« 幸せのたこ焼き 頑固蛸 | トップページ | メールマガジン、半年ぶりの最新号発行! »

2005/10/09

四角佳子さんSolo Live 元祖・フォークの歌姫 新たな飛翔

blog051009


「ソロライブ、期待しています。
気長に待っています」

こう私が言うと、にっこりと「ありがとう
ございます」。
おけいさんこと、四角佳子さんがそう言われたのは、
先月の代官山の猫のライブでお会いした時のこと。

それが、まさかこんなに早く実現するとは、思っても
みなかった。かつて、「六文銭」で1年だけご活躍、
その後、歌を休まれていた四角さん。5年前にひょんな
ことからまた歌われるようになった。

その、おけいさんの音楽活動を通して、なんと、初の
ソロライブが、10/8に開かれた。きっと、30年前から
「歌姫」に憧れていた方々は、「大人の歌姫」の今日の
お姿をどんなに待ち焦がれていらしたことだろう。

会場は、世田谷区・経堂、住宅街の真ん中にある
カルラホール。普段はクラシックコンサートに主に
使われるところ(世田谷にはこういうホールがいくつか
存在している)。品格があり、おけいさんにふさわしい場。
ただ、目印が何にもなく、ホール、と言っても、一般の
方のお宅の地下室。初めて行く人には結構大変。

小田急線の経堂駅で下車。既にすっかり闇に包まれた、
静かな街並みをとことこ歩く。小田急線の
高架橋に沿って歩く。その高架橋が、空高くそびえ立ち、
闇を更に重苦しいものにしている。

(これでいいのよね…)
シャッターが下りた、小さな自動車店の角を曲がる。
コンビニもある、少し明るい道を歩く。すると、「公文教室」の
看板発見!
(あったー!ここを曲がるんだ)
無事、何の問題もなく、ホール到着。あー、良かった。

会場に入ると、いつもお会いする皆さんが、忙しそうに
立ち働いていらっしゃる。見慣れた光景に、ほっと安心する。

そして、定刻、19:00。サポートの及川恒平さん
常富喜雄さんに続いて、黒のニットとスカート、真珠の
ネックレスでキメた、おけいさんがご登場! 万雷の拍手と
ともに、ライブの幕が開いた。

ライブは、六文銭時代の「ホワン・ポウエルの街」でスタート
(曲はおけいさんご本人)。「夏・二人で」、そして、「スパイ
ものがたり」の一連の曲、と、聞きなれた曲が続いていく。
でも、今日は「おけいさんソロ」。あくまでもおけいさんが
メインボーカル。いつもの曲も、いつもと違う顔で私たちの
前に現れる。おけいさんのさわやかで澄んだ歌声が、
会場いっぱいに響き渡る。

blog051009-B

「今日のライブにあたって、掲示板で
リクエストをいただいたのですが…」
出るわ、出るわ、「さとうきび畑」、「川の
流れのように」、「白い蝶のサンバ」…
会場が笑いに包まれる(私は、「最初なので、
出して下さるものをそのまま受け止めよう」と、あえて
リクエストは出さなかった)。

で、今日は早川義夫氏の「僕らはひとり」(詞・曲は、もりばやし 
みほさん)、島根在住のシンガーソングライター、浜田真理子さん
「残されしもののうた」、そして、アイルランド民謡の「The Water
Is Wide」を披露して下さった。「The Water…」は、おけいさん
ご自身の訳。

どの曲もおけいさんの色に染まり、まるで、前からずっと歌われて
いたかのように、しっくりなじんでいる。さすが、今日の日に
ふさわしい歌ばかり。

ライブ終盤で、「この方と出会っていなければ、今日の私は
ありません」と、小室等さんへの思いが語られる。だから、
アンコールも、小室さんがNHKドラマの「蝉しぐれ」で歌われて
いた、「遥かな愛」。

今、映画も上映中だけれど、NHK「ラジオ深夜便」で、毎週
月曜(火曜未明)0:10頃から、松平定知アナウンサーが
朗読をしている。この朗読が私はお気に入り。そして、
今日のおけいさんの歌声の向こうには、確かに、主人公が
思いを寄せる、凛として美しい「おふく」の姿がはっきりと
見えた。

小室さんは、お仕事でおいでになれなかったのがとても残念。
でも、小室さん、どうぞご安心を。おけいさんは立派に、
「新たな飛翔」のお姿を、私たちに見せて下さった。これからも、
「まるで六文銭のように」、「猫・文銭」、そして、ソロで、と、
その美しい歌声を私たちに聞かせ続けて下さることだろう。

だから、10/8、この日は、おけいさんの「飛翔記念日」。
そう私が確信した時、満場のあたたかな拍手とともに、
ライブの幕は下ろされた。

|

« 幸せのたこ焼き 頑固蛸 | トップページ | メールマガジン、半年ぶりの最新号発行! »

コメント

おつかれさんッ!
浜田真理子って・・現行モデルのアーチストなんですねぇ。
似たような名前が多くて紛らわしいね。

今回オイラは写真のために最前列に座りましたが、音のためには良くない選択でした。
今度は音のことも考えよー♪

あ・・ここの写真・・・デカ過ぎますよ?
ウチのモニターは19ですが、常やんの顔しか出てきません。
リサイズ希望♡

投稿: ポォ | 2005/10/10 07:57

ポォさん、おつかれさまでした。
書き込みありがとうございます。

浜田真理子さんのことは、
「島根在住の話題のアーティスト」と
いうことで、「AERA」で紹介されて
いたのを覚えていました。日本全国で、
いい歌を長く歌っている方がいることに
改めて気づかされました。

写真、直しておきました♪
失礼しました。

投稿: つきのみどり | 2005/10/10 12:04

8日はお疲れ様でした♪
ホントに“隠れ家”でしたね(笑)
開演前寄り道したため別ルートから行ったので、
絶対がこちゃんが居なかったら迷ってたと思うゞ

いつも恒平さんソロや猫文銭で聴いている曲も、
おけいさんが歌うと違った雰囲気で新鮮でした。

月末にはデジカメ購入するので、今度からは写真も撮ろうっと♪

投稿: 春霞 | 2005/10/10 22:00

あ・・・治った^^

「落陽」での恒平氏とおけいちゃんのライヴの詳細がでましたので、「六文銭コミュ」にアップしました。
しかし・・・かなりいつもと様子が違うんですよね。
プロを呼んでのライヴに慣れてないらしいんですが・・・

このままやっていいのかなぁ~なんてチョット心配です。

投稿: ポォ | 2005/10/10 22:09

>春霞さん、ようこそいらっしゃいませ!

お互いに無事ホールにたどり着けて
良かったですね♪
またライブでお会いしましょうね!!
(^0^)/~

>ポォさん

>「落陽」での恒平氏とおけいちゃんのライヴの
>詳細がでましたので、「六文銭コミュ」にアップ

ありがとうございます。m(__)m
ライブの成功を祈るだけですが…
いいえ、成功させられるように
ファンのみんなで頑張らねば!!と
いうところですね。

投稿: つきのみどり | 2005/10/11 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/6324298

この記事へのトラックバック一覧です: 四角佳子さんSolo Live 元祖・フォークの歌姫 新たな飛翔:

» OK's SQUARE <2005.10.10> [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
2005.10.10                   おけいの初ライブ" OK's SQUARE "に参加した。   お馴染みの 猫・文銭 の顔ぶれでは合っても    こんどは全く違うスタンスでのサポート。     結構はじめてのライブの様に緊張したね。       ホールはまさに隠れ家。       誰がこんなところで        ライブが行われていると思うだろう。         初めて聴きに来てくれた人も多いみたいで          そ... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 16:10

« 幸せのたこ焼き 頑固蛸 | トップページ | メールマガジン、半年ぶりの最新号発行! »