« web連載 第24回更新 | トップページ | 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング »

2006/04/17

三叉路 Live in 落陽 等身大のフォークソング

4/15、落陽三叉路のLiveが行なわれた。

私が彼らの歌を初めて聞いたのは、確か今年
はじめのNHK「熱唱オンエアバトル」。彼らの
歌が画面から流れてきた時、
(あっ、うまい!その辺のプロの駆け出しとは違う)
と、すぐに感じた。この日、彼らは出場者中
トップの成績だった。私が聞いたのは「コトコト」と
いう曲。

そして、3月のチャンピオン大会にも彼らは出場、
なんと第2代のグランドチャンピオンになった。

そんな三叉路のメンバー、松井さん・川田さん・
混×××(こん)さんのうち、松井さんと川田さんが
よく落陽に出入りしているのだと言う。だから、
まだプロとしてキャリアの浅い彼らにとって、
落陽は数少ない「ホームグラウンド」的スペースだろう。

ライブ開始20分ほど前に、お店に入る。前のほうには
三叉路の熱心なファンが所狭しと座り、いつもの
落陽よりもぐっと若やいだ雰囲気がお店に満ちて
いる(いつもは私の年齢くらいが最年少)。
あどけない少年を連れたお母さんの姿も目に止まる。

そして、20:00過ぎ、3人が出てきて「れんげ荘」、
「二人の時間を探そうよ」でライブが始まる。
三人の丁寧な歌い方、ハーモニーの美しさが
とてもよく響く。川田さん、混×××さんの
ギターも冴え渡る。
(テレビで見た時と同じ、とっても上手!)

Blog060417a_1


松井さんを中心に
MCが進む。3人の
「怖い話」から、
「♪ただ あなたの優しさが怖かった…」と
いうことで、「神田川」。

「神田川」の詞は、二十歳そこそこの頃よりも、
今くらいになってからのほうが心にしみわたる。
もっと年を重ねた時に聞くと、どんな風に
聞こえるのだろう。

その後はしっとりムードから一転、「ミッドナイト」で
都会の暑苦しい夏のつらさを、声張り上げ歌ったかと
思うと、「Step」では前のほうのファンの皆さんは、
サビで振りをつけつつ、一緒に歌っている。

Blog060417b


ライブ中盤、NHKの
オンエアバトルに
出るようになった
きっかけが語られる。

井の頭公園で3人で歌っていた時に、
NHKのプロデューサーから声をかけられた
こと、出てみたら思いのほか順位が低かった
こと、でもプロデューサーさんから高く
評価されたこと、そして、去年のグランド
チャンピオン大会では5位だったこと…。

この全てをばねにし、そして、糧にして日々を
過ごしてきたからこそ、三叉路は今年、グランド
チャンピオン大会で優勝できたのだろう。だから、
今の彼らの歌やMCに、今までの悔しさや努力が
ぎっしり詰まっている。

そして今、三叉路は全国でのライブに向けて
忙しい毎日を送っている。そんな中作ったという
新曲「恋のまま」、そして、「僕の小さな世界」、
「コトコト」と歌い上げる。さっきまではしゃいで
踊っていたファンも、静かに歌の世界に浸っている。

アンコールは「三叉路」、「やけに星が見えるから」で、
みな大いに盛り上がり、正味90分ほどのライブを
終えた。

三叉路の歌は、「若者の等身大の世界」。もちろん、
その全てが三叉路の実体験に基づいているとは
思わない。ライブ後、川田さんと話をしても、
「全部が実体験ではない」と言われていた。

でも、きっと、三叉路の皆さんは、彼らの考える
「若者の日常」を切り取り、歌っている。恋あり、
涙あり、青春のつらさあり。だから、聞く人は
そのうちのどれかで、「こんな風に、俺の、私の
気持ちを代わりに歌ってくれる」と思うのでは
ないだろうか。

これを読んでいるそこのあなたも、ぜひ彼らの
曲を一度聞いてほしい。きっと「こんな気持ち、
感じたなぁ」と思う作品に出会えるはずだから。

ライブ後、丁寧にファンひとりひとりを回って
話をする三叉路の皆さん。誠実なお人柄と、
ファンを大事にしよう、という気持ちがしっかりと
伝わってくる。そんな皆さんとのおしゃべりは、
深夜まで続いた。

三叉路の「若者の等身大のフォークソング」は、
きっとこれから、少しずつ多くの人の心に届く
だろう。そして、三叉路は、落陽と一緒に、
今後大きく伸びていくのではないだろうか。

そんな予感を感じさせる、落陽での夜だった。

|

« web連載 第24回更新 | トップページ | 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング »

コメント

みどりさんは、いろいろなジャンルに興味をお持ちなんですね。
フォークソングとか、けっこう年輩(失礼!)の方が好む歌も、若いみどりさんは好きなんですね。
コメントするのは久しぶりですが、レポートをいつも興味深く拝見しています♪

投稿: れいん | 2006/04/18 14:54

へぇ~「サンサロ」って読むの?

聴いてみたいですね。

どこかで・・・ぜひ。

投稿: ポォ | 2006/04/18 17:35

>れいんさん


こんばんは、私こそいつもブログ
楽しみに拝見しております。


私とフォークソングとの出会いは、
小学校高学年の時のオフコース
でした。その時は「YES-YES-YES」が
はやっていて、そこから遡って
聞いていました。※以前ブログでも
書きました。

(↑小学生でオフコース、
やっぱり、ませくれてますね…)
(^^;;

フォークソングは、私と同世代、
その下の人が「親から聞いた」と
いうことで新たなファンにも
なっているようですよ。

投稿: つきのみどり | 2006/04/18 22:49

>ポォさん

こんばんは、そうです、
「さんさろ」と読みます。
ぜひとも一度ライブを
ご覧下さいね!
(全国各地で、無料
ライブの予定があります)

投稿: つきのみどり | 2006/04/18 22:50

つきのみどりさん、はじめまして!
落陽ライブで前の方に座っていた一人で…ゆきと申します。
今度お会いした時は、是非お話しさせて下さい。
私は明日から日曜日まで三叉路ライブが名古屋であるので遠征してきま~す♪

投稿: ゆき | 2006/04/20 11:40

>ゆきさん


はじめまして、ようこそ
いらっしゃいませ!
この週末は名古屋で
ライブなのですね、
お気をつけて、そして、
楽しんでいらして下さいね!
今度はお話できるのを
楽しみにしています。(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/04/20 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/9643489

この記事へのトラックバック一覧です: 三叉路 Live in 落陽 等身大のフォークソング:

« web連載 第24回更新 | トップページ | 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング »