« お土産=「心の贈りもの」 | トップページ | 「FOLK DAD」 一過性でないムーブメント »

2007/08/12

三輪車 復刻CD発売 爽やか&叙情派グループ

三輪車、というグループがあったのを覚えている方は、
どのくらいいるのだろうか。

私がこのグループの名前を聞いたのは、
過去に数回。

坂崎幸之助さんがTV番組で、
「昔、三輪車っていましたよね…」
と話されているのを聞いた。

他に三輪車、という名前を聞く機会は今までに
なかった。だから、自分の中で、「コアな音楽ファン
しか知らない存在のグループ」と思うようになっていた。

2回目、それはつい先月のこと。去年の猫の広島ライブ
(2006/11/12記事参照)でお目にかかった方から
曲名を聞いた。なんと、その方は、
「8月にCDが復刻されますよ」
と、教えて下さった(改めてお礼申し上げたい)。

そこで、慌てて検索。よく見ると、1st「午後の
ファンタジア」
と、2nd「夏の日の思い出」、2枚の
LPがCD化されると書いてある!
早速、いつも行くCDショップに予約した。

そして、今月、CD発売直前。偶然、ラジオで
「水色の街」が流れているのを聞いた。その
番組は、1950年代後半生まれの経済評論家さんが
パーソナリティ。でも、その方は、
「この曲、記憶にありませんねぇ」
と話されていた。

発売直後、無事に手に入れ、帰宅。

Blog070812


CDを買って、初めて気がついた。三輪車とは、
三人組だからついている名前なのだと。
ちなみにメンバーは次の通り。1st発売当時
(1974年)の皆さんは、関西の私大の学生さんだった。

山崎稔さん(vo.g)
西之辻功さん(g.cho)
田川昭夫さん(b)

生まれて初めて、じっくり彼らの曲を聞く。24bit
デジタルリマスタリングされていて、音質も良く
なっている。

「水色の街」のように、ポップで聞きやすい曲もあるし、
「三次(みよし)盆地」のように、叙情派フォークの
匂いが濃い曲もある。「夏の日の思い出」は、
「水色の街」のアンサーソングなのかとも感じた。

全体的に、爽やかで、メロディが聞きやすい。初期の
TULIPにも似た匂いがする。2ndアルバムでは、
ギターに鈴木康博さん、ドラムに村上”ポンタ”秀一さんも、
ゲストで演奏なさっている。

(いい曲もあるのに、大きいヒット曲に恵まれず、
表舞台から消えてしまったのだろう)
そんなことを考えながら聞いていた。

よく見ると、CDの帯に、こうコピーが書かれている。
「カレッジ・ポップス界の隠れた名バンド」
PCの前、ひとりうなずく私だった。

少し調べて気がついた。メンバーのうち、山崎さんは
作曲家として活躍なさっていて、五十嵐浩晃さん
(「ペガサスの朝」でおなじみ)の「街は恋人」を
作った方でもあるのだと。

(そうか、あのポップなメロディ!)
同じ匂いに納得した。この曲は1991年ごろ、
スズキアルトのCMで流れていたので、聞いた
ことのある方も多いと思う。

今回、彼らのCDが発売されたのは、「カレッジ
ポップス紙ジャケットシリーズ」の一環らしい。
ザ・リガニーズの曲も収録されているCDも、
発売されているという。

フォークソングが今改めて、様々な角度から光を
当てられている。そんな中で、今まで私が数える
ほどしか聞いたことのなかった、三輪車、という
グループにも、光が当たっていることを、素直に
嬉しいと思う。

こうして、フォークソングを心のよりどころ、青春の
出発点にする方にとって、また新しい楽しみな
CDが発売された。

そのうちフォーク居酒屋で、歌って下さる方も
現れるのだろう、私は密かに、そう期待している。

【追記】
記事をアップしてから、初めての方からコメントを
いただいたり、また、直接「懐かしい!」、
「CD買います」などのお声を
ちょうだいしている。

「水色の街」は、大ヒットではなくても、
スマッシュヒットして、多くの人の記憶に
残っているのだと、改めて感じている。

|

« お土産=「心の贈りもの」 | トップページ | 「FOLK DAD」 一過性でないムーブメント »

コメント

つきのみどり様初めまして。

ネオ・レトロ館と言うブログを管理している親こあらと申します。実は、以前私のブログで、三輪車の『水色の街』と言う楽曲を取り上げさせて頂いたのですが、本日その記事に作曲家の山崎稔さんと三輪車の山崎稔さんは同一人物でしょうか?と言うご質問を頂き、検索でこちらにお邪魔させて頂きました。

事後報告になり申し訳ないのですが、こちらの記事をコメント欄にリンクさせて頂きました。拙いようでした削除致しますので、ご返事頂けると有難いです。

下のアドレスがリンクを張らせて頂いたコメントです。

http://neoretro.blog96.fc2.com/blog-entry-72.html#comment1215

投稿: 親こあら | 2007/08/15 20:09

>親こあらさま


はじめまして、リンクのご報告
ありがとうございました。
ブログも拝見しました。


初夏から夏になると話題に
なる曲のひとつなのですね。
また、関西ではTV番組の
エンディングで流れていたなど、
関西の大学生のグループらしい
取り上げられ方をしていたのだと
知りました。ありがとうございます。


良かったら、またおいで下さいね。

投稿: つきのみどり | 2007/08/15 21:44

今晩は!

早速ご連絡頂きTBまでして頂き有難う御座います。また、お邪魔させて頂きますのでどうぞ宜しくお願いします。

投稿: 親こあら | 2007/08/15 22:02

>親こあらさん


ご丁寧にありがとうございました。
記事がお役に立てて良かったです。


またいつでもお立ち寄り下さいね。

投稿: つきのみどり | 2007/08/15 22:27

こんにちは!
いまでも三輪車のEP水色の街とLP2枚今も持っています。
自分自身の初恋の彼女からもらったシングルです。
その彼女とライブも一回見ました。
水色の街はEPとLPではアレンジが違うんですが
僕はシングルのアレンジの方が好きですね。
関西のテレビ番組はヤングOH!OH!でしたね。
マンスリ-として出ていた記憶があります。

投稿: かんどれ | 2007/10/01 15:48

>かんどれさん


はじめまして、コメントありがとう
ございました。
「水色の街」、かんどれさんの
青春の甘酸っぱい思い出と共に
ある曲なのですね。


>水色の街はEPとLPではアレンジが
>違うんですが、僕はシングルの
>アレンジの方が好きですね。

このCDの発売を教えて下さった方も、
そうおっしゃっていました。

情報ありがとうございます。
また良かったらいつでも
お立ち寄り下さいね。

投稿: つきのみどり | 2007/10/01 19:08

三輪車の「水色の街」、
僕の大好きな唄(曲・詩)です。
CDが欲しいです。どうすれば
CDを入手できますか?
もしわかればお教えください。

投稿: マッキー | 2012/05/28 22:50

>マッキー様

はじめまして、お立ち寄りとコメント
ありがとうございます。

記事で紹介した、「水色の街」が収録された
CD「午後のファンタジア」TOCT-26278は、
今、中古で流通しているようですね。
(Amazonで検索するとヒットすると
思います)

久々に聞きましたが、今の時期から
夏に向けて聞きたい良質な曲ですよね。

あまりお役に立てずに申し訳ありません。
またお立ち寄りいただけましたら、
嬉しいです。

投稿: つきのみどり | 2012/05/29 18:21

はじめまして「三輪車」懐かしいですね
当時はその三人組」の各々のルックスから
関西のガロとも言われてました。

どなたかのご質問に「山崎稔」さんのことが
書かれてましたが三輪車の後、山崎さんは
本格的に作曲家に転向されCMソングや、
当時駆け出しの明石家さんまさんの歌
(シングル盤)「ミスターアンダースロー」
等の作曲やその後、荻野目洋子さんの
「湾岸太陽族」をヒットさせました。

また、劇伴(映画やドラマの音楽)では
TVドラマ「刑事貴族」のサントラでも
有名で、現在の名前は山崎一稔と
改名されて活躍されてます。

投稿: Kenaz | 2012/08/18 03:15

>Kenaz様

はじめまして、お立ち寄りとコメント
ありがとうございます。

>「関西のガロ」
知りませんでした、ありがとうございます。

荻野目洋子さんの「湾岸太陽族」も
作曲されたのですね。
ちょうど今日NHKで放送される、
「第44回思い出のメロディー」で、
荻野目さんは「ダンシング・ヒーロー
(Eat You Up)」を歌われます。

「湾岸太陽族」もいつかまた生で
聞きたいです。

https://www.nhk.or.jp/omoide/list/index.html

またよろしければ、お立ち寄り下さいませ。

投稿: つきのみどり | 2012/08/18 14:10

三輪車は、いつまでも色褪せない
素晴らしいバンドです。

フォークソングの最後とニューミュージックの
狭間に咲いた美しい花です。

その音楽性の高さは、今聴いても古びて
いません。

彼らは、茨木フォーククラブの出身です。

良い曲が、たくさんあるので若い方々に
聴いて欲しいです。

私も「水色の街」は、EP版の方が好きです。
アレンジと音にメリハリが、あります。

山崎さんは、今も音楽家として活躍されて
おり、阿久悠さんのトリビュートアルバムの
プロデューサーをされています。

投稿: Kat | 2015/03/08 02:28

>Kat様

このたびはお立ち寄りとコメントをくださり、
ありがとうございました。

三輪車、今でもその音楽性の高さで
評価されているのですよね。

実はこれ、元夫が持っているCDで、
今は私の手元にありません。

記事に罪はないので残しておりますが、
こうしてアクセスしてくださる方がいるのも
不思議だなと感じます。

また三輪車の音楽に触れる機会があれば、と思います。山崎さんの近況のご紹介も
ありがとうございました。

投稿: つきのみどり | 2015/03/08 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/16082640

この記事へのトラックバック一覧です: 三輪車 復刻CD発売 爽やか&叙情派グループ:

« お土産=「心の贈りもの」 | トップページ | 「FOLK DAD」 一過性でないムーブメント »