« web連載 更新1回休みのお知らせ | トップページ | 自己紹介バトン! »

2006/06/27

猫 Live in 落陽 和気藹々とした杮落とし

6/24、関西から帰ったばかりの猫が、
落陽でライブを行なった。

もともとこのライブは、1月に旧・落陽でライブを
した(※参照・1/24付記事)際に、「次は
6月だね」というお話が出て、決まって
いたもの。

ただ、その間に落陽のリニューアル
オープンがあり、図らずも今回は
「新生・落陽の杮(こけら)落としライブ」と
なった。

私は突発的に入った用事のため、開始から
10分遅れで駆け込む。店内は満席、「時の
贈りもの」で始まったライブが、2曲目の
「Café Mangosteen」に入ったところだった。
続いて「人生なんてそんなものさ」とあり、
メンバーの紹介。

新しいスペース、とはいえ、おなじみの方も
多いから、猫の皆さんはとてもリラックス
していらっしゃる。会場も和やか、皆さんで
和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気に
満ちている。

ライブは「どうにかなるさ」、「僕のエピローグ」、
「昼下がりの街」と続いていく。

石山さんのMCで、「神戸で突っ込まれて
たじたじだった」話が出る。あの日の光景を
思い出し、笑い転げる私。もうその日から
1週間が過ぎていることに、改めて驚きも覚える。

久々に聞く「わたしの足音」。内山さんの
ハーモニクスが心地良い。「Grapefruit Moon」、
そして、「Sanfrancisco Bay Blues」で、前半が
終わり、休憩に入る。

いっそう猫の皆さんと客席との距離が縮まった
雰囲気の中、「地下鉄に乗って」、「Namida」で
後半がスタート。内山さんのコンガが心地よく
響く。内山さんは関西での3連続ライブで、
すっかり手が痛くなってしまわれたのだそうだ
(どうぞお大事に)。

続いて、テレビ番組の収録で原田真二さん
共演したお話が出る。BS-i「ダブルミリオン」
いう番組(これには、先日稲垣潤一さんも出演
された)。8/2が放送予定、とのこと。

「いい娘だね」では、石山さんがノリノリ、
絶好調なベースを聞かせてくれる。
石山さん曰く、「ゴールデン・カップスの
ベースを意識している」とのこと。だったら
やっぱり長髪のかつらが必要?!

「僕の庭」、濃密なファンの中で聞くと、とても
心地よく響く。「What a Wonderful World」、
「♪僕の思い 君の思い…」という歌詞から
だろうか、「このお店には、マスターkenさんの
熱い思いが感じられるよね」という、常富さんのMC。

そう、音楽を愛するkenさんの思いがこのお店には
詰まっている。だから数多くのアーティストが
このお店を愛し、集うのだろう。

「各駅停車」、最初はもっとスローテンポだった、
という(作曲者)石山さんのMCに驚く。
そして、あっという間に「コスモス」、「歩いて
いようね」、「雪」で本編が終わり、アンコールの
「常春」、「海は恋してる」でライブが終わった…

のだが、今日は杮落としということで、なんと
ライブを見にいらしていた及川恒平さん
四角佳子さんが飛び入りでご参加!おふたりに
常富さんが加わった、そう「猫・文銭」で
「夏・二人で」を歌って下さる。「まるで
六文銭のように」とはまた違う、お三方の
美声の絶妙なブレンドのハーモニーに、
みな酔いしれる。

その後はいつものように、あちこちで猫の皆さん、
及川さんやおけいさんを囲み、団欒の輪が
広がった。初めてお見かけする方もちらり、ほらり。

前よりも広く、音響も良くなったけれど、アーティストとの
和気藹々とした雰囲気は以前と変わらない、
落陽でのライブ。きっと、落陽ではこれからも、
こんなライブが楽しめるだろう。
そんなひとときを楽しみ、そして、予感を抱きつつ、
私はお店をあとにした。

【追記】
今回ライブ前の急用により、デジカメを忘れて
しまいました。読者の皆さんのご期待に沿えず、
申し訳ございません。

写真は常富さんのブログ、また、落陽のライブ
レポでお楽しみ下さいますようにお願いします。

|

« web連載 更新1回休みのお知らせ | トップページ | 自己紹介バトン! »

コメント

猫ライブ、ボクにとってはホント久しぶりでした。
本編はさすがに良かったですね。久々の猫サウンド
はきっちりまとまって、落陽のPAともベストマッチ
でした。
TomWaits以外で初めてグレープ・フルーツ・ムーン
聴きましたが、想像通り内山さんのヴォーカルでし
た。渋い!渋すぎるぜ!って感じですか。
写真遅れてしまいましたね。ごめんなさい。
落陽写真館にUPしました。楽しんでください。

投稿: ikki | 2006/06/28 11:28

急用が重なったとの事,そのような中で来て頂いてとても感謝しています。地元に戻った安心感で緊張感が無くなる事を危惧してましたが,ちょうどいい雰囲気が作り出せたかなと思ってます。初めての人も多かったけれど,リピーターの方々ともいいバランスで,すごくやり易かったですね。新生落陽...まだまだ改良の余地はたくさんあるでしょうが,僕らだけでなく多くのミュージシャンの意見を取り入れて少しずつチューンアップしていければ最高ですね。ありがとうございました。

投稿: tzneyan | 2006/06/28 11:46

>ikkiさん


ライブレポ、そしてコメント
ありがとうございました。

また一緒に落陽で楽しみましょう!
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/06/29 19:36

>tzneyanさん


コメントとTBありがとうございます。
常連さんも初めての方もみなさん
それぞれに楽しんでいらっしゃる
ようで、良いライブでしたね。


落陽がライブを重ねるごとに、
「ライブのしやすい場所」として、
多くのアーティストの皆さんに
定着すれば、と願っています。


ではまた次のライブを
楽しみにしております!(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/06/29 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/10704462

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in 落陽 和気藹々とした杮落とし:

» 猫 新しい落陽でライブ [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
   2006.6.27        猫 Live in 荻窪"落陽" 2006.6.24       荻窪駅 のすぐ隣に引っ越した 落陽       何もかもが新しいこの店で        僕たち 猫 がライブをした       以前よりも二まわりは大きくなり       ゆったりとしているし        とびっきり綺麗だし        ... [続きを読む]

受信: 2006/06/28 10:34

« web連載 更新1回休みのお知らせ | トップページ | 自己紹介バトン! »