« web連載 第25回更新 | トップページ | 猫 Live in CROCODILE 懐かしくも新しいセッション »

2006/05/02

コールドストーンクリーマリー おいしさのハーモニー

時々、ムショウに食べたくなるのが、アイスクリーム。

家でアイスを食べることがめっきり減った。

だからだろうか、この頃は、どこかに出かけた時
など、ケーキを見ても心が動かないのに、ソフト
クリームやアイスクリームを見ると、子どものように
「食べたい」と言って騒いでしまう。

ここのアイスも、日本上陸のニュースを聞いて以来、
ずっと心の中で食べる機会を待っていた。六本木
ヒルズ内のお店が第1号店で、現在4店舗が営業中。

でも、六本木ヒルズでは、平日でも30分、休日なら
1時間待ち、というのが当たり前と聞く。そこまで
普段待っている余裕はなく、春休みの1日、ようやく
念願の「コールドストーンクリーマリー」デビュー、と
相成った。

長蛇の列でもないが、並んでいる人がいる。
待っている間に、スタッフさんがメニューを持って
きてくれる。ここは、自分で好きな組み合わせを
選ぶか、おススメの組み合わせの味をチョイス
することができる。

私が選んだのは、お店おススメの組み合わせ
「ベリー・ベリー・ベリーグッド」。ストロベリー、
ブルーベリー、ラズベリーとベリーがぎっしり、
女の子の好きな味。一緒に行った母は、
「バニラ+ストロベリーソース」を選んだ。

ちなみに大きさは3種類からチョイスする。
そして、コーン(プレーンなもの、チョコレート
がけなどもある)、または、カップも一緒に
チョイス。私たちは一番ちっちゃいのにして、
プレーンなコーンを選んだが、なんでも、
荒川静香さんは昨年来た時に一番
大きいのを選んでいかれたらしい。彼女の
アイス好きはホンモノ、と妙に感心。

待っている間にも、スタッフさんが英語の掛け声と
ともに、歌ったりして、場を盛り上げる。
「♪ハイホー ハイホー…」
そう、ディズニーの映画「白雪姫」の7人の
小人の歌!

メニューの確認をしたスタッフさんが、
「ストーン入ります」と
言って、時にはみんなで歌いながら、冷たい
大理石の上でアイスとトッピングをこねていく。
(アイス固そう、こねるのタイヘンかも…)

このお店のスタッフになるのには、「オーディション」が
ある、と聞いたことがある。人前で歌うのだって
慣れないと恥ずかしいし、しかも、歌いながら
こねるのはかなりの重労働。落とされる人が
多いのでは?

私は何も選ばなかったけれど、選んだアイスの上に、
更にナッツやチョコレートをオプションでトッピング
できる。キットカットなんかもあるのが、いかにも、
アメリカのお店っぽい。

Blog060502_1


出来上がり、レジを済ませ、
「いただきまーす」
ひと口、口に運ぶ。

思ったより濃くない、
食べやすい味。日本向けに
味をアレンジしてあるのかな?

いろんなベリーの味がミックスされていて、
飽きがこない。この味のハーモニーは、
他では味わえない気がする。母も、
「おいしいわね」
と、言って食べている。

「ごちそうさま」
私にとっては、買い物のついでなんかにまた
食べたいな、という味だった。大きいサイズは
ちょっと私には…だけれど、一番小さなこの
サイズなら、大丈夫。

これから気候の良くなるこの時期、皆さんも、
歌のハーモニーもいいけれど、味のハーモニーの
楽しめる、おいしいアイスはいかが?

|

« web連載 第25回更新 | トップページ | 猫 Live in CROCODILE 懐かしくも新しいセッション »

コメント

僕の友達も食べたらしいですが、思ったほどしつこい感じじゃないっていってました。
アメリカのほうは組み合わせにもよるらしいですが、結構くるみたいですよ。

投稿: カーター | 2006/05/02 19:46

>カーターさん

こんばんは、コメントありがとう
ございます。


>アメリカのほうは組み合わせにも
>よるらしいですが、結構くるみたいですよ。


やはりアメリカ仕様の味付けなんですね。
日本では、もうすぐ船橋でもオープン
するみたいで、どんどんこの調子で
増えるのかもしれませんね。

投稿: つきのみどり | 2006/05/02 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/9853841

この記事へのトラックバック一覧です: コールドストーンクリーマリー おいしさのハーモニー:

« web連載 第25回更新 | トップページ | 猫 Live in CROCODILE 懐かしくも新しいセッション »