« 身近な「一流店」 ムッシュヨースケ その2 | トップページ | 年金の「知られざる格差」 »

2005/09/04

しんどい、でも、歌いたい 及川恒平さんソロライブ

blog050904


8月最後の土曜日、及川恒平さん
横浜・イギリス館でのソロライブに出かけた。

8月最後の土曜日だからか、予想ほど道も
混んでおらず、いつもより若干早く山手に
到着。イギリス館の前まで来ると、タクシーから降りる、
白いTシャツの女性を発見。

よく見ると、四角佳子さん=おけいさんのご到着だった。
ライブを見にいらしたのだろうか。

中では、リハーサルの真っ最中。
既に熱心なファンがいらしているのも目に止まる。
私も混じり、会場のセッティングのお手伝い。

ライブは19:00を少し回った頃、スタート。「東京から
駆けつけると、18:30だと大変」との声を受けて、との
こと。私にとっては、初めての、及川さんのソロライブ。
隣に座っていらした、お母様との会話も手伝って、
ライブへの期待が高まる。

今日の目玉は、別役実・作の演劇、『スパイものがたり』で
使われた曲のメドレーコーナー。あの「雨が空から
降れば」も、この中で使われたのが始まり。会場が
一気に、無国籍的でシニカルな「別役ワールド」に
包まれる。初めて聞く曲も多いけれど、詞をよくよく
味わっていると、なんとなく芝居の内容が想像できる
から面白い。

そして、「私はスパイ」、「へのへのもへじの赤ちゃん」
では、おけいさんも客席から出ていらして、ご一緒に
歌う。そう、やっぱり「六文銭」の歌には、おけいさんの
声がなくっちゃね!!

隣席のお母様も、一つ一つの曲を丁寧に聞いて
いらっしゃる。お好きな曲はひたすら聞き入り、また、
「この曲は難しいわ」、(詩の「ライブリーディング」と
いう単語を指して)「この言葉、私にはわからないわ」
などとつぶやかれている。大変な真剣さが、こちらにも
ひしひしと伝わってくる。

お母様は、きっと及川さんの永遠の「第一のファン」で
いらっしゃるのだろう。母の愛の大きさ、強さに胸を
打たれる私。

終盤では、糸田ともよさんという、及川さんのお気に入りの
歌人の短歌から連想した新曲も披露していただく。

「新しい歌を作るのは、しんどいですよ。頼まれても
いないのに、わざわざなんでこんな大変なことをするの
かな、と自分でも思うことがあります。でも、歌いたいん
だよねー。やめられないんだよ」

(恒平さんもそうなのね!!)
私のような者と比べるのは恐れ多いのは承知している
けれど(及川さんご容赦下さい)、私も、web連載
メルマガ、そして、このblog…全て、「世の中をよく
したい」とか、「どうしても伝えたいことがある」という
思いを出発点にしている。

私以外の人が書いてもいいのかもしれないけれど、
「私にしかできないこと、私にしか伝えられないことを
発信したい」、という思いが、いつも心の中にある。
音楽でも教育でも、私が取り上げる話は、真珠の
ネックレスのように同じ一本の思いでつながっている。

大げさではなく、そういうつもりで私は日々生活し、
授業を行い、そして、発信をしている。

及川さんは長年現役でいらっしゃるから、その
「生みの苦しみ」たるや半端なものではないだろう。
それでも、「やめられない」のだから、発表して好評
だった時の喜びも大変なものに違いない。

曲作りは大変でいらっしゃるとは思うけれど、
こうやって待っているファンがいるので、及川さん
には、素晴らしい曲をまた届けていただきたい。
きっと、届けて下さると信じている。

|

« 身近な「一流店」 ムッシュヨースケ その2 | トップページ | 年金の「知られざる格差」 »

コメント

おつかれさまでした!

今回は伺えなかったんですが、恒平さんのこのライブはちょっとショックでした。
「スパイ物語」には他にも楽曲があるだろうという事は想像していましたが、特にそれに対してアクションを起こした事はなかったんです。
でも、こうして演奏されたことを聞くと・・・

「六文銭」にとっても別役さんの舞台は重要な位置にあるはずだし、何も知らないでは済まされません。
これまで舞台を観る機会が無かったことは仕方ないんですが、手立てはなにかあるはずで・・・少し、やってみようと思います。
そういう切っ掛けになった今回の「恒平ソロライブ」でした。

投稿: ポォ | 2005/09/04 21:12

ポォさん、いつもありがとうございます。
舞台『スパイ物語』、私も見たことは
ありません。でも、この数ヶ月、
「まるで六文銭のように」の皆さんの
歌を聞いていて、見たいという気持ちが
ムクムクと湧き上がりつつあるこの頃です。

>これまで舞台を観る機会が無かったことは
>仕方ないんですが、手立てはなにかある
>はずで・・・少し、やってみようと思います。

首を長くして待ってますね!

投稿: つきのみどり | 2005/09/05 23:14

 「恒平ソロライブ」行けなかったのは残念でした。いつも見とかないと,と思っている人なので...。僕には全く無いといってもいい感性を持っている人なので,貴重な栄養源なんですね。決して音楽だけの話でもないんですが。そろそろアルバムも完成なのかな?待ち遠しいですね。

投稿: tzneyan | 2005/09/08 12:05

tzneyanさん、コメントありがとうございます。

>僕には全く無いといってもいい感性を持って
>いる人なので,貴重な栄養源なんですね。

確かにおふたりの感性は違うベクトルを
向いている感じがしますが、お互いに
良い刺激になっているのだと、いつも
拝見しています。

それぞれの今後のご活躍から目が離せない、
私たちです!

投稿: つきのみどり | 2005/09/10 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5783695

この記事へのトラックバック一覧です: しんどい、でも、歌いたい 及川恒平さんソロライブ:

« 身近な「一流店」 ムッシュヨースケ その2 | トップページ | 年金の「知られざる格差」 »