« 猫 Live in 大阪 待ち焦がれていた思い | トップページ | web連載 更新1回休みのお知らせ »

2006/06/23

猫 Live in 京都 良いライブの条件

Blog060623a_1

6/18、猫の関西ライブの
締めくくりは京都、
エル・ラティーノにて。

この関西ライブツアー、東京から来て、すべて、
あるいは、できる限り手伝って帰られた方も
いれば、関西在住でお手伝いして下さった方も。

私は、なじみのお店ではないこともあるし、
はっきり言ってほとんどライブ会場ではお役に
立てていない。だから、ライブで適切に動き
回って下さる方には、本当に感謝している。

せめて私にできるのは、この場で発表して、
ライブの様子を少しでも多くの方にお知らせ
すること。そんな「事後のお手伝い」という
つもりで、私はこうして記事を書いている。

今日の会場は20人ほど入れば満席、メキシコ
料理のお店らしく、マスターも気さくで陽気な方。
今日もほとんどの観客は、お店の常連さんの
様子。東京から今日だけ都合がついて、
見にこられた、という方もいる。
「時の贈りもの」、「Café Mangosteen」でライブが
始まる。

Blog060623b


「人生なんてそんな
ものさ」、「どうにか
なるさ」、「僕のエピローグ」、
「昼下がりの街」と次々歌う皆さん。

ただ、今日は、今までの猫のライブで見た
ことがなかった光景が繰り広げられる。
ラジオか何かの音だと思っているの
だろうか、曲の間じゅうおしゃべりが
止まらない人がいた。

つまり、「まったく無関心で、演奏を聞いて
いない人がいた」ということ。無料ライブでは
ないので、代金を払っているはずなのだけれど、
もしかして家族が払っていて、お金の価値観に
気づいていなかったのだろうか。

稲垣潤一さんのディナーショーでも、明らかに
「夫人のお付き合い」という感じの男性は
見かける。でも、ショーの間そういった方々が
うるさくて困った、という経験は、私はただの
一度もない)

私の席は少し離れていたのでたいした
ことはなかったけれど、お近くの方は
大変不愉快だったらしい。
そんな状態のまま、「Grapefruit Moon」、
そして、「Sanfrancisco Bay Blues」で、
前半が終わる。

休憩後の第2部は、「地下鉄に乗って」で
スタート。
「Namida」で、常富さんの弦が切れる。
でも、顔色ひとつ変えないで演奏を続け
られるのは、さすがベテラン!

Blog060623c


「いい娘(こ)だね」、
「What a Wonderful
World」、「各駅停車」と
続いていく。石山さんが懸命に演奏
されている様子、こちらもとても嬉しくなる。

「コスモス」、「歩いていようね」会場が
手拍子で盛り上がる。(ただし、その間も
例のおしゃべりは途切れない)
そして、「雪」で本編は終わった。

アンコールでは「常春」、「海は恋してる」で
楽しく歌い、ライブはお開きになった。
その後は、マスターがテレビを出して下さり、
ワールドカップ1次リーグ「日本vsクロアチア」の
観戦でみな盛り上がった。

今回、猫の皆さんにとっても、そして私に
とっても、初めてのライブハウスでの
「関西ツアー」だった。

良いライブ、というのは、もちろんアーティストの
お力が大事だけれど、それだけの要素で
完成するわけではない。

お店選び、アーティストと会場それぞれの
立場の準備、そして、それを心待ちにして
当日やって来る観客。すべてがうまく運び、
そして、すべての人の思いが重なり合った
時に、素晴らしいライブが出来上がるのだろう。

3日間、まったく様子の違うお店と観客に、
私自身多くのことを感じ取った。そして、普段、
いかに自分が恵まれた環境でライブを
楽しんでいるのか、ということも改めて感じた。

これから少しずつ猫のライブは、東京以外でも
増えていくだろう。そして、どんなところでも、
きっとお声がかかれば猫の皆さんはお出かけ
なさるだろう。

だからこそ、「少しでも良い状態でライブを
していただきたい、じっくり猫の歌の良さを
知っていただきたい」、そんなことを強く感じた。

|

« 猫 Live in 大阪 待ち焦がれていた思い | トップページ | web連載 更新1回休みのお知らせ »

コメント

そうですよね。確かにオーディエンスの聴き方でライブの雰囲気って全然変ってしまいます。オムニバス形式のいろいろなアーティストが出演するようなライブならともかく・・・その場の猫ファンの方々のいらいらをお察しいたします。来月の札幌は大丈夫でしょう。僕も行く予定です。

投稿: よおこJ45 | 2006/06/26 15:27

>よおこJ45さん


こちらでの初コメント、
ありがとうございます。
(^0^)


ご指摘の通り、オムニバス形式などの
ライブでしたら、まだ仕方ないと
思えることでした。私は
たいしたことがなく、
多くの被害をこうむった
方は他にいらっしゃいます。
そういった方にとっては
本当にお気の毒だったと
思います。


今後はこのようなことが
ないことを願っています。


また今後もライブ会場
その他でよろしくお願い
致します!!

投稿: つきのみどり | 2006/06/26 23:22

 うーん。どうも歌より料理が主に楽しみに来たようです。私の後ろのテーブルでしたか。特には気になりませんでしたが。     時には帰宅後曲を確認するため音源を聴いていると隣の人の声ばかり入っていたことも。ただ頭にくるのはだんだんトーンをあげて話す人が。しゃべったら、あかんこともないけど。  なんか神戸のライブの時も突っ込みがきついおじさんが。あーいう人は好きじゃないんです。      もっとも私も話しだすと止まらないたちで。    お疲れさまでした。ライブ参加が続き、疲れて文章も考える気力がなかったので返事が遅れました。   昨日からは小室さん、山木康世さん、ちゃんちゃこ、谷川賢作さんの各コンサートが4日連続で。昨日の高槻の小室さんは大盛況でした。時間も30分延び結局夜勤に15分遅刻しました。 また来月以降に上京します。よろしく。それでは失礼します。

投稿: 浜ちゃん | 2006/06/30 15:38

>浜ちゃん


関西ではいろいろお世話になりました。
ありがとうございます。


今回のライブで遭遇した出来事は、
自分のマナーを見つめる良い
機会になりました。


ところで、4日連続ライブ
お疲れ様でした!小室さんの
ライブがご盛況だったとの
こと、何よりです。


また上京される際には、
お気をつけていらして下さいね。
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/07/01 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/10651933

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in 京都 良いライブの条件:

» 猫 Live はばかりさん!京都 [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
   2006.6.24          猫 Live in 京都エル・ラティーノ       三都の最後は1200年の都       僕は 猫 再結成まではこの街を        年に二回は訪れていた         著名な場所は大体案内できる          解説は半分はでっち上げだけど      18日は再び梅雨空は去り...      あまりにも去りすぎて真夏空       京都の暑さはもうたまりまへん      京阪 で 天満橋 から電車でトコトコ      三条 で降り,よく世話にな... [続きを読む]

受信: 2006/06/27 09:41

« 猫 Live in 大阪 待ち焦がれていた思い | トップページ | web連載 更新1回休みのお知らせ »