« 伯父の思い出 誇り高き教員 | トップページ | 猫 Live in ロイヤルパークホテル 新たな楽しみ方 »

2006/11/22

web連載 第34回更新

「ロゼッタストーン」でのweb連載、
「つきのみどりの教育カフェテリア」
11/21に第34回の記事を更新した。

今回のテーマは「いじめについての緊急
メッセージ」。いじめられている生徒、
いじめている生徒、保護者、そして教員宛に、
私なりに伝えたいことを書き綴った。

いじめている生徒も、本当に相手を憎んで
いるのではなく、誰かを攻撃したり、自分が
上に立ったりすることでしか、対人関係を
築けなくなっている場合もある。

そういう生徒や、保護者の方からの相談が
あれば、お話を聞かせていただきたい。

もちろん、他のご相談も真摯に受けさせて
いただくつもりでいる。

いじめは、決して許されない。そんな思いを
こめて、今回のメッセージを発信した。

|

« 伯父の思い出 誇り高き教員 | トップページ | 猫 Live in ロイヤルパークホテル 新たな楽しみ方 »

コメント

こちらにはご無沙汰していて、すみません!
今ロゼッタストーンのみどりさんの提言を読ませていただきました。
小4の我が家の子供たちにもそれぞれいじめがないか聞いてみたりしています。幸いそういうことはないようですが、私自身小5で理不尽ないじめを受けた経験があるので、やはり心配です。
親として、子供がいじめの輪の中に入ってしまったら・・・という不安がありますが、とにかく毎日子供たちから眼を離さず、微かな変化も感じられるようにいたいと思っています。

投稿: れいん | 2006/12/03 01:50

>れいんさん


いつもご丁寧にありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しておりすみません。
(ブログはいつも拝見しております)


子どもを取り巻く大人のすべてが、
いじめの悪を説き、また、被害者を
あたたかく包むことが重要だと私は
考えています。


幸いにも私は国語を教えているので、
子どもたちの考えが文章などで
わかったりしますし、自分の
メッセージを伝えられる機会が
多くあるので、それを大事にして
いこうと、改めて思いました。

投稿: つきのみどり | 2006/12/04 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/12775404

この記事へのトラックバック一覧です: web連載 第34回更新:

« 伯父の思い出 誇り高き教員 | トップページ | 猫 Live in ロイヤルパークホテル 新たな楽しみ方 »