« 35年目のアンサーソング 「猫」in 代官山2days | トップページ | 強く、まっすぐな母への愛 古瀬陽子さん »

2005/09/12

web連載 第11回目更新

ロゼッタストーン」でのweb連載、「つきのみどりの
教育カフェテリア
」、9/10に、第11回目の記事を
更新した。

今回のテーマは「国語(日本語)の能力アップに
ついて」。特に、ディベートや討論の能力について
考えた。

日本人の討論べた、スピーチべた、というのは
昔から言われるところ。ロゼッタストーンの編集長
さんや、先日お目にかかってお子さんの教育相談を
受けた方などが、「そういう方面の教育はどうなって
いますか」と相次いで言われたので、各方面の
関心も高いのだろうと感じた。

でも、これほど教員間の能力差が激しいことも、
他にないかもしれない。詳しくは私の連載を見て
いただきたいのだが、日々熱心に教えて
いらっしゃる方がいる反面、とんでもない方の
話もそこかしこに転がっている。

「教員間の差が激しい」ことを取り上げるたびに
思うのだが、こういったことを放置しているのは、
結局「教育格差の増大」を許すことに他ならない。

今の日本では、教育格差が広がる一方なので、
お子さんのいる方は、さぞ頭が痛いことと思う。
基本的な勉強、総合学習…同じ学校に行って
いても、習う教員によって差が生まれているの
だから、教員の私にさえも、もはや「運」しか
決め手がないのかもしれない、とさえ思える。

教育格差を少しでもなくすのは、どうしたら
良いのだろうか。今後の連載でも考えて
いきたいが、皆さんで意見の交換ができたら
ありがたい。

|

« 35年目のアンサーソング 「猫」in 代官山2days | トップページ | 強く、まっすぐな母への愛 古瀬陽子さん »

コメント

日本のゆとり教育で育成した人たちを思うと
不安です。

勉強って、もっと面白い感想が出ていたと思います。

私は、頭悪いですが 小学3年ぐらいから
高校卒業まで、なんらかの 塾 行ってました

投稿: キク | 2005/09/12 22:47

キクさん、はじめまして。ようこそ
おいで下さいました。

「ゆとり教育第一世代」は、今の
高3です。この生徒たちが中3の時に
教科書が「改悪」されました。

自分のせいではないのに、「学力が
足りない」と他の世代から言われ、
また、大学に入っても、補習を予定
しているところがあるのですから、
生徒も「被害者」なのかもしれません。

また良かったらおいで下さいね。

投稿: つきのみどり | 2005/09/12 23:00

 初めまして。
 私は我が子が持って帰ってくる漢字の答案を見ると情けなくなるのです。字を知らない我が子は言うまでもなく、採点する教員のいいかげんさに「本当にこれでいいの?」と問い掛けたくなります。
私から見て明らかに間違いと思えるものにも○印がついている。我が子は○をもらっているから、それで正しいと思っているのです。
漢字の書き取りに「惜しい!」はないですよ。
 特に小学校は基本的に一人で全科目に近い教科を教えるわけで、その教員の教育ポリシー(あればですが・・)が教科全体に反映されてしまうため、ちょっぴり怖さを覚えます。
 もちろん、きちんと覚えさせるのが家庭の役割であるならそうしますが、学問の基礎的な部分はやはり学校に期待したい所です。ゆとりも必要でしょう、悪いことではないですから。でも間違いは間違いときちんと正すメリハリが欲しいですね。
 どうでしょう?

P.S. 代官山の猫、楽しかったですね。

投稿: ikki | 2005/09/14 13:43

ikkiさん、ようこそおいで下さいました。
常富さんのblogで、お名前はよく拝見
しておりました。

>私から見て明らかに間違いと思えるものにも
>○印がついている。我が子は○をもらっている
>から、それで正しいと思っているのです。

困りましたね…。こういう話、残念ながら
少なからず耳にします。

ご存知かもしれませんが、できれば他の
保護者の方と結束して、保護者会などで
要望を出してみる、という手があります。

それでも改善されければ、公立校なら、
校長、教育委員会、という順番で要望を
出して行きます。これで何も改善
されなければ、その自治体の教育
そのものに問題がある、と思われたほうが
いいかもしれません。

全科を教えるのは、子どもが低学年のうちは
「いろんな面を見て、子どものよさを
引き出せる」点が大きいのですが、反面、
教員の資質に左右される面も大きいのです
よね。だから、高学年になると、中学への
橋渡し的意味も含め、教科担任制を
取り入れるところも出てきています。

教員を糾弾して追い込む、というのでは
なく、「こういったところに目を配って
下さい」とお願いして、改善してもらえたら
良いですよね。

お役に立ちましたでしょうか。
何かありましたら、メールや
ライブでお話できたら嬉しいです。
また良かったらお出まし下さいませ。

投稿: つきのみどり | 2005/09/14 19:22

ありがとうございました。
なるべく時間のある限り公開授業などには出てみたいと
思っております。また、担任と話す機会をみつけて、何ら
かの解決策を話し合いたいと思います。
またお邪魔します。

投稿: ikki | 2005/09/15 16:43

ikkiさん、お返事恐れ入ります。
また何かございましたら、いつでも
ご相談をお受けしますね。

投稿: つきのみどり | 2005/09/15 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/5897529

この記事へのトラックバック一覧です: web連載 第11回目更新:

« 35年目のアンサーソング 「猫」in 代官山2days | トップページ | 強く、まっすぐな母への愛 古瀬陽子さん »