« TULIP Live in 神奈川県民ホール このメンバーで集まる意義 | トップページ | 井上陽水さんLive in NHKホール 「闇夜の国」で見る「夢」 »

2007/08/02

web連載 第41回更新

「ロゼッタストーン」でのweb連載、
「つきのみどりの教育カフェテリア」
8/2に第41回の記事を更新した。

更新には、編集長さんはじめ、
WEBデザイナーさんなどのお手を
わずらわせている。改めてこの場で、
お礼を申し上げたい。

今回は「校則」について。
子どもの学校生活で実はいちばん関わる
部分だと思うが、入るまで見落としている
点があったり、子どもが軽い気持ちでして
しまったことで、退学処分になってしまう
ことがある。

また、現在、「芸能活動を禁止」とする学校と、
「そのような校則はない」とする女性タレントさんとの
間で、裁判沙汰まで起きている。そこまで
こじれる前に解決できなかったのか、と、
何ともやりきれない気持ちで事態の
推移を見ている。

今回、どのような点に注意すべきか、私なりに
まとめてみた。
ぜひ、連載をご覧いただくよう、お願いしたい。

|

« TULIP Live in 神奈川県民ホール このメンバーで集まる意義 | トップページ | 井上陽水さんLive in NHKホール 「闇夜の国」で見る「夢」 »

コメント

 校則ですか。そんなに中学も高校も厳しくなかったみたいです。       特に高校の時に風紀委員長(今でも私がしていたのかな、と思ってます)だったのですが、仕事は朝、校門前に立って時間になったら門を閉めてましたが、ある日逆襲にあい校門の下敷きに。もっとも木製で軽かったので怪我はなし。   それからは先生にまかしました。もっぱら他校との会議に出るのが役目でした。そやから校則違反の実感がないんです。      そういうことで。それではまた。失礼します。

投稿: 浜ちゃん | 2007/08/03 18:41

>浜ちゃん


こんにちは、コメントありがとう
ございました。昨日の及川恒平さんの
ライブも楽しかったですね。
(そのレポは改めて書きます)


校門の下敷き!でも、お怪我がなくて
何よりでした。校則、私の母校も
厳しくなかったですが、それは
「先生方に信頼されていた」と
いうことだったのだと、大人になって
しみじみ感じています。


他校との会議のお話、また今度
ゆっくり聞かせて下さいね!

投稿: つきのみどり | 2007/08/04 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/15988984

この記事へのトラックバック一覧です: web連載 第41回更新:

« TULIP Live in 神奈川県民ホール このメンバーで集まる意義 | トップページ | 井上陽水さんLive in NHKホール 「闇夜の国」で見る「夢」 »