« ライブ「おけいと恒平」 おふたりの30年間の歩み | トップページ | web連載「教育カフェテリア」 第15回更新 »

2005/11/07

中西保志さん最新CD「PROCEED」 泣いて、泣いて、泣いて、でも、「前進」

blog051107

新作が出るのはいったい何年ぶり
だろう。中西保志さんの最新
アルバム「PROCEED」を手に入れた。

彼の名前をうろ覚えの人でも、代表曲が
「最後の雨」だと言えば、ピン、と来る人も
多いだろう。

かつては大手レーベルと契約していた彼も、契約が
切れて以来、ライブでの活動が中心となっていた。
でも、そのライブも数年間途切れていたり、単発的
だったり、と、ファンとしては心もとない日が続いていた。

そんな彼を支援しているファンの声が届いたのか、
公式サイト開設、小椋佳さんの和製ミュージカル
「ぶんざ」への主演(出演、ではない、主演。
=メインキャスト)、ライブの定期化、と、ファンに
とっては嬉しい動きが続いていた。

そんな中での、待ちに待ったアルバムの発売だった。
当分はライブ会場でも買えるようなのだが、先月末の
ライブに行けなかったので、取り急ぎ、公式サイトの
通販で買うことにする。

申し込んで2日後の11/3。もう、我が家にCDが
届いた!!事務所の皆さんの、すばやい対応にただ
感謝。早速、でも、CDケースに傷をつけないよう、
慎重に封を切る。

CDは1枚ずつビニールにくるまれて、丁寧に梱包
されていた。今月中に買うと、直筆サインがついて
くる、とのこと。CDと同じサイズの小さな色紙に、
直筆サイン。

この頃アーティストの皆さんから直筆サインをいただく
ことが多かったので、サインがいただけるのが
当たり前、的な「サインぼけ」していた気がする。でも、
改めて中西さんが思いをこめて書いて下さったこの
サインを見て、「直筆サインがいただける幸せに
感謝しなくちゃね」という思いをかみしめた。

早速プレーヤーにかける。クレジットと歌詞を追い
ながら、丁寧に聞いていく。出来上がってから、
CD化の前にライブで歌って下さった曲もあるので、
初めて耳にするものばかりではない。ライブの日の、
感動の記憶の糸をたぐりながら、耳を傾ける。

6曲のミニアルバムに、アレンジャーが4人いる。
それぞれの個性が出ていて、サウンドに広がりが
出ている曲もあれば、シンプルな曲もある。

内容も、スタンダードの「She」、初CD化の「短い夏」、
「サヨナラが待っている」(3年前のライブで初披露
されている)などの4曲、そして、「最後の雨」2005年
バージョンまで。だから、ミニアルバムでも聞きごたえ
充分。

「最後の雨」は、光田健一さんがアレンジしている。
光田さん、と言えば、スターダスト・レビューで一時期
正式メンバーだった方。小田和正さんのコーラスに
参加したり、最近ではラグフェアのアレンジも
手がけているという。

スタレビのステージ、実は2回、見ている。
1度は三谷泰弘さんがいた、最後のツアー、そして、
その次が、三谷さんが抜けた、4人のスタレビでの
最初のツアー。

その4人のスタレビでの初ツアーで、実は、光田さんが
サポートメンバーとして参加していた。だから、私は
かつて彼のキーボードを聞いたことがある、ということ。
でも、強い印象は残っていない。三谷さんに代わって
サポートが入った、ということしか覚えていない。

でも、今回の中西さんのCDで、ピアノが際立った
メロディーを聞いていて、気がついた。彼のピアノは
とてもドラマティック。感情たっぷりの情熱的な演奏。
以前聞いた、端正なピアノの山崎のりまささんとは
また違う良さがある。

光田さんのピアノを聞いていると、中西さんが、
スタレビの「夢伝説」、「今夜だけきっと」を歌ったら
どうなるんだろう、なんていう想像も膨らむ。

CDを通して聞いていて、「このアルバムは、大人の
悲しい恋愛が太い柱になっている」ことに気がついた。
「最後の雨」はもちろん、今までの作品でも、
「LAST CALL」など、悲しい大人の恋愛を切々と
歌った歌が多い。

そもそも、はるか千年の昔から、恋愛の和歌は、
ラブラブムード満点のものよりも、「こんなに逢いたい
のに、あの人とは逢えない」、「別れの予感がする」、
「愛しても愛しても報われない」といった、切ない
もののほうが人々の共感を誘ってきた。そういう点
から見れば、中西さんの歌は、「恋愛の歌の王道」を
ひた走っている。

短歌や詩なら、内容だけで人の胸を打つ。でも、
それを「口に出してうたう」となったら、相応の実力が
伴っていなければならない。だから、悲しい大人の
恋愛を堂々と歌い上げる歌手で、今の日本では
中西さんの右に出る人はいない、私はそう考えている。

ここまで考えて、ふと、CDのタイトルを改めて眺める。
タイトルは、「PROCEED」、つまり、「前進」。

(そうか!!)
私の頭で一瞬にしてイメージがつながり、そして、
同時に、体には鳥肌が立った。

どんなに悲しい恋愛をしても、つらいことがあっても、
人は、命ある限り、明日を迎えねばならない。
でも、命がある、ということは、実は幸せなこと。

だから、このCDには、「泣いて、泣いて、泣いても
明日が来るのだから、涙を拭いて前進しよう」という
意味がこめられているのではないだろうか。「どんなに
長く暗い夜でも、明けない夜はない」のだ。

いつかは、その悲しみを遠い思い出とできる日が来る。
だから、「泣いてもいいよ、でも、次はきちんと前に
進もうよ」という中西さんのメッセージが伝わってくる。

次に彼に会えるのは、いちばん早くて、12月の横浜。
さぁ、どんな「前進」のメッセージをまた私たちに
送ってくれるのだろう。

|

« ライブ「おけいと恒平」 おふたりの30年間の歩み | トップページ | web連載「教育カフェテリア」 第15回更新 »

コメント

はじめまして。
ロゼッタストーンWEBから参りました。
ロゼッタの弘中社長の後輩です、ヤマモトと申します。
以前弘中社長と一緒に働いていました女性誌で、
中西保志さんと、沢田知可子さんの連載を担当しておりました。なぜ中西さん、沢田さんだったかというと・・・私がおふたりの大ファンだったからです。そしておふたりとも大人の恋を語らせたら素敵だろうと確信して、企画を通してしまいました。ロゼッタの「教育」を何気なくクリックして、いきなり中西さんのCDが目に飛び込んできて、びっくりしました。


実は私も今日、このCDを聴いたばかりだったのです。
(なんともすごい偶然だとひとりでドキドキしています)

中西さんの舞台「ぶんざ」も昨年、おととしと拝見しました。
つきのみどりさん、いきなりあれやこれやとお話してすみません。

中西さんのCD評、私も同じような気持ちで聴いておりました。大人だからこそのせつないラブソングがあるのではないかと感じる一枚でした。

いきなりですみません。
これからもこちらに遊びに来てもよろしいでしょうか?

投稿: ヤマモト | 2005/11/07 20:25

ヤマモトさん、はじめまして。
弘中社長さんの後輩でいらっしゃるの
ですね!
月刊誌の連載、覚えています。
そうですね、弘中さんがいらした
会社の雑誌でしたものね。
すごいご縁です、私も嬉しいです。

中西さんと沢田さんは、「幸せの
ドア」というデュエット曲も出されて
いましたよね。私はまだこの曲は
生で聞いたことがないので、いつか
聞いてみたいのですが…

「ぶんざ」、舞台は大体母と観るのですが、
母は感動して大粒の涙をこぼして
おりました。

中西さんのお話ができる方が
増えて嬉しいです。
中西さんの記事は、「音楽」
カテゴリーにいくつかあります
ので、良かったらご覧下さい。

また、グーグルなどで
「最後の雨」と検索すると、
私のブログが上位に来ると思います。

(ちなみに、「ロゼッタ」関係で
言うと、web連載をされている
川島佑介さんは、アマチュア時代に
「最後の雨」がお得意だったようです。
川島さんも大変な実力をお持ちです)

>これからもこちらに遊びに来ても
>よろしいでしょうか?

もちろん、またいつでもおいで下さいませ!!

投稿: つきのみどり | 2005/11/08 19:07

つきの様
うれしいお返事、本当にありがとうございました。
「幸せのドア」は、SAYでの連載のあと、いつの間にかできあがっておりました(笑)私は2度くらい、生で聴きました。ものすごいオーラで圧倒されたことを覚えています。


これからも遊びに参ります。
よろしくお願いします!

投稿: ヤマモト | 2005/11/09 08:45

ヤマモトさま、再びありがとうございます。

>「幸せのドア」は、SAYでの連載のあと、
>いつの間にかできあがっておりました(笑)

この曲は連載から生まれた副産物とも
言えるのかもしれませんね。素晴らしい
副産物を生むきっかけを作って下さり、
感謝しています!

またどうぞおいで下さいませね。

投稿: つきのみどり | 2005/11/09 19:05

はじめまして。
海外からの中西保志さんのファンです。
このアルバム本当に稀少だね。
私もいつも探してる、でも、ない。
中西さんの曲、すべでいいですね、
最初の"愛しかないよ""最後の雨"
あと最近の"秋日傘"も

投稿: AkizoraMineko | 2017/09/06 21:51

>AkizoraMinekoさん

こんにちは、海外からの
コメントありがとうございます。

このアルバム、今は手に入れるのが
難しいのですね…ダウンロードできる
ようになると良いのですが。
ご関係者の皆様、ご検討をよろしく
お願いします。

私は今、中西さんのライブには足を
運ばなくなってしまいましたが、
中西さんには、素敵な歌を今後も
歌ってほしいと思っています。

投稿: つきのみどり | 2017/09/07 20:03

お久しぶり、AkizoraMinekoです。
最近、このアルバムついに購入しました。
中古盤です サインもある。
ほんとに嬉しいw

投稿: AkizoraMineko | 2017/10/15 13:29

>AkizoraMinekoさん

こんにちは、再度のコメント
ありがとうございます。
アルバム買えたのですね、
良かったですね!
ぜひじっくりお楽しみくださいね。

またいつでも、おいでくださいね。

投稿: つきのみどり | 2017/10/15 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/6943526

この記事へのトラックバック一覧です: 中西保志さん最新CD「PROCEED」 泣いて、泣いて、泣いて、でも、「前進」:

« ライブ「おけいと恒平」 おふたりの30年間の歩み | トップページ | web連載「教育カフェテリア」 第15回更新 »