« web連載 第22回更新 | トップページ | 及川恒平さん&渋谷毅さんLive キャリアのかもし出す音 »

2006/03/18

SHAKE THE MUSIC公録 一流の実力

blog060318-A

3/16、BS朝日「SHAKE
THE MUSIC」
公開録画に
新木場まで出かけた。

この番組は、毎週土曜日22時から
放送されている。昨年10月スタート
した、ムッシュかまやつ氏を案内人に、
「音楽の宝物」を届ける番組。毎月1回、
新木場にあるスタジオで公開録画され、
録画の翌月の1ヶ月をかけて放送されていく
Gyaoで無料配信もしている)。番組は、
募集期間内に応募して、当選すれば無料で
観覧できる。ただし、ドリンク代500円のみ必要。

放送開始直前の昨年9月、この番組の第1回に
中西保志さんが出る、ということで、事務所から
ファンに案内のメールが届いた。喜んで日付を
見ると…その日は9/29、猫のCD「猫5」発売
記念ライブの日!!行けるわけがない。
泣く泣くあきらめた。

それから半年、季節は秋から冬を過ぎ、そして、
春になる。この番組のことを私は忘れず、家に
いる時はたいてい見ていた。そして、この番組に
猫が出演、という情報が届く。今回は何もない、
早速応募。そして、当選通知を受け取った。

blog060318-B

春の嵐が吹き荒れる中、
新木場のSTUDIO COASTへ向かう。
ひさびさのひどい雨、会場
整理も難儀そう。観客の
皆さんも、雨の間隙をぬって次々にやって来る。

スタジオの中に入ると天井が高く、巨大スピーカーが
天井にたくさん取り付けられている。館内を歩くと、
今日は使われていないけれど、クロークがあるのにも
気づく。
(ここ、この番組の収録以外は何に使っているのかな)
来場者に渡されたパンフレットを見て、全てがわかる。
週末はここはageHaというクラブとして使われているのだ!
(クラブ営業の日は、渋谷から臨時バスも出るらしい!)

19:00、予定通りにライブはスタート。
トップバッターはCO-KEY(コーキ)、ヒップホップの
アーティスト。DJやダンサーを連れて派手にキメて
歌い、踊る。客席もノリノリ…と言いたいところ
だけれど、客層の大半が、「ヒップホップ?!」という
感じの方で、皆さんただじっと見ている、という感じ。私は、
(立って踊ろうかな)とも思ったが、そんな人は
どこにもおらず…手のアクションだけで参加。

でも、そんな中で威勢よく、ナイスなライブを見せて
くれた。生徒たちに聞かせたら喜ぶかな、などと
思っているうち、あっという間に終わってしまった。

1組のライブ時間は、約30分。スタッフさんがおおぜい
出てきて、次のアーティスト用のセッティングをしていく。

続いては、猫のご登場。今日はゲストに大野真澄さん
いらっしゃり、途中でセッション(これは、番組
プロデューサーさんのたってのご希望だったらしい)。
「あなただけを」、「学生街の喫茶店」でボーカルさんの
歌声と猫のハーモニーの美しさが響き渡る。

今日は嬉しいことに、「地下鉄に乗って」や「雪」だけ
ではなく、新曲「カフェ・マンゴスチン」の初披露、
そして、「常春」の無料ダウンロード開始のお知らせも
出る!(このサイトでは、先日ライブに行った、
川島佑介さんの曲もダウンロードできる)ムッシュとの共演も、思いがけないプレゼントで嬉しかった。

3組目に出てきたのは、アナム&マキ。アナムさんは、
河島英五さんのお嬢さんということで、名前だけは
知っていた。
今日は、誰がお目当てだったにせよ、このふたりに
度肝を抜かれて帰った方が多いだろう。パワフルな歌と
ハーモニー、そして、マキさんの力強く大胆なギター。
音だけ聞いていたら、ベースなのかと錯覚する人が
いてもおかしくない、太い音が響き渡る。

私の近くで見ていた方は、「あれはPAで出している
音か」などと言っていたが、そんなわけ、ない!

そして、まっすぐに力強く生きていこう、という
メッセージのこめられた歌詞。中島みゆきさん
カバー「ファイト!」も、これ以上のカバーをするのは
難しいかな、という力強さ。そんな歌が、思いがけず
私の心をぐらぐらと揺さぶった。彼女たちの音を
未体験の方は、番組を楽しみにしていただきたい。

そして、今日のトリは森山良子さん。観客は、
この方お目当ての方が目立っていた。場所を
意識してか、今日の衣装の黒のジャケットに
デニムのスカートがよくお似合い。

楽しそうに、最新アルバムの韓流カバー曲や
大ヒット曲を歌っていかれる。「涙そうそう」や
「あなたが好きで」で、森山さんの、いつまでも
美しい声と、人生を積み重ねてきた方にしか
出せない、味わいある詞の世界に、私も含め
多くの観客が涙を流していた。

そして、いとこ同士のムッシュ氏との
セッションが見られたのも、貴重で楽しい
ひとときだった。

全てのライブが終わったのは、22時過ぎ。
外はちょうど風雨のピーク、帰りに難儀した
方ばかりだっただろう。
でも、そんな天気の中でも、私の心は明るい、
前向きな、生きる希望で満ちていた。

受け取ったパンフレットから、この番組は、
プロデューサーさんの判断で出演交渉をして
いるように感じた。ここに出る方は、若手も
ベテランも、素晴らしい実力、そして、聞く人を
感動させられる力を持っている方ばかり。
そんな方々のパワーを受けると、こちらにも
パワーがみなぎってくる。こういう番組は、
絶対に長く続いて欲しい。

この日の収録分の放送は、来月になってから。
でも、今日18日、半年分の総集編が2時間に
渡ってオンエアされる。その中には、
中西保志さんの映像も入るらしい。
いちどもご覧になったことのない、視聴可能な
方は、まずはそちらでライブの片鱗を
ご覧いただけたら、と思う。

|

« web連載 第22回更新 | トップページ | 及川恒平さん&渋谷毅さんLive キャリアのかもし出す音 »

コメント

お久しぶりです。
いつも、つきのさんのHPを興味深く読んでいます。
先日の「学校の先生」について書かれていた内容に対して、コメントを書きたいと思いながら、なかなかペンが進みません。(今はキーボードが進みませんとでも言うのでしょうか)
さて、今回のお話、とてもうらやましく読みました。やっぱり東京はいいなって。愛知県でこんなプログラムは開催されないですよ。この間のNHKホールのように、わざわざ東京まで出かけていかないと触れることが出来ません。
NHKの催しものは、毎日のようにチェックしていますが。
しばらく、東京に単身赴任もいいかなーって思ってしまいます。

投稿: 愛知県のとっつぁん | 2006/03/19 22:14

>愛知県のとっつぁんさん


こんにちは、コメントありがとう
ございます。
(でも、ここはブログで、
厳密にはHPではありません、
よろしくお願いします)


愛知県は、東京にも関西にも
ちょうど中間点なので、
こういった催しは開かれにくい
のかもしれませんよね。
(大阪だと、地元のFM主催の
イベントなどがあるようです)


単身赴任も良いですが、お子さんの
思春期に重なると、残した
ご家族に、心身両面で負担を
かけてしまうことがありますよね。


お子さんの進学や就職に東京転勤が
重なって、一緒に住みながら
親子のつながりを深める場合も
あるようですし、「ご自分と
ご家族にとって何が幸せか」を
お考えになるのがよろしいかと
思いますが…
僭越で失礼しました、また
いつでもおいで下さい。

投稿: つきのみどり | 2006/03/20 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/9140443

この記事へのトラックバック一覧です: SHAKE THE MUSIC公録 一流の実力:

» 猫 Shake The Music に出演 <2006.3.5> [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
 2006.3.5           猫 第7回「Shake The Music Live」出演     テレビが続いてるね。     どう考えてもビジュアル系ではないんだけど。      嬉しい話です。       まだまだ珍しい存在らしい。        でも大人の音楽番組がきちっと存在してる事が         素晴らしいではないですか。          招待制なので是非ご応募を。           顔ぶれもなかなか奥深いものがある。            また学ぶ機会をもら... [続きを読む]

受信: 2006/03/18 03:16

« web連載 第22回更新 | トップページ | 及川恒平さん&渋谷毅さんLive キャリアのかもし出す音 »