« 演劇集団キャラメルボックス『クロノス』横浜公演 愛しい人への想いは、神の心をも動かす | トップページ | web連載 第19回更新 »

2006/01/24

「猫」Live in 落陽 全てを知り尽くした優しさ

blog060124-A


「猫」の2006年のライブは、
1/21、荻窪の「落陽」から
始まった。

ライブ当日、東京はこの冬初めての本格的な雪に
見舞われた。朝からしんしんと雪が降り積もる、
静かな土曜日。「猫」ライブに、これ以上ないほど
ふさわしい日。

開場少し前、お店に着く。
中央線が雪で間引き運転、
いつもより時間がかかった。
リハーサルを終えたメンバーの
皆さんと鉢合わせになる。

雪を払い、中へ入る。
(わぁ…)


blog060124-B


いつも張ってあるポスター類が
きれいにはがされ、代わりに、
「猫」の全てのシングルとLP
ジャケットのカラーコピーが張られている。

メンバーの皆さんに、心ばかりの
手作りケーキの差し入れもする。雪だから観客の
皆さんの出足は遅く、ぽつりぽつりと現れる。
次第に埋まって行く店内。そして、17:10、定刻から
10分遅れて第1部のライブがスタートした。


blog060124-C


「時の贈り物」、「たどりついたらいつも
雨降り」のメドレースタートは、12/16の
原宿と同じ。「人生なんてそんなものさ」、
「僕のエピローグ」と続く。
涙ぐんでいる往年のファンの方も見える。

「昼下がりの街」、「おとぎの国へ」と、最近
レパートリーに復活した曲も並ぶ。「恋は恋」、
「♪僕は54才…」と大汗をかく石山さん!石山さんは
茶色のシャツも「ヒロシみたい」と言われ、「体育会系・
縦社会」の猫でのつらさを今年も一身に背負って
いらした(ちなみに、あまりに不評だったからか、
第2部では黒のシャツにチェンジされていた)。

「これは、何枚目のシングルだったっけ」…と後ろの
シングルジャケットのコピーを見ながら話される、
常富さん

こうして全部のシングルジャケットを見ながら、今の
「猫」の皆さんの歌を聞くと、月並みながら、昔の
足跡、それぞれの人生の歩み、それが全て積み
重なって今の「猫」があるのだ、と思わずにはいられない。

30年、紆余曲折のそれぞれの人生を経てきた「猫」の
サウンドは、時に力強く、時に切なく、時に楽しい。
このサウンドのベースになっているものは、きっと
「全てを知り尽くした大人の優しさ」なのだろう。この
優しさが、どの曲にも基調となって流れている気が
する。

「Namida」、「渚に残したもの」と今の名曲、そして、
「各駅停車」、「雪」と新アレンジの昔の名曲が交互に
並んでいく。こうして第1部は無事終了。

観客の入れ替え、1時間の休憩を挟んで、第2部スタート。
「時の贈り物」、「たどりついたらいつも雨降り」のメドレー
スタートはさっきと同じ。ただ、「歩いていようね」、と、
その後の選曲が微妙に違っていく。さっきは「恋は恋」で
大汗をかいた石山さん、今度は「ある雨の日の情景」で
また大汗をかきかきのボーカル。

第2部のラストは、「What a Wonderful World」。内山さんの
このボーカル、聞くたびに感じるけれど、どこかのCMで
使っていただきたいなぁ、と思わずにはいられない。

でもやっぱり、その後「Sanfrancisco Bay Blues」で、
大盛り上がりのうちにライブは終わり、皆さんとの
打ち上げになだれこんだ。北海道のファンの方からの
差し入れの毛ガニにも、舌鼓を打つ。

私も、久々に元ザ・リガニーズの吉田さんとお話をして、
ゆったりと流れる時を楽しんだ。吉田さんの穏やかで、
的確なお話はいつも敬服してしまう。私もこういう方の
良さを少しでも見習えたら、といつも思う。

ひとしきりお話を楽しんだ後、雪のすっかり上がった
道を、家路についた。

ライブ翌日、記事の載った「毎日新聞」。新聞には、
「関西や九州でのライブも予定されている」とある。
全国の皆さん、大人の「優しさ」あふれるライブ、
どうか首を長くしてお待ちあれ!


blog060124-D

|

« 演劇集団キャラメルボックス『クロノス』横浜公演 愛しい人への想いは、神の心をも動かす | トップページ | web連載 第19回更新 »

コメント

なんで・・「スタッフパス」ぶら下げてんのかな?っておもってたけど・・・そういうことだったんですね(微笑)

ご苦労様でした。
イベントを作るって・・楽しいけど、いろんな細かいトコロが気になったり・・・誰も気付かないようなトコロまで心配で仕方ないですよね。
これ以上は入れないくらいにイッパイで良かったですね。
雪の中、来てくれた人達も満足して家路についたに違いありません。

新聞はもう出ちゃったの?
関東版らしいから確認できないけど・・・出てるなら取り寄せます。

投稿: ポォ | 2006/01/24 06:31

お気に入りのアーティストの唄を聴く
聴いたら唄いたくなる
楽器を弾いてコピーしたくなる
そのうち参加したくなる

わかるなあぁ、その気持ち。
スイッチが入って導火線に火が点いたって
状態かな?
まだまだもっと燃えようぜ!

投稿: みっきーパパ | 2006/01/24 12:52

>ポォさん

雪の中お疲れ様でした。m(__)m

新聞ですが、1/22付の「毎日」むさしの版
(多摩地区)に出ました。お問い合わせ
なさってみて下さいね。

投稿: つきのみどり | 2006/01/24 19:19

>みっきーパパさん

毛ガニ、ごちそうさまでした。(^0^)
おいしくいただきました。m(__)m

投稿: つきのみどり | 2006/01/24 19:27

こんばんは。
落陽Liveの様子よくわかりました。
ありがとうございます。

27日にはまたお会いできますね。よろしくです。

投稿: ikki | 2006/01/24 22:02

>ikkiさん

きっとおいで下さると思っておりました。
(^0^)

27日にお元気でお目にかかれるのを
楽しみにしております!!

投稿: つきのみどり | 2006/01/24 23:42

今頃、って感じの書き込みで、すみません。

いろいろとお疲れ様でした。
雪の中、大変でしたね。
あの雪では、わたしはたどりつけなかったでしょう、たぶん。

あとひと月ほど、ふゆごもりの予定。

3月以降のライブには行こうと思っております。

ところで、レコードジャケットなんですが、一番左端の黒い猫、いったいなんでしょうか。
知りたかったもので、つい書き込んでしまいました。
では、失礼します。

投稿: とむ=^_^= | 2006/01/27 23:14

>とむ=^_^= さん

ようこそおいで下さいました!!
さて、お尋ねの「黒い猫」の
正体について、お返事致します。
---------------
「人生なんてそんなものさ
/あなたの心に愛が生れた時」
(1972/03 東芝EMI・EXPRESS)

「猫」の"幻の"デビュー曲。所属事務所の
関係から、これのみ東芝EMIより発売。
2枚目~8枚目はすべてCBS/SONY・
Odysseyより発売される。
唯一、メンバーの顔写真が使用されて
いない1枚。
---------------

またお目にかかりましょう!よろしく
お願いします!

投稿: つきのみどり | 2006/01/28 18:20

ありがとうございました。

そうでしたか。
持っていませんでした。
残念。

クローバーシリーズという4曲入りEPを2種類持っていますけどね^^

投稿: とむ=^_^= | 2006/01/29 01:47

>とむ=^_^=さん

お返事恐れ入ります。
「クローバーシリーズ」、
わが家にもありますよ!
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/01/29 02:42

またまた、ありがとうございます。

で、このシリーズは2枚ですか?
3枚目はないのでしょうか。

実は「各駅停車」と3枚目「猫あなたへ」、持ってないんです。
(ノ_-)クスン

そうそう、クローバーシリーズの「雪」の入っている方、ジャケットの常富さんはアイドル担当だったのでしょうか^^


投稿: とむ=^_^= | 2006/01/29 06:51

>とむ=^_^= さん

お返事、お待たせして
失礼しております。

また追ってご報告します。
もう少しお待ち下さいませ。
m(__)m

常富さんは一時期「アイドル的
ショット」ご担当でいらした
ようですね!

投稿: つきのみどり | 2006/01/30 22:13

調査の報告楽しみにしております。

>常富さんは一時期「アイドル的
>ショット」ご担当でいらした
>ようですね!

これって、本当の話ですか。

常富さんに聞いてみたいな。

投稿: とむ=^_^= | 2006/02/01 07:00

>とむ=^_^= さん

大変長らくお待たせ致しました。

----------------------
1.(クローバーシリーズの件)
現在確認されている「クローバー・
シリーズ」としての発売は、

Ⅰ 雪・おとぎの国へ/
  地下鉄に乗って・僕の庭(SOLD29)
Ⅱ バラ色の切符・戻ってきた恋人/
  各駅停車・昼下がりの街(SOLD39)

以上2枚のみのようです。この他に、
コンパクトEPとしては、
「雪・地下鉄にのって・各駅停車・
バラ色の切符」
以上が収録される"FOLK BEST HITS"と
題された1枚がありますが、コード番号から
みて、クローバーシリーズとは別種です。

2.(常富さんの「アイドル的ショット」の件)
往年の音楽雑誌(「新譜ジャーナル」、
「GUTS」など)を見ると、?な企画が
多くありました。以前、常富さんに
伺ったところ、「昔はいろいろあった
からね…」とのお返事でした。

----------------------

以上です。また何かありましたら
お立ち寄り下さいませ。

投稿: つきのみどり | 2006/02/02 22:32

詳細な情報、ありがとうございました。
またライブでご一緒できる日を楽しみに
しております。

投稿: とむ=^_^= | 2006/02/03 18:58

>とむ=^_^= さん

お返事ありがとうございます。
今度、ライブ、ご一緒に
楽しみましょうね!

投稿: つきのみどり | 2006/02/03 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/8306885

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫」Live in 落陽 全てを知り尽くした優しさ:

» 猫 落陽Live <2006.1.23> [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
2006.1.23                   2006.1.21 猫 落陽Live    三日ほど前から雪の予報が出ていた。    最近は雪の予報は比較的当たると思っていたから     覚悟はしてたけど,      目覚めたら雪景色が広がり       しきりに降り続いていた。   今年は雪に泣かされているニュースが多い中,    きっと僕達にとっては象徴的なのだろう。     滑って骨折などしないよう  ... [続きを読む]

受信: 2006/01/27 11:10

« 演劇集団キャラメルボックス『クロノス』横浜公演 愛しい人への想いは、神の心をも動かす | トップページ | web連載 第19回更新 »