« 私立中学受験過熱に思う | トップページ | 及川恒平さん&四角佳子さん Live in 大森 居心地の良い空間と歌 »

2007/02/06

猫 Live in 落陽 新旧の出会い

Blog070206a


2/3、猫のライブが、
落陽で開かれた。

節分のこの日、店内にも鬼のお面が飾られ、
観客には煎り大豆の袋が配られる。旧暦で
いえば大晦日、一年の無事を祝い、来たる年の
無病息災を願う日。常連さんも、初めて見る方も、
お豆を食べながら(平和な気持ちだったことだろう)
ライブを待つ。

「雪」でライブが始まった。この日のベースは、
ライブでよくご一緒になる、及川恒平さん
ファンであり、右腕的ご存在でもある、ななこさんの
ベースだった。
(彼女は石山さんのベース教室の生徒でもある)

「花吹雪桜一家と申します」の後でMCがある。
石山さんのひとこと。
「お店のアンプがギターアンプで、自分のベースとは
相性が悪いので、相性のいいベースをお借りしました」
ということだった。

「Café Mangosteen」、「風に吹かれて」の後は、
「ウタヲウタウ」。サビの明るいメロディーと詞がマッチ
した曲。

そして、「常春」、「片思いのブルース」。ベース教室の
生徒さんが(パートナーはじめ)多く見えているので、
「師匠!!」の掛け声があちこちから飛ぶ。

Blog070206b

「Grapefruit Moon」、
「どうにかなるさ」、
石山さんのアップライトベースが響く。
そして、「Sanfrancisco Bay Blues」で、にぎやかに
第1部が終了。

Blog070206c

コンガなどの
セッティングの後、第2部が
スタート。「今日は昔からの仲間、
エルトン永田さんが来てくれました」
常富さんのひとことで、店内は拍手が巻き起こる。

その拍手の渦の中、「地下鉄にのって」。初めて猫の
ライブを見る方にとっても、おなじみの曲のはず、
大歓声と手拍子が沸き起こる。

「Namida」、「いい娘だね」まで、内山さんのコンガは
続く。「いい娘…」でも、大喝采が起こる。

「What a Wonderful World」、「僕のエピローグ」。
「♪生きるなんて 生きるなんて…」と、サビを
繰り返される常富さん。

客席は、盛り上がるところは大きく盛り上がり、
声をかけ、また、聞き入るところでは一心に
聞いていて、メリハリのある聞き方をしていた。

「昼下がりの街」、「Don't Think Twice,It's All Right」、
そして、「たどりついたらいつも雨降り」。「たどり
ついたら…」では、また手拍子が起こる。
「各駅停車」、「さよなら僕は気まぐれ」で、本編が
終了する。

でも、これでお開きになるはずもなく、まずは「海は
恋してる」で盛り上がる。
そして、最後は「My Way」でしっとりと内山さんが歌い上げ、
猫の皆さんも、そして、客席も、穏やかな顔での
エンディングとなった。

そのまま店内では、和やかな歓談となる。落陽が
荻窪駅前に移転し、訪れ始めてまだ間もない、という
方もこの頃多い。

リニューアルしたCD「猫5」売りのお手伝い。その後、初めて
お話しする方とおしゃべりを楽しんだ(ブログを読んで
下さった、と声をかけて下さる方がこの頃多くいらっしゃる。
ありがたく、また、大変嬉しい。この場でお礼申し上げたい)。

また、別のテーブルでは、エルトン永田さんを囲んで
おしゃべりの花が咲いていた。

Blog070206d


この頃落陽では、
ライブ後、アーティストに
壁にサインをしていただく。
猫の皆さんも早速サインをされていた。
猫のかわいいイラストは、内山さんの作。

ライブ後しばらくして、マスター+三叉路の川田さん
(お手伝いにいらしていた)+ミッキーさんでの「荻窪
八幡通り」のセッション、続いて、常富さん、石山さんに
エルトン永田さんを交えての「翳りゆく部屋」(ユーミン)、
「落陽」のセッションとなった。

Blog070206e

新しい観客、ファン、
そして、昔から猫の皆さんと
一緒にお仕事なさってきた、エルトン永田さんとの
触れ合いが、渾然一体となった瞬間だった。

石山さんと客席とに後押しされてステージに
上がられたエルトンさんが、少し困られたように、
「誰か歌ってよー」
そう言われてから弾き始めたところ…

お店には、大合唱の輪が広がった。私も
この場にいられる幸せをかみしめながら、
皆さんの楽しそうなご様子を拝見していた。

セッション後、しみじみと日常の話題、社会問題から
音楽のことまで、エルトンさんと石山さんが
話しこんでいらしたのが心に残った。

|

« 私立中学受験過熱に思う | トップページ | 及川恒平さん&四角佳子さん Live in 大森 居心地の良い空間と歌 »

コメント

今回は阿蘇に行ってましたので落陽ライブは欠席となりました。雰囲気つかめました、ありがとうございます。しかもポスターもトップに使っていただいて制作者冥利につきます。

投稿: ikki | 2007/02/07 01:45

>ikkiさん


こんばんは、こちらこそいつも
ありがとうございます。
阿蘇は楽しんでいらっしゃった
でしょうか、何よりです。


当日ご不在でも、敬意を表し、力作の
ポスター写真を使わせていただきました。

投稿: つきのみどり | 2007/02/07 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/13813022

この記事へのトラックバック一覧です: 猫 Live in 落陽 新旧の出会い:

» 落陽と旧友襲来 [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
    2007.2.3                三度目の フォーク酒場 落陽 でのライブ...      さすがに地に足がついてきたなと       自らも感じた夜だった        ラーメンを食べて着替え         待機したCafeでくつろいだ後          階段を下りていくと           もう皆が待ちかまえていてくれた     お馴染みの顔, 初めての人の顔, 顔      一瞬のうちに見回して今日の一頁目にインプットした       一曲目の雪からスター... [続きを読む]

受信: 2007/02/07 09:26

« 私立中学受験過熱に思う | トップページ | 及川恒平さん&四角佳子さん Live in 大森 居心地の良い空間と歌 »