« 中川イサトさん&及川恒平さんLive in 落陽 "年輪"の重み | トップページ | 猫 Live in ワイワイ・ガヤガヤ展 それぞれの"Love&Peace" »

2007/01/21

猫&四角佳子さん Live in 那須塩原 手作り、ほのぼの「おもてなし」の時間

1/19、猫と四角佳子さんのライブが、
那須塩原温泉の湯守田中屋で開かれた。

昨年秋に決まったこの組み合わせ。仕事を終えて
一目散に那須塩原へ向かう。風が東京よりも明らかに
冷たい。そんな中、玄関に着くと、にこやかに旅館の
方が出迎えて下さる。玄関を上がると、女将さんが
お忙しそうに、でも笑顔で立ち働いていらっしゃる。

こちらで猫・おけいさんともライブをなさるのは初めて
のこと。また、田中屋さんも手探りで準備をされて
いるご様子が伝わってくる。
皆さんはそれぞれ、ご自分の楽器やベース
アンプ、また、田中屋さんは地元の信頼置ける
PAさんを手配と、皆さんが最善の準備を尽くされ、
ライブのセッティングが整う。

会場は伝統ある、源泉の湧き出る旅館のロビー。
東京から駆けつけた方、地元の方が多く集まる。
先に一風呂浴び、すっかり”いい気分”の方も。
おいしいお食事を堪能して、開演を待つ。

Blog070121a


「各駅停車」でライブが始まる。
続いて、「旅の宿」。猫ライブでは
初のお披露目、この場にふさわしい
選曲に、みな歓声をあげる。そして、これまた
初お披露目の「花はどこへ行った」。そう、'60年代
アメリカン・フォークを代表する、あの曲。

去年ライブでムッシュかまやつさんと共演して以来の
レパートリー、「どうにかなるさ」、そして、CD「猫5」から
必ず歌われる「常春」。
新旧、東西の名曲を上機嫌で楽しむ観客たち。

Blog070121b_1


ここで内山さん・石山さんが
いったんご退場、入れ替わって
四角佳子さんがステージへ。まずは、
ごあいさつ代わりの「雨が空からふれば」。そして、
「Circle Game」。おけいさんは、グレーのニットに
黒のスカート、という、冬らしい装い。おふたりの
ハーモニーとギターを静かに聞き入る客席。

ここで再び、内山さんと石山さんがご登場。「うれしくて」、
「ホワンポウエルの街」(六文銭)、そして、「春の風が
吹いていたら」を4人でセッション。

「ホワンポウエルの街」が終わったところで、おけいさんが、
「この曲の出来は、石山さんのベースにかかってました」。
と、お礼を言われる。この日も素晴らしい出来で、
内山さんのコンガと共に、「街の息づかい」を思い
起こさせる音だった。

Blog070121c


ここでおけいさんはご退場。
「地下鉄に乗って」から、再び
猫のライブ。客席は拍手喝采、大歓声。
ノリノリの手拍子が始まる。
そして、次の「Namida」まで、内山さんのコンガは
続いた。

その後は「What a Wonderful World」、「たどり
着いたらいつも雨降り」と続き、ライブ本編の最後は、
「雪」。やはり寒い時にこの曲を聞くのは、嬉しいもの。

その後、アンコールはおけいさんも加わる。某ビール
会社・栃木支社長さんから、皆さんにビールの心憎い
差し入れがあるのも、「旅館」ならでは、というサプライズ
だった。

アンコールは、「海は恋してる」から。客席には歌詞
カードが配布される。続いての「出発(たびだち)の歌」も、
客席と一体になって大合唱。

ここでライブはお開き、のはずだった。でも、すっかり
盛り上がった客席からは、「アンコール!!」の声援と、
手拍子が止まらない。ちょっと戸惑っていらした皆さん
だったけれど、声に後押しされ、「歩いていようね」を
大合唱、とあいなった。

その後はあちこちで、大小さまざまの、話の花が咲く。
この時皆さんが思い思いに頼んだドリンクは、田中屋さん
からのサービスだった。常富さんと内山さんの昔のお仲間、
栃木県内のご一家…。日付が変わる頃まで、ロビーの
囲炉裏を囲み、おしゃべりが途切れることはなかった。

猫の皆さん、おけいさん、それぞれ手持ちの楽器が多く、
大変な移動でいらしたと思う。田中屋の皆さんも、
慣れぬ試みで、試行錯誤なさっただろう。

でも、その皆さんの手作りの「おもてなし」感のこもった、
大変素敵なライブで、心が温まった。

(東京からも近いし、また素敵なライブがここで
聞けますように)
夜、温泉に入り、ライブに携わって下さった皆さんに
感謝し、私は幸せな気持ちで床に着いた。

|

« 中川イサトさん&及川恒平さんLive in 落陽 "年輪"の重み | トップページ | 猫 Live in ワイワイ・ガヤガヤ展 それぞれの"Love&Peace" »

コメント

初めまして。
19日の「猫&オケイさんのライブ」でご一緒にほのぼのとした時間を共有させていただいた『栃木のまむ』と申します。
ライブレポートを読ませていただき あの日の様子を思い出してニッコリしてしまいました^^。
ライブ後のお話の輪にも参加されていただき、ありがとうございました。当日、自己紹介しておけばよかったな~とちょっと心残りです。
また、どこかのライブでお会いできますことを楽しみにしております。

投稿: まむ | 2007/01/21 17:12

素敵なライブで何よりです。雰囲気が伝わってきます。次回はスケジュールを調整して絶対に行きたいです。

投稿: よおこJ45 | 2007/01/21 22:19

>まむさん


はじめまして、書き込みありがとう
ございました。本当に楽しくほのぼのと
したひと時でしたね!


またライブの際などに、お目にかかって
お話できたら嬉しいです。こちらにも
よろしかったら、また遊びにいらして
下さいね。(^0^)

投稿: つきのみどり | 2007/01/22 16:20

>よおこJ45さん


今回はご一緒できず残念でした。
また次回、ぜひご一緒に楽しみ
たいですね!

投稿: つきのみどり | 2007/01/22 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/13601877

この記事へのトラックバック一覧です: 猫&四角佳子さん Live in 那須塩原 手作り、ほのぼの「おもてなし」の時間:

» 温泉と心ゆくまでのくつろぎと音楽 [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
     2007.1.21                猫 と 四角佳子の温泉ライブ / 塩原温泉 湯守田中屋にて            冬本番とは言っても       例年よりは大分楽なこの冬        それでも山を越えた風がピリと頬をたたく         遠くには 男体山 が雪をかぶって          北関東は 栃木 に深く入ってきた           山に道が入ってゆくと川沿いの上り道            最初のどっしりとした旅館がここ             湯守田中... [続きを読む]

受信: 2007/01/22 02:16

« 中川イサトさん&及川恒平さんLive in 落陽 "年輪"の重み | トップページ | 猫 Live in ワイワイ・ガヤガヤ展 それぞれの"Love&Peace" »