« 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング | トップページ | NHK-BS2「フォークの達人」公開録画 上質な、濃密なひととき »

2006/04/24

四角佳子さんLive in 落陽Ladies Day 素直な歌と笑顔

4/22、落陽で開かれた「レディースデー」。
四角佳子さんのミニライブも開かれた。

そもそもこの企画、落陽に来る女性客が、
男性に遠慮しているのではないか、また、
女性ひとりではお店に来にくいのではないか、
もっと気楽に楽しんでいただきたい、という
趣旨で生まれたのだそう(確かに、一緒に
行く友人も見つからなかったり、男性に
絡まれたらどうしよう、などと思って、
二の足を踏む女性もいるに違いない)。

そこで、女性は2時間3000円で飲み放題、
男性は21:00まで入店禁止、ということで
受付が始まった。

そして、それにおけいさんをゲストとして
お迎えし、ミニライブもしていただく、という
ことも決まった。ミニライブ、と言いながら、
ギターのサポートは、猫の常富喜雄さん、と
いう贅沢さ!

当日、開店前にお店に着く。今日の店内には、
六文銭時代のおけいさんの写真をポスターに
して張ってある。男性は、スタッフさんと
カメラマンさんがいるのみ。

Blog060424a


開店時刻になると、
待ちかねた女性が次々
ドアを開ける。
あっという間に店内は15人ほどの女性で埋まる。

みなさん開演前に、お酒だけでなく、
焼きうどんやピザを頼んで、おしゃべりに花が咲き、
さながら「女性のランチ」状態。30分ほどこの状態が
続いたあと、おけいさんと常富さんが出ていらして、
ライブが始まった。偶然だった、と言われるが、
おふたりとも黒でシックに決めてご登場。
常富さんはジーンズ姿、おけいさんは白の
軽やかなスカート、そして、お足元は軽やかな
スニーカー。

Blog060424b


始まりは、「ただあたたかく
カラッポに」。「あめのことば」と、
「まるで六文銭のように」になって
からの曲が続く。MCで、「この前、小室等さんの
ライブを見に行って、とても良かったんです。私も
自分なりに歌えばいいんだ、と思いました」という
お話のあと、「雨が空からふれば」、そして、
「春の風が吹いていたら」。

「春の風が…」は、かつての録音版よりもテンポが
ゆったりとしていて、おけいさんの伸びやかで
透明感ある声が響き渡る。常富さんも今日は
サポートに徹し、華麗なギターと美しいコーラスを
聞かせて下さる。

Blog060424c


そして、おけいさんの笑顔と
リラックスした表情が、今日の
すべてを物語っている。男性への
お小言もあり、女性同士でなければ
聞けないような話が次々飛び出し、観客は
笑い転げ、数少ない男性スタッフが、みな小さく
なっているのもなんだかおかしい。まるで
女子校で、おけいさんが女性の意見を
代弁する校長先生で、男性スタッフが
怒られている男性教員みたい。

でも、
「こちらはもうすぐ新しいお店に移転して、
リニューアルされるそうですね、新しいお店でも
どうかよろしくお願いします」
という、おけいさんのご挨拶には、きっとマスターは
感激ひとしおだっただろう。

続いて、「Circle Game」、「My Wild Irish Rose」と、
カバーが続く。「My Wild…」は、(「Vacation」、
「カラーに口紅」、「ボーイハント」などでおなじみ)
コニー・フランシスも歌っていたことがあるという、
300年ほど前のアイルランドの曲、とのこと。

「こういう昔の外国のいい歌も、もっと歌いたいと
思っていたんです」そう、おけいさんの声質に合う、
素敵な曲はもっとたくさん聞いてみたい。「ボーイ
ハント」も、竹内まりやさんがカバーしているけれど、
おけいさんの声でもいいかもしれない、とふと思う。

おけいさんのカバーとしてすっかり定着した
感のある「残されしものの歌」、そして、最後は
楽しく「六文銭」時代の「インドの街を象に乗って」で
いったん締め、アンコールで「翼」(石川セリさんの
カバー。武満徹作品)を歌い、お開きになった。
「翼」は、曲のクオリティの高さにおけいさんの
声質がマッチしていて、とても良かった。

こうして正味1時間ほど、思いがけずたくさん
歌って下さった。その後、また30分ほど
女性だけでおしゃべりに興じる。

21:00、男性がどどどっ、と息せき切ったように入店。
あっという間に補助椅子を出さねばならないほどの
混み方に。「猫」の石山さんもふらりと訪れる。

しばし男性陣と話をしていたおけいさん、彼らの
ご期待にこたえ、再びのご登場。

「雨が空からふれば」、「Tonight You Belong To Me」、
「Circle Game」と歌われ、ファンを招き入れて
「春の風が吹いていたら」をデュエット。そして、
「ただあたたかくカラッポに」で、ミニミニライブを
終えられた。

その後はファンとにこやかに語り合う、おけいさんと
常富さん。おふたりにはいつお目にかかっても、
ファンを大事にしていらっしゃるあたたかさが
感じられるし、ライブを開いてくれるお店を
大事にしていらっしゃる、と思う。

歌い手として当然と言えばそれまでかもしれないが、
もしかしたら、世の中そんな方ばかりではないの
ではないか、という考えがふと頭を横切る。
だからこそ、そんなお心のあたたかさに惹かれ、
ファンが少しずつ増えていくのだろう。

そんなファンとの触れ合いタイムを楽しんでいるうち、
よしだよしこさんがふらりとお店にいらした。
近くでライブを終えられたばかり、とのこと。
「Smile」をこれまた美しい声で歌われた。
「ピピ&コット」以来、30年ぶりに生で
お歌を聞いて感激した方が
多かったのではないだろうか。

Blog060424d


落陽は来月、広いお店に
移転してリニューアル
オープンする予定。だから、
今のお店でライブがあるのは、
この22日が最後になるはず。

でも、おけいさんの笑顔、歌声や、常富さん
(もちろん「猫」としても)のギターは、きっと
新しいお店でも響き渡ることだろう。もちろん、
他のアーティストの方の魅力もしっかり
伝わるに違いない。その時が、私も今から
待ち遠しい。
そんな楽しい予感の中、お店をあとにした。

|

« 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング | トップページ | NHK-BS2「フォークの達人」公開録画 上質な、濃密なひととき »

コメント

ありがとうございます
レディースデーで
温かな 時間を与えてくださった
お客様 そして素敵な 音楽と会話を
提供していただいた おけいさん&つねとみさん
お疲れさまでした
感動有り 笑いあり
落陽らしい ライヴでしたでしょうか
天沼の落陽は4月28日が営業最終日です
移転先の 新生落陽は(荻窪駅北口駅前)
5月中旬予定です
荻窪八幡通り のライヴの 最終の歴史は
レデースデーでしたね!
つきのみどりさん
ライヴレポート ありがとうございました
皆さま ありがとうございました。

投稿: 落陽店主ken | 2006/04/25 12:01

>落陽店主kenさん


こちらこそ、素敵な場を
提供して下さって、
ありがとうございました。
女性はもちろん、あとから
いらした男性にとっても
「落陽らしい」ひと時を
満喫したのではないでしょうか。


新生・落陽に期待しています、
こちらこそ、これからも
よろしくお願い致します!!(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/04/25 21:55

今日は、おけいずスクエアの予約に。5/27はバスで行きます。レディスデーも良かったのでは。でも私らには聞けない内容も。   落陽は6月の立川・南青山ツアーのコースに入れようかと。         みどりの日に48才になります。今年は汗をかく日が少なくて、体調が、特に、おなかが…。風邪の影響ですね。日曜に岐阜大垣まで行くので治します。それでは連休に。失礼します。

投稿: 浜ちゃん | 2006/04/27 16:22

>浜ちゃん


こんにちは、Okei's Squareの
ライブ予約されたのですね、
とても楽しみですね。(^0^)
6月に落陽にいらっしゃる時は、
広くて素敵になっているはずなので、
こちらも楽しみにして下さいね。


みどりの日にお誕生日ですか、
2日早いですがおめでとうございます!!
\(^O^)/


これからの1年も、ご体調に
気をつけて、お元気で
楽しくお過ごしになれますように。
今年は気温の変動が激しく、
体調を崩している方が
多いですね。お大事になさいませ。


では来週、お気をつけていらして
下さい!!

投稿: つきのみどり | 2006/04/27 20:40

よしだ♪しこさんが掲示板でこの日のことをちょこっと書いてらっしゃいます。
http://homepage3.nifty.com/lotus/

お店のようすや四角さんの姿、行けなかった者としては写真がとってもうれしいです。♪しこさんは茂原のライブの前にちょこっとうちのスタジオに寄ってくれました。
「面白いね~!」って、パートナーのことを。部品倉庫の中に作っちゃったスタジオのことか?(笑)
お佳ちゃんも♪しこさんも大好き~!
お引越しをしてもレディースデーをまた是非お願いしてください。(行けないかもしれないけど)

「ちょこっと」が多すぎる・・・。
みどりさんのようにちゃんと書けるようになれたらな・・・。
メルマガ、ありがとう。

投稿: tomoko | 2006/04/28 10:49

>tomokoさん


こんにちは、こちらこそいつも
ありがとうございます。


おけいさんの笑顔とお歌も
さることながら、思いがけない
よしださんのお歌、嬉しい
ひと時でした。


僭越ですが、人は誰も得意なことと
そうでないことがあると思います。
tomokoさんは、きっと私にない
素敵な才能をお持ちだと私は
思っています。

ぜひぜひ、新生落陽をお楽しみに
なさって下さい!

投稿: つきのみどり | 2006/04/28 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/9751509

この記事へのトラックバック一覧です: 四角佳子さんLive in 落陽Ladies Day 素直な歌と笑顔:

« 映画「クライング・フィスト」 人生という名のリング | トップページ | NHK-BS2「フォークの達人」公開録画 上質な、濃密なひととき »