« ロゼッタストーン"NEXTEP"始動!! | トップページ | 味方を作る、ということ »

2006/09/04

猫・大野真澄さん・庄野真代さんLive ベテランの「さすがの味」

9/3、草加市文化会館で行なわれた、猫、
大野真澄さん庄野真代さんのライブに
顔を出した。

これ、実は、郵政公社の「夏のおたより(旧・かもめーる)
抽選会」に伴うアトラクション。最初話を聞いた時、
「9:30開場 10:00開始 12:30終了」という進行
予定に、思わず苦笑。

というわけで、日曜朝、思ったより早く、草加に到着。
会場にはいつもライブに見える方のお顔が。
さすが、と感心。

前半の抽選会を終え、11:00過ぎにライブが始まった。
「よみがえる青春!フォークソング・コンサート」の題が
ついている。抽選にいらしていた来賓の方の中からも、
「僕たちの世代の歌だよ、楽しみだな」というお声が
あがったのを、私は聞き逃さなかった。

トップバッターは猫の皆さん。お衣装に、秋の気配を
そこはかとなく感じる。「地下鉄に乗って」、「What a
Wonderful World」、「各駅停車」、「雪」と、会場の
皆さんに、今もお元気なことを知らせるように、
歌と演奏を響かせる。

「過去のアルバムが、今月、CDになって
発売されます」と、しっかり宣伝もされ、
ステージを降りられる。

続いては大野真澄さん。「あなただけを」で
(僕と常富さんが作者です、と告白して)
会場にインパクトを与え、「ラブソングは
いらない」、「1パイントのラム酒に乾杯」、
そして、もちろん、締めは「学生街の喫茶店」。
ギターサポートに田中章さんという方をお迎え
していて、おふたりの美しいハーモニーが
響き渡った。

大野さんは、もともとGAROの方なので、美しい
コーラスが出来るサポートの方が入ると、いっそう
大野さんの歌の良さが出る気がする。以前、
鈴木雄大さんがサポートでNHKの「思い出の
メロディー」に出られた時の印象が、脳裏をよぎる。

最後は、庄野真代さん。サポートは「浜田山~ず」。
京王井の頭線に、浜田山という駅があり、その
近辺に住んでいる方々で結成されたバンド、
とのこと。先ほどの田中さんがギターで、
ウッドベースが渡辺茂さんという面々。

「中央フリーウェイ」、「飛んでイスタンブール」と、
懐かしい曲を今のお姿で歌って下さったあと、
「風の道」、「Be Yourself」と、今の真代さんの
お気持ちを綴った歌。

「私たち歌手は、言いたいことがあると歌を
作ります」と、人生の酸いも甘いもたっぷり
味わった、大人にしか歌えない、メッセージを
聞かせて下さった。

庄野さんは今、大学院生でもいらっしゃるし、
何より、9/10・11に迫った、「セプテンバー・
コンサート」
の代表でいらっしゃる。大学は
まだ、ほとんどが夏休みだけれど、それにしても、
お忙しい中で、密度の高い内容を見せられるのは
大変なことだろう。

そして、最後は皆さんで、フォークのイベントらしく
「風に吹かれて」と、この日最年少でご機嫌な
真代さんが、「高校時代好きだった」という、
「出発(たびだち)の歌」を歌って、お開きになった。

午前中で声も出にくくていらっしゃるだろうに、
皆さんさすがの、うまい演奏と歌を聞かせて
下さった。短い時間でも、コンパクトに「ご自分の
持ち味」を出せるのが、長年の経験に裏打ち
されたキャリアなのだろう。

(さすが!)
自分も年齢を重ねた時に、こうやって、短時間でも
きちんと自分を表現できる人でいたい。そういう
人になりたい。

でも、そのためには、今の私のすべきことをきっちりと、
丁寧にしていかなくては。
皆さんの持ち味をじっくり堪能させていただき、改めて、
そんな気持ちを抱いて、私は会場をあとにした。

|

« ロゼッタストーン"NEXTEP"始動!! | トップページ | 味方を作る、ということ »

コメント

レポ、楽しく読ませて頂きました。
ひとつのライブに複数のレポが書かれて、それを読み比べられるのって面白いですね。
皆色々な角度から観て、聴いて、感じているんだなぁと、改めて思いました。

だけど「9:30開場 10:00開始 12:30終了」には、ホントに苦笑!!でしたね。笑。

投稿: キャサリン | 2006/09/05 10:35

>キャサリンさん


久々の書き込みありがとうございました。
そして、早朝からお疲れ様でした。


Vocalさんのファンの皆さんは、
どこへいらしても、きちんと
掛け声をかけられるのが
素晴らしいと、いつも敬服しています。


猫の場合ですが…「猫さん!」は
変で、さりとて全員の名前を呼んで
いると、時間がかかりすぎてしまう、と
いう悩みがあります。

良いお知恵がありましたら、
あつかましいのですが、
ぜひお授け下さいませ。m(__)m

投稿: つきのみどり | 2006/09/05 18:13

ん~。。。猫だけに、ニャンとも…。。。笑。
けれど、GARO時代のライブでは、「MARK!!」「TOMMY!!」「VOCAL!!」「きゃあ~!!」ってバラバラだったようですよ。

私達はVOCALぅ~って叫ぶ事で、ライブに参加し、自分たちもとっても楽しんでいるんです。
これは、一度やったらやめられません!!笑。
ただ、周りの状況を見つつ、迷惑が掛からないように…一応気を遣ってます。爆。

猫ファンの皆さんでタッグを組んで頑張って下さいね。

投稿: キャサリン | 2006/09/05 20:47

>キャサリンさん


早速のお優しいお返事、
ありがとうございます。m(__)m


>私達はVOCALぅ~って叫ぶ事で、
>ライブに参加し、自分たちも
>とっても楽しんでいるんです。


大事なのは、この気持ちですよね!
何か良いアイデアが思い浮かんだら、
実行してみることにしますね。

投稿: つきのみどり | 2006/09/05 23:57

いつもライブレポ楽しく読ませて頂いています。
私はこの前始めて、及川さんと茶木さんを生で聞きました。とても良かったです。そうそう、茶木さんのHPの写真見ましたよ。

投稿: 醤油屋の弟子 | 2006/09/08 23:24

>醤油屋の弟子さん


こんにちは、以前TB下さった方ですよね。


及川さんと茶木さんが関西ツアーに
いらしていたので、ご覧になったのですね。
お楽しみになれたようで、良かったです。
(^0^)


そうなんです、茶木さんの公式HPの
トップページ、ただ今、私の写真を
採用していただいています。

コメントご丁寧にありがとうございました!!

投稿: つきのみどり | 2006/09/10 00:12

 郵政公社は身内ですが朝からコンサートするとは。 年配の人に気を遣ったにしては早すぎるわ。    庄野真代さんは実家が二駅先です。隣の駅はシモンズのユミさんの実家が。  このふたりはテレビ番組で再会してました。    ただ庄野さんは生で観たことがなくて。浜田山ーずのラジオ番組が関西でネットしていた時があり、まだ当時は大学生でいたのでは。今回のセプコンも私は文化放送での収録には行きますが…。         またの機会を。今日は、せっかくの上京ですから、楽しませていただきます。 それではまた。失礼します。追伸 茶木さんと恒平さんのツアーは吹田、和歌山、笠岡に参加しましたが地方のほうが熱いものを感じました。それじゃー。

投稿: 浜ちゃん | 2006/09/10 03:26

>浜ちゃん


こんにちは!
庄野さんは大阪ご出身でしたね、
ユミさんとの再会話にもナットクです。


朝からコンサート…郵政公社の
催し物として、定着したら
コワイです。(^^;;


ネットラジオって、意外なところで
意外な内容が聞けたりして楽しいですよね。


今日は暑いです、お気をつけて
東京においで下さい!

投稿: つきのみどり | 2006/09/10 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/11763303

この記事へのトラックバック一覧です: 猫・大野真澄さん・庄野真代さんLive ベテランの「さすがの味」:

» 草加文化会館で歌った [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
    2006.9.5              日光街道が走る古い宿場町 草加       ここで残暑厳しい日曜の昼間        猫 が参加した音楽イベントが行われた      日本郵政公社 の       夏のおたより郵便葉書抽せん会        その後に行われた来場者お楽しみイベント         「今蘇るなつかしのフォークソング・コンサート」          まあたいそうなタイトルのライブだったな      時間も各アーティスト20分と短く       たっぷりと... [続きを読む]

受信: 2006/09/04 23:50

« ロゼッタストーン"NEXTEP"始動!! | トップページ | 味方を作る、ということ »