« 中西保志さん 耳に、心に残る歌手 | トップページ | web連載 第24回更新 »

2006/04/09

猫 Live in Sunny Spot 新たな挑戦の数々

Blog060409a_1


4/7、池袋のSunny Spotでの
猫のライブに顔を出した。

この日のライブ、お店の常連さんでまたたく間に
予約が埋まり、猫として公表できる状態が
なくなってしまったそうだ。

(常富さんのブログで告知がなかったのは、
そういう理由から。決して常富さんに悪気が
あったわけではない。皆さん、どうか常富さんを
責めないでいただきたい)

かくして、思いがけない猫ライブとなった。
池袋、立教大学がわへ出て、ビルの1階の
目印を頼りに、地下への階段を下りる。
お店のドアには「猫LIVE」の文字。

Blog060409b


「いらっしゃいませ」
あたたかそうなお人柄の、
マスターのご挨拶を受け、中に入る。
マスターはかつて、ユイ音楽工房で
働いていた方。

つまり、猫の皆さんとは旧知の間柄。
ここでライブがあるのも、何の不思議も
ないことだったのだ。

中を見渡すと、20人も座ればいっぱいのお店、
これじゃ予約があっという間に埋まったのも、
ある意味当然。

Blog060409c


店内に飾られた懐かしい
ヒットソングのLPジャケットが、
素敵な雰囲気を作っている。
ステージの後ろには、猫のLPが飾られて
いたのは、マスターの粋な計らいだろう。

時間が経つにつれ、席がどんどん埋まっていく。
男性がやや多い。皆さんお顔を存じ上げない方
ばかり。きっとお店の常連さんなのだろう。

Blog060409d


20:00、ライブが始まる。
初めての「生・猫」の方が
多いからか、お三方とも
最初はやけに硬い。このところの
ライブの定番、「時の贈りもの」、「たどり着いたら
いつも雨降り」メドレーでスタート。「常春」、
「What a Wonderful World」、と、曲が進むにつれ、
だんだんいつもの猫らしくなっていく。

そして、無料ダウンロードが始まったばかりの
「カフェ・マンゴスチン」。私が生で聞くのは、
先月の「SHAKE THE MUSIC」公録から2度目。
歌詞をしみじみ聞きながら、
(あぁ、仲間がバースディパーティをしてくれる、
…この歌は大人の素敵な日常を切り取って
いるんだなぁ)
そんなことを思う。

「SHAKE THE MUSIC」公録では、ムッシュかまやつ氏
とのセッションで聞かせてくれた、「どうにかなるさ」。
内山さんの笑顔がとてもいい。「各駅停車」で第1部が
終わり、しばしの休憩。

第2部は、「地下鉄に乗って」でスタート。「各駅停車」
から続いて、懐かしい曲で喜んだ方も多いだろう。
そして、CD「猫5」から人気の高い「Namida」と、猫
ワールドにどっぷり観客を引き入れる。

Blog060409e


そして、「今日は見ている方が
少ないので、新しい挑戦をして
みます。不評なら二度としません」
という常富さんのお声に続いて、
始まったのは、伝説のグループ、ジャックスの
「いい娘(こ)だね」。

でも、不評なんてとんでもない、力強い演奏と
ハーモニーが響き渡る。
(この曲、これから歌い続けていただきたい!
今日でお蔵入りなんて、もったいない!)

Blog060409f


続いて、トム・ウェイツのカバー、
「Grapefruit Moon」。内山さんの
「What a Wonderful World」に続く、
渋い声を生かしたカバー曲、定番化の予感。

そして、大満足の観客を前に、「海は恋してる」、
「雪」、「コスモス」とこれまた懐かしいメロディーを
響かせ、そして、「Sanfrancisco Bay Blues」、
アンコールの「歩いていようね」で、ライブは
お開きになった。

常連さんも満面の笑顔でライブのあとの宴を
楽しんでいる。猫ライブのおなじみさんからも、
「いい子だね」良かった、という声が口々に挙がる。

私も無事見届けられて、安堵の思いが胸に広がる。
マスターも新参者の私に気を遣って下さり、
しばし話をする。

新年度の慌ただしい中なので、アルコール抜きで
見ていたけれど、お店の大きさ、雰囲気も手伝ったの
だろうか、新しい挑戦を見せてくれた、猫の世界に
どっぷり酔いしれた。

こうして、気まぐれな猫そのままに、ひょっこりと現れて、
新しい一面を見せてくれる猫の皆さん。
(今年は新しい魅力を、あちこちで振りまいてくれそう!)
そんな予感の中、とても満ち足りた思いで家路についた。

|

« 中西保志さん 耳に、心に残る歌手 | トップページ | web連載 第24回更新 »

コメント

早速のライブレポートありがとうございます!写真も新兵器の威力もあってか,いい出来ですね。今年は猫以外の活動も妙に忙しかったのですが,やっと腰を落ち着けて気持ちを集中できそうです。いろんなニュースもお届けできそうなので,是非注意していてくださいね。これからお忙しくなるでしょうがまたいろんな場所で会いましょう!!!
P.S. 新曲...冷や汗の洪水でした。

投稿: tzneyan | 2006/04/10 23:28

>tzneyanさん


コメントとTBありがとうございます。
そして、お疲れ様でした!
今年の猫のご活動には、
ホントに「要注意」ですね。
(^0^)

デジカメを買い換えたので、
写真の面でもこれから詳細に
レポできると思います。

新曲や新しいカバー、また
期待しております。
これからもよろしくお願い致します。

投稿: つきのみどり | 2006/04/10 23:44

このライヴは知らず・・・

というか、前日に常やんから貰った、別件のメールの終わりに書いてあって知りました。

初めてのお客さんが多かったということで・・まぁオイラ的には「いい予行演習になった」んじゃないかと・・・ね(^^)v

やっぱり楽しいライヴが全てを決めるからね。

投稿: ポォ | 2006/04/11 17:36

>ポォさん


ごぶさたしております。
ええ、とても楽しいライブでしたよ!
(^0^)

またの機会を、お互いに楽しみに
したいですね。

投稿: つきのみどり | 2006/04/11 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/9504683

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in Sunny Spot 新たな挑戦の数々:

» 池袋の快適スポット [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
  2006.4.9            池袋 と言う街にはあまり縁が無かった     文芸座 に映画を見に行くという事が      唯一の目的だったかな       高校生の時には恐ろしい街        というイメージしかなかった。    猫時代は 田口清 や 石山恵三... [続きを読む]

受信: 2006/04/10 23:20

« 中西保志さん 耳に、心に残る歌手 | トップページ | web連載 第24回更新 »