« 四角佳子さんLive in PENNYLANE 日常とつながる「夢」 | トップページ | 竹内まりやさんCD「Denim」発売 それぞれの「人生」 »

2007/05/24

猫&四角佳子さんLive in ロイヤルパークホテル 都会のリラックス空間

5/20、猫と四角佳子さんのライブが、
日本橋のロイヤルパークホテル
オルフェウスで開かれた。

この場での猫のライブは今年2月に続き、
3回目(2007/3/4記事参照)。ただ、
今回はおけいさんを伴ってのライブ。

Blog070524a


客席には、前回同様、
メニューに「今日の
オリジナルカクテル 雪」とある。
ただ、今回私は、カラフルな
チャイニーズカクテルを注文。さわやかで
おいしい味だった。

客席に着いて感じたのが、差し込む日差しで明るいこと。
18:00前、今の東京はちょうど夕暮れ時。今までの
ライブでは、この時刻、とっぷり日が暮れていた。
(夏至に向かって、時は動いている)
当たり前だけれど、そんなことを感じる、心のゆとりの
ある一瞬。カクテルを撮影した時の周囲が、明るいのが
お分かりいただけるだろうか。

Blog070524b


ライブは、「花吹雪
桜一家と申します」、
「片思いのブルース」でスタート。

「久々のライブで緊張しています」
そう言われる石山さん、そして、
「季節柄、浴衣風の柄のシャツで来ました」
と、笑顔の内山さん。

「常春」、「人生なんてそんなものさ」と猫の
オリジナルのあとは、ここでのライブのお約束、
懐かしのアメリカンフォークソングタイム。
「花はどこへ行った」、「風に吹かれて」。
今回も、客席に歌詞カードが配布され、一緒に歌って
楽しむ。その後、「Sanfrancisco Bay Blues」、そして、
「Grapefruit Moon」。

もともとグレープフルーツは好きな私なのだけれど、
この頃はグレープフルーツの皮をむいたり、ジュースを
飲むたびに、この曲を鼻歌で歌っている。

「各駅停車」では、客席から「よっ!」の嬉しそうな掛け声。
「雪」を歌ってから、おけいさんを招きいれられる。

Blog070524c


おけいさんは前日とは
うって変わって、ホテル
なので、黒いブラウスにスカートと、
都会風に、そして、シックに決めて
いらっしゃる。1部ではパールのネックレスを
されていたけれど、空調が涼しいと感じられたのか、
2部ではブラウスの襟を閉めていらした。

おけいさんのギター、内山さんのコンガも響きつつ、
「うれしくて」で4人のセッション開始。「あめのことば」、
「ホワンポウエルの街」、内山さんのパーカッションが
今日も心地良く響き渡る。

コンガやベースの響きが、まるで春の足音を表現
しているような、「春の風が吹いていたら」。
「地下鉄にのって」、そして、4人でのセッションと
いえば、「出発(たびだち)の歌」で、ライブはお開きに
なった。

都会のど真ん中、レインボーブリッジや東京タワーの
夜景を見ながら、猫のサウンドを聞いていると、
「東京のポップさやお洒落さを現すサウンドの代表
だなあ」と、思わずにはいられない。それは、きっと、
「地下鉄にのって」で、まだ当時珍しかった地下鉄を
織り込み、東京の風景を歌って注目された、
30年前も同じだったんだろう。

おけいさんも、猫とのジョイントの際は、そのサウンドに
自分が入るのを、とても嬉しそうにしていらっしゃる。

バーラウンジでのフォークライブに集う方々は、掛け声、
MCへの突っ込み、そして、席に座って自分の
オリジナルの踊りを踊る(!!)方、写真を撮りまくる方
など、実に個性溢れる楽しみ方をしていらっしゃる
(お酒が入っていて、時に暴走する方もいるけれど)。

でも、ライブハウスで、たとえ席に座っていても
踊っていたら、周囲にぶつかって迷惑はなはだしいし、
写真撮影も、周囲を気にする場合もあるから、
実はここに来ると、皆さん、心からリラックス
されている気がする。

このブログをご欄のあなた、次はぜひ20階の
オルフェウスで、暮れなずむ街の風景と、街並みに
マッチする猫のサウンドを、「あなたなりの」楽しみ方で、
リラックスして、そして、満喫していただけたら、と願う。

|

« 四角佳子さんLive in PENNYLANE 日常とつながる「夢」 | トップページ | 竹内まりやさんCD「Denim」発売 それぞれの「人生」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/15189929

この記事へのトラックバック一覧です: 猫&四角佳子さんLive in ロイヤルパークホテル 都会のリラックス空間:

« 四角佳子さんLive in PENNYLANE 日常とつながる「夢」 | トップページ | 竹内まりやさんCD「Denim」発売 それぞれの「人生」 »