« 中西保志さん CD「Standards」発売 名曲への新しい命 | トップページ | まるで六文銭のようにLive in 曙橋 言葉の交差点 »

2007/03/04

猫Live in ロイヤルパークホテル 非日常の楽しみ

Blog070304a


2/25、猫のライブが、
日本橋のロイヤル
パークホテル
・オルフェウスで
開かれた。

Blog070304b

この場での猫の
ライブは昨年11月に続き、
2回目(2006/11/24記事参照)。

ホテルの方が大変好意的に企画を進めて下さる
らしい。というわけで、半年後に再びこの場、20階の
ラウンジ・オルフェウスに帰ってきた。

ホテルの方も2回目とあって、手際よく動いて下さる。
客席に座ると、メニューに「今日のオリジナルカクテル 
雪」とある。
(こういう時には考えて下さるものね)

Blog070304c

早速注文。オーダーを告げると、
「ありがとうございます」
という返事だった。


Blog070304d


ジンとレモン
ジュースで
爽やかさを
出していて、ミルクで
白さを表現している。
そこここで、このカクテルの
オーダーを出す姿が見える。

第1部、第2部とも、スーツやジャケットを着た
男性が多い。下はジーンズでも、上着を着ている
方が目に付く。他のライブ会場ではまずお見かけ
しない方ばかりだから、たぶんここのラウンジの
常連さんでいらっしゃるのだろう。世代的には
団塊を挟み、上下の方が見えているという感じ。

寒いけれど、よく晴れた日だった。窓から東京タワー、
レインボーブリッジなどの夜景が遠くに見渡せる。

Blog070304e


ライブは、
内山さんの
コンガが響く「地下鉄に
乗って」、「Namida」でスタート。

曲に合わせて響く、(カクテルを作る)
シェーカーの音が心地良い。「こういう音が
いいですね」
ご満悦の常富さん。石山さんも、今日はホテル
なので、黒いスーツでシックに決めている。

Blog070304f


「どうにかなるさ」、
「What a Wonderful
World」の後は、今回のライブの
テーマが「フォークな夜」という
ことで、「花はどこへ行った」。

3人のハーモニーが美しく響く。客席に歌詞カードも
配布され、一緒に歌って楽しむ。同世代の方は
もちろん、私たちにも言わずと知れた名曲。野に
咲く花は、かつてのいとしい恋人の面影。歌詞を
見ると、改めて悲しさ、平和への強い思いが
伝わってくる。

そして、続けて「風に吹かれて」。これも歌詞カードが
あり、客席は歌って楽しむ。静かに聞いている方が
多いけれど、よく見ると、足や手を小刻みに動かし、
リズムを取って皆さんそれぞれ楽しんでいる。

この場にふさわしい、ということで、「花吹雪桜一家と
申します」。内山さんが、子どもの頃の思い出話で、
「小さい頃はデパートの屋上が遊び場でした」
(下町育ちでいらっしゃるものね)

「僕のエピローグ」に、「待ってたんですよー」と声を
出す方。「各駅停車」、まぶたに見てきたばかりの、
北海道の原野の風景が浮かんだ。

Blog070304g


「My Way」、
この曲で、渋く
抑えた内山さんの
ボーカル、そして、美しい
ハーモニーを聞くなら、猫の
ライブがいちばんのおススメ。

「Sanfrancisco Bay Blues」で、バーカウンターから
シェーカーの音が小気味良く響き、お三方とも大変
嬉しそう。客席も満足そうに手拍子をしている。
客席がお待ちかねの「雪」で本編は終了した。

アンコールは、「海は恋してる」。これも歌詞カードが
配られ、楽しそうに皆さん歌われている。
こうして、90分のライブを楽しんだ。

お会計の時、
「部屋付けにして下さい」
泊まっている方も見にいらしていた様子だった。

ホテルのラウンジ、ということで、
「泊まっている人が優先かな」、
「どうしていいかわからない」、
と、もしかしたら、しり込みなさっている方も多い
かもしれない。

でも、こう思っていただきたい。普段着ではなく、ほんの
ちょこっとの、おめかし。ネクタイは、しなくて大丈夫。
ジャケットに、きれいにアイロンのかかったシャツを着る。
そうでなければ、ジャケットの下に似合う色のTシャツや
ニット。女性なら、きれいな色のニットや、ワンピースとか
コサージュで、ほんの少しだけお洒落する。

生活の中で、空気のようになっている夫や妻と、ちょっとだけ
おめかしして、ホテルの最上階ラウンジで、音楽を楽しむ。
独身の方は、気になるあの人を誘っても。

お子さんのいる方は、雰囲気に馴れる「大人への
ステップ」の場として、連れてきても良いと思う。
何歳であっても、子どもの時にこのような場に
来ていれば、大人になって慌てたり、失敗する
ことなんてないはずだから。(もちろんアルコール
OKなのは、ハタチ以上!)

音楽は、単なるBGMではなく、慣れ親しんでいる
フォークソング。そして、そこは、普段ならライブを
見られない場所。こうして、夜景と一緒に、素敵な
音楽と時間を満喫する。

毎日の忙しさや、ライブハウスの雰囲気とは違う、
たまにはそんな時間も、悪くない。いつも見慣れた、
夫や妻の違った横顔が見えるかもしれないし、
気になるあの人にも喜んでもらえるかもしれない。

次のここでのライブは、5/20の予定。「非日常」の
空間を楽しみに来た、ひとりでも多くの大人に
出会えたら、嬉しい。

|

« 中西保志さん CD「Standards」発売 名曲への新しい命 | トップページ | まるで六文銭のようにLive in 曙橋 言葉の交差点 »

コメント

はじめてコメントさせていただきます。
改めまして…よろしくお願いします。。

素敵な夜景・綺麗色のカクテル・心地良い音楽♪
『猫LIVE』として出かけて私にとってはアッという間に過ぎてしまった「非日常」の時間でしたが。
自分のためだけ(ご夫婦ふたりのためだけ、とか)に時間をキープする楽しみ、とてもいいですよね〜。

オリジナルカクテルの“雪”を皆さん召し上がっていて不思議な親近感さえもってしまいました。
メニューにあった「日本橋美人」というカクテルも気になりましたが、次回5月のオリジナルカクテルも楽しみです。

投稿: 風知草 | 2007/03/05 17:42

>風知草さん


ようこそおいで下さいました。
素敵なハンドルネームですね。


>自分のためだけ(ご夫婦
>ふたりのためだけ、とか)に
>時間をキープする楽しみ、
>とてもいいですよね〜。


たまにはこういった時間も
必要だと思います。


「日本橋美人」は、私の
前回の記事(2006/11/24)で
写真が見られます。この記事の
上のほうでリンクしているので、
良かったらご覧下さい。


では今後ともよろしくお願い
致します!(^0^)


投稿: つきのみどり | 2007/03/05 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/14131752

この記事へのトラックバック一覧です: 猫Live in ロイヤルパークホテル 非日常の楽しみ:

« 中西保志さん CD「Standards」発売 名曲への新しい命 | トップページ | まるで六文銭のようにLive in 曙橋 言葉の交差点 »