« 猫 Live in 六本木 田口さんへのメッセージ | トップページ | LIP Live in ステラボール 裏"TULIP"の楽しさ »

2006/10/12

猫 Live in PENNY LANE くつろぎのひと時

Blog061012a


10/7、猫のライブが
原宿のペニーレーン
開かれた。

前夜までの激しい雨も上がった、3連休
初日の土曜日、原宿は大変な人波。
買い物から帰る人、これから出かける人…
夕方の表参道は、満ち足りた笑顔の人、
期待で顔を紅潮させた人であふれている。

私たちも、期待に胸を高鳴らせながら、
ペニーレーンのドアの前に立った。場所こそ
微妙に違うものの、かつて「ペニーレーン」と
言えば、猫の皆さんはもちろん、多くの
アーティストの方々が集った場所だった。

同じ名前でこの春からお店が復活したのを、
どれほど多くの方が心待ちにしていたこと
だろうか。期待で胸を高鳴らせたファンが、
開場前から詰めかける。階段を上り、2階の
ライブスペースへ。今日はテーブルも
置かれていて、どこか懐かしさ漂う、
広い家のリビングルームでライブを聞く
ような感じがする。

客席の期待の視線の集まる中、ライブは
「時の贈りもの」、「たどり着いたらいつも
雨降り」のメドレーでスタートした。客席からは
早速掛け声がかかり、まるで猫のライブを
するのが、初めての場所とは思えない。

「僕のエピローグ」、「昼下がりの街」、「What a
Wonderful World」、「Café Mangosteen」と、
順調にライブが進む。「Café…」は、ずいぶん
久々に聞いた。

猫の皆さんはもちろん、客席にも、リラックスした、
心地良い雰囲気が漂っている。

私も、ここに来るのは2度目なのに、ゆったりと
した気分で聞けているのがとても不思議。
昔からの懐かしい場所、懐かしいお顔の
スタッフさんに囲まれている、猫の皆さんの
安心感が、以心伝心、伝わってくるのだろうか?
「常春」、「各駅停車」、「Sanfrancisco Bay
Blues」で前半が終了した。

Blog061012b


しばしの休憩をはさみ、
後半は「地下鉄に乗って」で
スタート。「Namida」、「いい娘(こ)
だね」と続くが、今日は石山さんの
渾身のベースが響き渡る。

内山さんも、2回目のお披露目のコンガを
気持ち良さそうに叩かれている。いつも
お洒落な内山さん、今日はグッとシックな
秋の装いが素敵!

「Grapefruit Moon」、「人生なんてそんな
ものさ」、「Don’t Think Twice, It’s All Right」と
曲が続く。カバーにも精力的に挑戦されている
猫のライブには、「次はどんな曲に新しく
出会えるかな」という期待がいつも詰まっている。

「わたしの足音」、「コスモス」。

MCで、今後のライブの予定の話が出る。
猫の皆さんの熱のこもった「雪」、「My Way」と
演奏は続き、ライブ本編は終了した。「My Way」は、
ライブで今後定着するのだろう。内山さんのお声が
この曲にとてもよく合っている。

アンコールはお約束の「海は恋してる」。ファンに
とっては、コーラスでライブに「参加」できる嬉しい曲。
こうやってステージと客席が一体になり、ライブは
お開きになるのが、なんとも言えず嬉しい。

そして、その後はいつものように、楽しいおしゃべりの
時間へとつながっていった。

猫の皆さんは、ライブ後のファンとのおしゃべりの
ひと時を、とても大事にされている。それは、特定の
誰かとどこかへ行ったり、話しこんでいる、というの
ではなく、「ファンに対する、平等な誠意の表し方」
だという感じが伝わってきて、ライブにいらした
多くの方には大変嬉しい時間になっている。

この時間は多くのファンにとって、とてもありがたいし、
貴重だと思う。また、この時間は「ファンの皆にとっての
平等な時間」であるべきで、そう強く願う声をこの頃
よく耳にする。

くつろげる場所で、安心して聞けるライブ。そして、
その後の楽しいおしゃべり。これこそが「大人の
楽しいひと時」と太鼓判を押せるものだろう。また
ここで猫のライブを聞けるのを楽しみに、私は
だいぶ人の少なくなった原宿を後にした。

|

« 猫 Live in 六本木 田口さんへのメッセージ | トップページ | LIP Live in ステラボール 裏"TULIP"の楽しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/12257454

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in PENNY LANE くつろぎのひと時:

» 始めてのペニーレーンが終わった [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
    2006.10.9         猫 ライブ in 原宿ペニー・レーン 2006.10.7(Sut)     始めての 猫 ペニー・レーン ライブが終わった      何故か数日前から風邪の兆候が出て       薬で抑えながらの前日リハーサル        そして頭痛がする中での当日の朝         気持ちのどこかで不可抗力で中止になったり          逃げ出したりしちゃおうかなどの妄想が回っていた           もちろん楽器の調律を済ませた途端        ... [続きを読む]

受信: 2006/10/13 11:18

« 猫 Live in 六本木 田口さんへのメッセージ | トップページ | LIP Live in ステラボール 裏"TULIP"の楽しさ »