« NHK フォーク大全集 絶えることなきフォークの流れ | トップページ | 「猫」&「ザ・リガニーズ」 また弾き始めた、感動 »

2006/01/29

雑誌「BRIO」 もしも楽器が”また”弾けたなら

BRIO


ただ今発売中の雑誌
「BRIO」

今月買ってきた理由は、表紙が稲垣潤一さんだから!

今年25周年の彼、ライブにTVに、と、新年早々
お忙しい日々を送られている。昨年末には
25周年のCDも発売された(←このCDの話は、また
近いうちに)。

大手書店の目立つところに平積みされている山から
「BRIO」を取り、レジに持っていく。そのまま家に
持ち帰り、すぐにページをめくる。稲垣さんと、
同じく表紙の井上和香さんの対談に、ふんふん、と
頷く。

でも、今回、稲垣さんの記事と同じくらい私が心
ひかれたのは、「もしも楽器が弾けたなら」という
特集だった。

大人たちが、昔憧れていて、手が出なかった
楽器も、今なら買えるということか、Martin、
Gibsonのギターや、東京と関西の有名楽器店の
紹介記事が目に飛び込む。

高校時代の同級生が25年ぶりに組んだバンド、
そして、「飛び入りできるライブハウス」。

ミュージシャンに憧れた青春の日々。でも、現実は
そんなに甘くない。受験、就職、さまざまな理由で
音楽を”卒業”したあの日。

その後は、社会の荒波にもまれ、仕事に精を出す
毎日。昔のことなんて、これっぽっちも思い出して
いる暇はない。

だけど、不惑を過ぎ、ふと人生を振り返る。そんな時、
思い出す、青春の”音楽漬け”の日々。
(またあの日のように弾きたいな…)

昔手に取った楽器のほこりをはらったり、そして、
新しい楽器を手にしたりして、少しずつ昔のカンを
取り戻す毎日がやってくる。

世の中には、この年で楽器をはじめて手に取る方も
いるのかもしれない。でも、記事を読んでいる限り、
出てくる方はみな「昔取った杵柄」をもう一度
振るいたい、という方ばかりだった。

|

« NHK フォーク大全集 絶えることなきフォークの流れ | トップページ | 「猫」&「ザ・リガニーズ」 また弾き始めた、感動 »

コメント

数年前、かぐや姫の再結成のニュースに触れ。ギターを取り出しました。弦を張り替えました。
アタマの中では分かっているのに、指が思う様に動いてくれません。これは、かなりもどかしかった。
特に、左の人指し指は、完全に弦を押さえる事が出来ない状態になってしまった。毎日、フライパンを握っているので、その影響みたいです。リハビリが必要です。

投稿: ジキル・ハイド | 2006/01/29 03:54

>ジキル・ハイドさん

お返事お待たせしました、
失礼しました。
毎日、いいえ、2日に1回でも、
少しずつでも練習すれば、
きっと昔のように弾けるはずです!

あせらず頑張って下さいね。
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/01/30 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/8390068

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「BRIO」 もしも楽器が”また”弾けたなら:

« NHK フォーク大全集 絶えることなきフォークの流れ | トップページ | 「猫」&「ザ・リガニーズ」 また弾き始めた、感動 »