瀬陽子 を聴きに行って         すっかり気に入ってしまったこの店。          代官山とは思えぬほどDeepな世界が           毎晩繰り広げられているらしい。            特にBluesが好きな人には             この... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 02:05

» 猫Hoochi Coochi Live <2005.9.13> [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
2005.9.13                       Hoochi Coochi Live! 終わった!    いや~遅れてしまったレコーディングとの板挟みで     どうなっちゃうのかなと不安だったんだけど      <こういうところが<遅れてよみがえった新人だね>       2日間何とか... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 19:01

« 年金の「知られざる格差」 | トップページ | web連載 第11回目更新 »