« 猫&四角佳子さんLive in 函館 青春というバックボーン | トップページ | 猫Live in ロイヤルパークホテル 非日常の楽しみ »

2007/03/03

中西保志さん CD「Standards」発売 名曲への新しい命

中西保志さんの待望の新作CD「Standards」
2/21に発売された。

事務所製作のCD「PROCEED」の発売(2005/11/7記事
参照)後、待望の徳間ジャパンコミュニケーションズとの
契約を果たしてのCDリリース。

早速このお店に買いに行く(もちろん予約してあった)。
店内で、中西さんの声がするのに気づく。お会計を
しながら確かめる。
「これ、このCDからの中西さんの歌声ですよね」
「そうですね」
笑顔のスタッフさん。

(さすが大手からの発売、販売店のサポートも違うなぁ)
そんなことを思っていたら、私の目の前に、「当店で
お買い上げの方に、特典をお付けしております」
との言葉と共に出されたのは…CDに収録されなかった
「恋するカレン」のライブ録音!

(嬉しい、ここで買って良かった!!)
この曲は、2005年の5月、ライブで私も聞いたもの。
山崎のりまささんの端正なピアノが響く1曲
(2005/05/03記事参照)。

予想以上のおまけを抱え、笑顔で帰宅した。早速CDを
聞いていく。アレンジは、新川博さんと京田誠一さん。
新川さんの演奏は、昨年11月に「フォークの達人」
ブレッド&バターの回(2006/11/17記事参照)で聞いて以来。

聞きながら、中西さんが先日ラジオ番組でこんな趣旨の
ことを言われていたのを思い浮かべる。

「’90年代は女性ボーカルの歌が盛んになったので、ぜひ
その中でも良い曲を歌いたいと思いました…ただ、よく
聞いてみると歌詞が女っぽくないんですよね。『~だわ』とか、
『~よね』っていうのが少ないんです、だから、男の僕でも
違和感なく歌えると気づきました」

その言葉通り、Dreams Come True「LOVE LOVE LOVE」や
MISIA「Everythiing」、竹内まりや「シングル・アゲイン」など、
女性ボーカルの名曲に、新しい命が吹き込まれて収められて
いる。

その一方で、久保田利伸「Missing」、浜田省吾「もうひとつの
土曜日」など、力強いボーカルを響き渡らせてくれる曲もある。
そして、どの曲でも、アレンジが現代風に、そして、中西さんの
声質に合っている。

もちろん「最後の雨」も、最新バージョンで録音されている。
中西さんの(これもラジオで語られていた)実体験としての
「最後の雨」のシチュエーションは、20年前、祇園祭の頃の
ことだとか。そう、中西さんは奈良生まれ、こちらの大学
ご出身。

このCDを通して聞いていると改めて感じるのは、「名曲は、
一日にして成らず」ということ。

発売時にヒットする、というのも大事かもしれない。でも、
「人の心に本当に残る作品」というのは、多くの人に
聞きつがれ、歌い継がれていく。それに耐え得る内容を
持った曲、ふさわしい何人もの歌い手によって何年もの
間、歌われ続けて、初めて「本当に残る名曲」となる。

今回の「Standards」には、わりと最近の「名曲」が
収められている。その「名曲」に、「名歌手」の手で、
新しい命が吹き込まれた。
(やっぱり、歌のうまい中西さんには、こうやって
オリジナルでもカバーでも、良い曲を歌いついでほしい)
CDを聞き終え、改めてこう思い、うなった私だった。

大人の、恋するあなたに、そして、恋する気持ちを
忘れかけているあなたに。ぜひこのCDを聞いてほしい。

|

« 猫&四角佳子さんLive in 函館 青春というバックボーン | トップページ | 猫Live in ロイヤルパークホテル 非日常の楽しみ »

コメント

ご無沙汰していました、ユイです。
つきのさんが中西さんアルバムについて、いつ書いてくださるかなぁ=と楽しみにしていました(^^)。もちろん、我が家もネット予約して、聴いていますよ。改めて「歌うために生まれた人なのだなぁ」と納得のヴォーカルですね。

どの曲もそれぞれに中西カラーが入っているようでしたが、『春よ、来い』は予想以上にしっくり聴くことができてうれしかったです。奈良、大和路の桜景色がイメージできて。

私自身、ここ1年ほどで自分の活動場所、すすむ道が変わりました。新たなスタートの時期に、中西さんの大きなスタートに出会い、とてもうれしい気持ちです。

つきのさんにもいつの日か、お目にかかれますように(祈)

ありがとうございました。

投稿: ユイ | 2007/03/05 10:52

>ユイさん


ご無沙汰しております。コメント
お待ちしておりました。


>「歌うために生まれた人なのだなぁ」
つくづく私もこう思います。


このブログに書いていることは、私の
あくまでも個人的な感想です。ですが、
ありがたいことに、思いがけず
多くの方がご覧下さっているようなので、
書くからには、いつも責任を持った
態度でいたい、そう考えています。


ですので、単にCDを聞いた感想、と
いうのではなく、自分なりにきちんと
つじつまの合う言葉にしないと
いけないと思っています。それで
少し時間がかかる場合もあります。
(読者の皆さま、悪しからずご了承
下さいませ)


ところで、お忙しくご活躍のご様子ですね。
(ユイさんは消費生活コンサルタントさんで
いらっしゃいます)


ブログをRSSリーダーに登録致しました。
いずれお目にかかれるのを楽しみに
しております。

投稿: つきのみどり | 2007/03/05 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/14121275

この記事へのトラックバック一覧です: 中西保志さん CD「Standards」発売 名曲への新しい命:

» 【CD】Standards(スタンダーズ)/中西保志 [SWITCH[D] REVIEW-DEBUT]
中西保志の実に久々のメジャー復帰アルバムです。 しかも彼の歌唱力を存分に知らしめるようなカバーアルバム。 昔から何枚かCDを持っていたりして、 好きだなぁと思ってたんで、最初にこのリリースを知った時から とても楽しみにしていました。 実際に発売日には手に入らないままで、取り寄せしてもらって 他の商品を取りに行った時に全然知らされてないまま おそるおそる尋ねてみたら届いていました。 CDを再生すると、待ちわびていた歌声が帰って来ました。 全体的にJazzyだったり、クラシカル... [続きを読む]

受信: 2007/03/16 09:29

« 猫&四角佳子さんLive in 函館 青春というバックボーン | トップページ | 猫Live in ロイヤルパークホテル 非日常の楽しみ »