« 稲垣潤一さん ファンの集い Precious&Thankful Day | トップページ | 猫&四角佳子さん Live in 旭川 あたたかなおもてなし »

2006/07/13

猫 Live in 河口湖SHOW園 森にこだまする歌声

Blog060713a


7/9、猫の河口湖SHOW園での
ライブに出かけた。

河口湖SHOW園は、清水国明さんが作られた
河口湖の中の劇場。森の学校、LOHAS
ホールなどもあり、自然の中で楽しめる
ものがさまざま用意されている。

到着がギリギリになり、ホールの入り口で、
開演時刻を過ぎている、ということで、半額に
していただいた。スタッフの皆さんの笑顔と
丁寧な態度がいい。

会場に飛び込むと、1曲目の「地下鉄にのって」が
始まったところだった。「Namida」、「各駅停車」、
「What a Wonderful World」と曲は続いていく。

Blog060713b


木と土を生かした作り、
椅子に敷かれた座布団が
なんとも言えず手作り感を
生み出している。でも、
プリンセス天功もショーをしたり
するからか、照明は本格派。
猫のライブ中も、ミラーボールがくるくる回る。

「ここへ来て、新曲を歌っています。3日目
なので、ようやくまとまってきました…」との
常富さんのMCの後、披露されたのは、
「ウタヲウタウ」。

明るいポップチューンが、会場いっぱいに
響き渡る。みんなで楽しめるナンバーになる
予感がする。

「Sanfrancisco Bay Blues」、「海は恋してる」、
「雪」でライブの本編が終わり、アンコールに
「時の贈りもの」を歌って下さった。

正味50分ほどの時間が、「ちょっと立ち寄った」
方にはちょうどいいのかもしれない。どこかの
小さな坊やも、にこにこと静かにライブを聞いていた。

外へ出て、森の空気を吸いながら、ゆっくり
通路を戻る。ヤギ、ポニーもこの中で飼われて
いる。工作教室も開かれているらしい。他の
どこでも味わえない、森の中のゆったりとした空間。

東京から1時間と少し移動しただけで、こういう
空気に浸れるのは、なんだか嬉しい。雨が
降っていなければ、もっとにぎやかなの
だろうけれど、静けさが一帯を包み込むこの
雰囲気も、また、いい。

猫の歌声は、こうして、毎月必ず河口湖の森に
こだましている。その良さに浸りたいあなた、
どうか足をお運びいただけたら、と思う。

|

« 稲垣潤一さん ファンの集い Precious&Thankful Day | トップページ | 猫&四角佳子さん Live in 旭川 あたたかなおもてなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/10923061

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in 河口湖SHOW園 森にこだまする歌声 :

» 二度目の河口湖SHOW園 [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
2006.7.11        二度目の SHOW園 だった。        すっかり顔馴染みになったスタッフの人達と挨拶を交わし         リハーサルに入る          今回は新しいギターのシステムを試したかったけれど           それは相性が悪くNG            いつもの生音で聴いてもらう方法に戻す           ... [続きを読む]

受信: 2006/07/17 00:15

« 稲垣潤一さん ファンの集い Precious&Thankful Day | トップページ | 猫&四角佳子さん Live in 旭川 あたたかなおもてなし »