« web連載 第38回更新 | トップページ | Beau, bel, belle! 嘘のない味と言葉 »

2007/03/31

FM世田谷「あの頃青春グラフィティ」生出演!!

3/31、FM世田谷「あの頃青春グラフィティ」
公開生放送に出演させていただいた。

この番組、「1970-80年代のフォーク・ニュー
ミュージック」を中心にオンエアしている、
13:00から3時間の生放送。全国の
コミュニティFMなどで聞くこともできる
(こちらにリストあり)。

番組のテーマソングは、宇徳敬子さん(元Mi-ke、
「想い出の九十九里浜」がヒットした)の歌う、
「♪夕暮れ時はさびしそう あの素晴らしい
愛をもう一度 あなた…」
と、フォーク世代の皆さんにはおなじみの、
ヒット曲の題名でストーリーが綴られたもの
(ぜひ、オープニングとエンディングをチェック
していただきたい)。

私が出演したのは、「トークDE青春」コーナー。
毎週、生で、また、電話でリスナーやネット
している各地のFM局のアナウンサーさんなどと
話すもの。メールを差し上げているうち、思いがけず、
お話しする機会をいただいた。

放送の行なわれているのは、三軒茶屋駅にある、
キャロットタワー26F展望フロアにある、
スタジオキャロット

展望フロアは、晴れていれば富士山も見える、気持ちの
良い場所。

放送は、ガラス張りの公開スタジオで行なわれている。
進行役の岡野美和子さんファンの男性が、何人も
見にいらしていた。岡野さんは、お声もお顔立ちも、
色気があって素敵でいらっしゃるので、この光景にナットク。

スタジオに入り、マイクの前に座り、いざ、本番スタート。
話したのは、ざっと、こんな内容。

私がフォークソングと出会ったのは、小学生時代に
リアルタイムで聞いた、オフコースの「YES-YES-YES」が
きっかけで、そこから遡って、自分の生まれた頃の
音楽を聞くようになったこと。

そして、中学生になり、オフコースの『はじめの一歩』の
本を買って読んだこと(2005/5/22記事参照)。

その本で、当時、学校で歌っていた「翼を下さい」を、
もともと、赤い鳥という人たちが歌っていたことなど、
70年代初期の日本のフォークソングの状況、また、
オフコースをはじめ、東芝EMIに属していた方々が
「LOVE GENERATION」というライブを開かれていたのを
知ったこと。

その後、私は、稲垣潤一さんの歌と出会い、今日まで
ファンでいること。

猫の活動再開を知り、東京での初ライブを見て以来
(2005/1/31記事参照)、ライブに行き、お手伝いなども
していること。

猫はもともと、ザ・リガニーズが母体のバンドだけれど、
このザ・リガニーズにいらした、新田和長さんは、
TULIPのプロデューサーでいらしたこと、
稲垣潤一さんのデビューの恩人のおひとりなこと、
そして、同じくザ・リガニーズにいらした、武藤敏史さんは、
オフコースのプロデューサーでいらしたこと。

だから、「好きな音楽は、元をたどって行くと、
ザ・リガニーズにたどり着く」こと。

思春期から聞き続けてきたことが、こうして1つの道に
つながったことは、「あの頃聞いていたことは、
価値があった」と改めて、現在感じていること。

そして、思春期の生徒たちを日々相手にしている
自分は、その人の重要な時期に接している重みを
実感すること。自分との出会いが、それぞれに
とって、何か良いきっかけにつながってほしいと
考えていること。

また、今の自分たちにとっては、webやライブ、
フォーク居酒屋などで、ある種の異業種交流の、
仕事のジャンルを越えた、貴重な出会いがあること。

話は、おおむねこんな内容だった。
生放送なので、修正がきかない中、言いたい
ことを詰め込んだから、早口でわかりにくくなった
かもしれない。
聞かれた方に、その点はお許しをいただきたい。
また、話しきれなかったこともあり、反省と悔いもある。

岡野さんは見事に番組を切り盛りなさりつつ、タイム
キーパーもご自分でこなされていた。ディレクターさんと
ADさん、最小限の人数で、3時間もの生放送の、素敵な
番組を送り出していらっしゃるのを目の当たりにして、
一流のプロのお仕事ぶりを拝見でき、大変貴重な
経験をさせていただいた。
今回、出演の機会をいただいたこと、心からお礼を
申し上げたい。

番組で、私がリクエストした曲は、猫の「昼下がりの街」。
今日の出演を通じ、これからの、私たちの人生で、
素敵な出会いがまたあることを願いつつ、穏やかな
春の午後、私はスタジオを後にした。

|

« web連載 第38回更新 | トップページ | Beau, bel, belle! 嘘のない味と言葉 »

コメント

 ほぉ~~~(*^ー^*)お見事な、話しっぷりだったことと思います。聴いて、みたかったですね(^。^)

投稿: あさやん | 2007/04/03 00:53

>あさやんさん


こんにちは、ココログのメンテナンス
などで、お返事送れて失礼しました。


内容をぎゅっと詰め込んだので、
駆け足トークだったのですよ。

投稿: つきのみどり | 2007/04/05 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/14470203

この記事へのトラックバック一覧です: FM世田谷「あの頃青春グラフィティ」生出演!!:

« web連載 第38回更新 | トップページ | Beau, bel, belle! 嘘のない味と言葉 »