« NHK「BS永遠の音楽 フォークソング大全集」 青春の出発点 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 高い音楽センス、仲間との絆 »

2007/07/22

渋谷シエスパ爆発事故に思う

6/19に渋谷の天然温泉、Shiespa(シエスパ)
爆発事故があり、1ヶ月経った。

この日私は仕事から帰宅途中、携帯電話の
ニュースサイトでこの事件を知った。

「渋谷の温泉で爆発事故、死傷者あり」
という文字に目を疑い、慌ててワンセグで
TVニュースを映す。そこには、私の考えていた施設
(正確には従業員の休憩所)が、原型をとどめない、
無残な姿をさらしていた。

時間を追うにつれ、犠牲者が増え、通行人で
巻き込まれた方も出てしまった。亡くなった方に
ご冥福を、そして、被害に遭われた方にお見舞いを、
心から申し上げたい。

この温泉に1度、実は行ったことがある。Webで登録すると
入会金が無料、というキャンペーンをしていたので、
手続きを済ませ、利用した。

利用した方の評判は、良かったらしい。確かに、従業員の
方の応対も悪くないし、静かな雰囲気は、外の喧騒とは
かけ離れている。

でも、私は建物の照明や、館内の雰囲気、そして、何より、
肝心の温泉があまり好きになれなかった。館内が全体的に
暗いのが、私は苦手だった。もっとも、有名人の皆さんに
とっては、暗いほうが(スッピンをさらす場なので)好都合
なのだろうけれど。
そして、好きになれなかったから、ここでも書かなかった。

施設からは時折メールが届き、「会員様へのキャンペーン」
案内などが書かれていた。

帰宅して、家のTVをつける。想像を越える惨劇に言葉を失い、
画面の前で立ち尽くす私だった。

この付近のデパート、大型書店、コーヒーショップ…渋谷駅前の
雰囲気よりも、落ち着いた雰囲気で、私にとって、10年近く
お気に入りの場所になっている。デパートの中にも
お気に入りのコーナーやお店がいくつかあって、それは、
渋谷ではこの場にしか存在しない。そんなことも、私を
この付近に足を運ばせる理由になっていた。

だから、完成前から、その場所で、運営会社がどこで、
何かを建築していることも知っていた。レストランか何かが
できるのだと思い、まさか天然温泉施設ができるとは
思いもしなかったけれど。

事故が起こったのは6月中旬だったから、それから10日ほどで、
バーゲンに突入する頃だった。でも、そのデパートのバーゲンにも
行く気が起こらなくなった。正確に言えば、事故現場付近に
行こうと思わず、現場の映像を見れば不快な気分になり、また、
亡くなった方やケガをされた方のことを思い、やるせない気持ちに
満たされた。

そして、こんな気分を一層増幅させているのが、温泉の
運営会社の対応に他ならない。
事故以来、それ以前は時折届いていたメールが一切、来なくなった。
休業、廃業も決まったというけれど、会員はそれをニュースでしか
知ることができない。少なくとも私のもとに、メールは届いていない。

サイトを見ると、今日7/22現在、「金券及び回数券をご購入の
お客様へ」などと案内が出ているが、こういったことは、会社から
メールなり電話なりでまず、連絡すべきことではないのだろうか。

大変な中だとは思うが、少なくとも会員登録者には、休業、廃業の
通知があってしかるべきだと思う。

また、事故から1ヶ月経ち、犠牲者のご遺族のお話、地元の方の
コメントなど、それぞれに明かされる中で、「誠意が感じられない」と
いうニュアンスが伝わってくる。

Webの時代であろうと、私は、「人間愛」を持つことが、生きていく
上での基本だと思っている。

人はひとりでは生きていけない、だから、周りのものに感謝して、
それらへの思いやりを持って生きていくことが大事だと。
そして、その思いやりは、必ずめぐりめぐって自分のもとに、
何倍にもなって戻り、自分に生きる力を与えてくれると。

直接関係している方はもちろん、文章を発信するものの端くれと
しては、このように書く際には、受け止めて下さる方々のことも
考えているつもりでいる。

また、そんな思いを念頭に持ちつつ、「自分の意見をまとめること、
それを人に伝えること」の大事さを生徒たちに教えているつもりでいる。
そして、その思いを大事にしながら、これからも私なりの形で、
仕事をしていこうと考えている。

そんな私の目には、このシエスパの対応は、とても「人間愛」のある
ものには感じられない。事故から1ヶ月、報道を見ても、また、
手元に何の連絡が来ないことからも、私の中では不信感だけが
増幅していく。
何か抜本的な改善策が示されない限り、私は、この企業の施設を
今後利用しないだろう。

この夏、シエスパそばのデパートの中に入っている、お気に入りの
お店のブラウスは、結局、他のデパートのバーゲンで買った。

私は今もまだ、お気に入りだった、渋谷のこの付近を歩く気に
なれないでいる。

|

« NHK「BS永遠の音楽 フォークソング大全集」 青春の出発点 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 高い音楽センス、仲間との絆 »

コメント

事故を起こしたシエスパの
記者会見を見ての率直な感想は、
「何も知らないで…」というものでした。

業者に点検を委託していたからよくわからないというような感じが
とても嫌でした。

「この件は業者に委託していたので…」
社長の回答・コメントが聞いていて苦しかったことを
よく覚えています。

投稿: 濱祐 | 2007/07/28 01:35

>濱祐さん


こんにちは、ご無沙汰しております。
コメントありがとうございました。
また、お返事お待たせして失礼しました。


>「この件は業者に委託して
>いたので…」
このコメント、私も大変不快に
感じました。責任ある立場の発する
言葉ではないですよね。


このことで、私がよく拝見する、
山田穂海パティシエのブログに
大変興味深いコメントがあります。

http://hozumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_5035.html


いつも右サイドのメニューから
リンクしていますが、こちらの
記事をご覧いただけると、
コメントの理由がある程度
おわかりになるかと思います。


さて、今から選挙に行ってきます!

投稿: つきのみどり | 2007/07/29 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/15837218

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷シエスパ爆発事故に思う:

« NHK「BS永遠の音楽 フォークソング大全集」 青春の出発点 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 高い音楽センス、仲間との絆 »