« 猫 Live in ペニーレーン ライブという「時の贈りもの」 | トップページ | 映画「フラガール」 先見の明の重み »

2006/12/21

中川イサトさん&四角佳子さんLive in 落陽 「三本の矢」の魅力

Blog061221a


12/16、中川イサトさん
四角佳子さんのライブが
落陽で開かれた。

この日は予約で満席となったので、早くから
客席が埋まる。私も早めに出かけ、遠方からの
観客とおしゃべりしつつ、開演を待つ。
店内は40人以上の客が入った。

今日はイサトさんのステージから。「吉祥寺1972」、
「仕事探し」(高田渡さんオリジナル)で幕を開けた。

「72年ごろは、彼に仕事が入るとよくおごって
もらいました」という、渡さんとの思い出話が出る。

そして、話は吉祥寺のことにつながる。
「次の曲は、LP『お茶の時間』に入っていまして、
この曲は喫茶店の窓ぎわの席に座っている
ところを撮ってもらったんです。その窓ガラス越しに、
クレーン車が写っていまして…それは、近鉄デパート、
今のヨドバシカメラの建物を作っているところだったん
ですね。30年の間に、建物ができていなかったのに、
近鉄、ヨドバシカメラと、時の移り変わりを感じます」
と言われ、「ゆきしぐれ」を歌われる。

(私が知っている間でも、吉祥寺は関東唯一の
支店だった、近鉄デパートが閉鎖、三越になって、
それも閉店してヨドバシカメラ、と、これだけ動いている)
感慨深い一瞬だった。

「Deep River Blues」、「北帰行」、「I’m So Lonesome
I Could Cry」と歌われる。
「昔は歌うのが気恥ずかしかったんですけれどね。今は
歌うのが好きになりまして、レコーディングも楽しかったです」
とのこと。
(味と渋みのある、良いお声です)

Blog061221b


ここからはインストで、
まず、「Left Alone」。これは、
もともとジャズのピアノ曲で、
マル・ウォルドロン(ビリー・ホリディの
バックも務めた)の作品だと言われる。
イサトさんのギターが、ピアノのように繊細な音を奏でる。

「The Sprinter」で、観客から「おぉー」、「すごい」などの
歓声が(ひそかに)あがる。満場の拍手のあと、ライブは
いったん休憩に入った。

後半はまず、おけいさんのソロステージから。バックは
いつものように木村香真良さん。おけいさんの今日の
いでたちは、クリーム色のタートル、シャンパンゴールドの
ふんわりとしたスカート、そして、足元はいつものように
バレエシューズ。先日の「まる六」ライブでは、黒でまとめた
冬の装いでいらしたけれど、今日は穏やかな雰囲気で
まとめられている。

「ただあたたかくカラッポに」、「あめのことば」と、「まる六」
でのナンバーが並ぶ。今日は香真良さんのギターも、
イサトさんの前だからだろう、いつも以上に繊細で、そして、
おけいさんの歌に寄り添っている。

「香真良くん…ギター、素敵」
おけいさんにこう言われ、びっくりして思わず手を止める
香真良さん。みな、あたたかな笑いで応じる。

先日、イサトさんたちのライブを見に出かけられたお話が
出る。
「坂庭省吾さんのトリビュートアルバムも出されています
けれど、坂庭さんは私の実家のお近くにいらして、その
昔、お仲間皆さんで遊びに来て下さったこともあります」と、
にこやかに懐かしまれる。

「うれしくて」、「やくそく」とオリジナルを続けられたあとは、
「Moon River」。香真良さんのギターが、月に寄り添う星の
またたきの音のように美しく、素晴らしく奏でられる。

Blog061221c


ここで再びイサトさんの
ご登場。
おけいさんの肩をぽん、と
イサトさんが押されると、
「こんばんは」というイントネーションが、
もう関西弁に!

おけいさんがライブで関西弁、というのはとても珍しい
こと。京都ご出身の香真良さんと一緒に、「あきまへん」、
「ええよ」など、関西トークが次々飛び出し、こちらまで
楽しくなる。

いつもよりも若干テンポの速い「インドの街を象に乗って」。
「The Water Is Wide」、「春の風が吹いていたら」と
歌われる。「春の風…」では、イサトさんとデュエット。
渋いイサトさんのお声が入り、この曲の新しい広がり方が
生まれた瞬間に立ち会った。
(またこのデュエットは聞きたいなぁ)

「Circle Game」、「500miles」と歌われて、ライブはお開き。
でも、拍手は当然鳴り止むはずもない。皆さん、アンコールに
応えて下さる。曲は、「自転車に乗って」。見にいらしていた、
及川恒平さんもステージに上がられる。「♪自転車に乗って…」と、
客席も巻き込んでの大合唱。

Blog061221d


「また来年、一緒に
ライブしましょう」
イサトさんのこのお言葉が、
全てを物語っていた。

イサトさん、おけいさん、そして、香真良さん。それぞれ、
素敵な魅力と技術をお持ちの皆さん。
でも、この日のライブは、「三本の矢」の故事ではないけれど、
「みんなが束になると、思いがけないほど強い力を発揮」
されていた。

関西ご出身という団結力、皆さんがそれぞれに持たれる
思いやり、気遣いのあたたかさ。それらが重なった時、
もともとの持ち味が、聞き手の想像以上の魅力となって
私たちの前に現れる。
それは、他の方とのジョイントとはまた違う味わいだった。

(この「三本の矢」のライブにまた来られますように)
あたたかな気持ちで、そして、笑顔で
落陽をあとにした。

|

« 猫 Live in ペニーレーン ライブという「時の贈りもの」 | トップページ | 映画「フラガール」 先見の明の重み »

コメント

ふたつのライブレポート拝見しました。
Uさんのあくまでオフィシャルなレポートと
つきのさんの思いのこもったレポート双方を拝見
できる幸せを感じています。
(けっしてUさんのレポートが心がこもってないというわけでなく、その思いを拝見する我々に託されているようなやさしさを感じます)
そして、つきのさんらしいレポートを重ねることでその場にいられなくても、あたかも落陽のテーブルでライブを楽しんでいられるような感覚にしたることができました。

つきのさんのお言葉をお借りすれば
つきのさん、Uさん、そしてライブに行けなかったおけいさんファンのひとりひとりで「三本の矢」となって楽しむことができるライブレポートということでしょうか!?

ありがとうございました。

投稿: たくみ | 2006/12/21 22:25

>たくみさん


書き込みありがとうございました。
おけいさんのオフィシャルサイトの
Uさんのレポは、愛にあふれつつも、
あくまでもオフィシャルという
立場に立たれていて、読み手が
あれこれ想像できる楽しさが
ありますよね。


私のほうはあくまでも主観に
基づいた内容ですので…。


それぞれお楽しみいただけたら
幸いです。

投稿: つきのみどり | 2006/12/21 23:15

たくみさん、上手いことおっしゃる!
ま、単に僕にはつきのみどりさんのような
表現力が無いって事です・・・(^^ゞ

「その思いを拝見する我々に託されているようなやさしさ・・・」

そこまで言っていただいちゃうと照れますね~
(*^_^*)
ありがとうございます!

つきのみどりさん、お邪魔しました!
m(__)m

投稿: U | 2006/12/22 11:45

>Uさん


お出ましありがとうございました。


>その思いを拝見する我々に
>託されているようなやさしさ…


このお言葉、私も素直に共感
できましたよ。(^0^)
これからも愛あるレポを楽しみに
しております。


追伸
勝手ながら、コメントの一部を直し、
2つ目のコメントは削除させて
いただきました。
悪しからずご了承願います。m(__)m

投稿: つきのみどり | 2006/12/22 13:01

つきのみどりさん!修正ありがとうございました!
これで僕のおっちょこちょいな部分が露呈せずにすみます。
(^^ゞ

‘愛あるレポ’頑張ります!(^_-)-☆

投稿: U | 2006/12/22 17:11

チェーンコメントみたいで恐縮です。
つきのみどりさんやUさんからお褒めの言葉を
頂いて面映い感じです。
しょせんおっかけと言っても地方在住の身
すべてにいけない私にはお二人のレポートが
頼りです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: たくみ | 2006/12/22 22:00

>Uさん


どういたしまして、訂正は
たいしたことではありませんので、
どうぞお気になさらずに願います。


今後もオフィシャルサイトの
ご管理、よろしくお願い致します!
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/12/22 23:32

>たくみさん


再びありがとうございました。
今後もまたwebをはじめとして、
こちらこそよろしくお願い致します。

投稿: つきのみどり | 2006/12/22 23:34

 なんか一週間たっても身体がだるくて仕事以外はうとうとしてます。先日のライブも鈍行電車で参加したので眠いこと。それでも一曲まるまる記憶が飛ぶことはありませんでした。それだけ楽しかったんですね。    特にイサトさんには奥様に報告されるため、よりパッチリと。まあ寝ててもいいんですが。       大成功のライブに喜んでます。27日に大阪でイサトさん夫婦で逢えるライブがあるので打ち上げがあればまた落陽の話を。     また来年ですね。よろしくお願いします。それでは早いですがよいお年を。失礼します。

投稿: 浜ちゃん | 2006/12/25 12:10

>浜ちゃん


お忙しい中、また、お疲れのところ
コメントありがとうございました。
お体にだけは気をつけて下さいね!


イサトさんはご郷里でのライブ納めで
いらっしゃいますね。ご夫妻にどうぞ
よろしくお伝え下さいね。落陽での
今回のライブ、大成功で私も、おおいに
嬉しかったです。


こちらこそお世話になりました。
どうぞよいお年をお迎え下さい!(^0^)

投稿: つきのみどり | 2006/12/26 00:44

 こんにちは。あの日のライブは、一番後ろの席で背伸びをしつつ見てました。今でも忘れられないライブです。恒平さんとのJライブは、行けませんでしたが、愛のあるレポ、私も楽しみにしています。(*^_^*)
 そして、もう一人のレポーター”姐さん”が、恒平さんについて知りたがってましたので、勝手ながらこのHPを紹介させていただきました♪

投稿: あさやん | 2007/01/14 13:28

>あさやんさん


こんにちは、今年もよろしくお願い致します。
本当にこの日のライブは素晴らしかった
ですね!


また、ご紹介ありがとうございました。
昨日もイサトさんと恒平さんのライブに
参りました。近いうちに
レポはアップしたいと思います。
しばしお待ち下さいませね。m(__)m

投稿: つきのみどり | 2007/01/14 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/13153130

この記事へのトラックバック一覧です: 中川イサトさん&四角佳子さんLive in 落陽 「三本の矢」の魅力:

« 猫 Live in ペニーレーン ライブという「時の贈りもの」 | トップページ | 映画「フラガール」 先見の明の重み »