« web連載 第29回更新 | トップページ | ピュアミュージック'06 大人の上質な夏祭り »

2006/07/31

友人、という鏡

今月、高校時代からの友人が結婚式を挙げた。

高校時代から彼女を知っているが、彼女とは、
同じ高校に通っていたわけではない。高校生の
時に通っていた予備校で、たまたま同じ授業を
受け、同じように先生に質問に行ったのが
出会いのきっかけだった。

話をするうち、同じ委員会の委員長をしていたり
して、気が合うことがわかる。今のようにメールも
携帯電話もない青春、私たちは毎週予備校で
顔をあわせ、授業を並んで受けた。その後、
楽しくしゃべり、そして、それぞれ家に帰る、と
いうのが当たり前のことになっていった。

その後、私たちは別の大学へ進学する。その後の
進路も、もちろん別々。在学中はもちろん、卒業して
からも、時折会って話をしたり、落語、スキーなどに
出かけたり、といったことはしていた。

私は、彼女と行きたいな、彼女に薦めたいな、という
ものがあると、彼女の家に電話をかけて誘っていた。
あの頃は、お互いに、自分の「今」を報告しあい、
生きる道を模索していたような気がする。

彼女とは共通する面もあったけれど、「私とは大きく
違う」と感じるところもあった。
私はどんなことでも「自分で決める」タイプ。親や
周囲の大人の意見は聞きつつ、最終的に「自分が
決め」ないと、決して前に進まない。成功した時の
達成感も大きいけれど、その分、茨の道をかきわけて
来たし、周囲との衝突を数多く重ねてきたのは、
間違いない。

こんな私とは違い、彼女は「周囲の意見が良いと
思ったら、素直に従う」タイプ。私の目には、彼女が
「どうして素直に周囲の言うことが聞けるのか」と
不思議に映ったこともあった。

でも、彼女だって、きっと、やたらめったらに周囲の
言うことを聞いているのではない。周りが教えて
くれる「彼女に合いそうな物事」、「彼女に合い
そうな人」を受け入れる、柔らかい心の持ち主
なのだろう。

そんなことに私が気づいたのは、仕事を始めて、
多くの生徒と接するようになってからのことだった。

そんな彼女が生涯の伴侶に決めた人は、やっぱり、
親御さんが探した方だった。こぼれそうな笑顔の
彼女を見ていて、「彼女にはこれがいちばんいい」、
素直に私はそう思えた。

そして、彼女の隣で微笑む親御さんを見ていて、
彼女のように周りが決めてくれること、私のように、
何でも自分で決断し、それを受け入れてもらえること、
どちらもそれぞれ「大きな親の愛」なのだと
思わずにはいられなかった。

また、彼女を見ていると、こういうことも感じる。
「自分とタイプの違う友というものは、自分を
客観的に見られるようにしてくれる”鏡”なのだ」と。

だから、この頃よく、私は教室でこう口にする。
「自分と違うタイプの友達は、大事にしたほうが
いいよ。似た人とだけで固まっていると見えない、
違う世界が見えるようになるからね」、
「親や周りの大人が薦めてくれる進路に行くのだって、
決して悪くないんだよ。でも、必ず自分で納得して
進みなさいね。そうしないと、あとで何か起こった時に
”お父さんやお母さんのせいだ!”ってなるでしょう。
それは自分を不幸にするよ」と。

私にとっての「鏡」の友人。彼女の未来が、一点の
曇りもないように、いつまでも光り輝いていてほしい。
そう、私は、梅雨明けのまぶしい太陽に、強く願った。

|

« web連載 第29回更新 | トップページ | ピュアミュージック'06 大人の上質な夏祭り »

コメント

そうですね。違うタイプの人は何考えてるか信じられない・・・と
思う自分と ふんふんそうなんだ・・と思う自分とありますね。

私は、今典型的O型のマスターときっちりA型のHIROMIちゃんと
いうおっさんの親友がいますが、いつも気づかされたりして・・・
この歳になっても まだまだ 自分がダメなんだと思うところ
発見できてます。
友達は大切です。特にYESマンではない友人は・・・

投稿: ミッキー | 2006/08/01 14:47

>ミッキーさん


こんばんは、ご無沙汰しております。
自分と違うタイプの方は、いろんな面で
サポートしてくれたり、発見を与えて
くれたりするので、貴重な存在ですよね。


>友達は大切です。特にYESマンでは
>ない友人は・・・


おっしゃる通りですよね。
年を重ねると、YESマンが近くに
いるほうが心地いいのですが、
それでは長い目で見ると自分には
プラスにならないですものね。


コメントありがとうございました!
(^0^)


投稿: つきのみどり | 2006/08/01 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/11171366

この記事へのトラックバック一覧です: 友人、という鏡:

« web連載 第29回更新 | トップページ | ピュアミュージック'06 大人の上質な夏祭り »