« セプテンバーコンサート開催! 「歌える」という「平和」 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 青春の日のように »

2007/09/05

ア.ン.ク.ル.38 Live in ペニーレーン 楽しさの溶け合う時間

8/24、元ガロのVocalこと大野真澄さんと、
猫の常富さん細井豊さんのユニット
「ア.ン.ク.ル.38」のライブに、原宿ペニーレーンまで
足を運んだ。

前回このユニットでのライブは、2/10に行なわれた
(2007/2/15記事参照)。不思議なこのユニット名も、
前回のライブでお話なさっている。前回はサポート、と
いう形だった細井さんが、今回から正式にメンバーに
加わって下さった。

ライブ前、私のブログにも前回の記事の写真を探して
訪れる人がたくさんいた。開店当初はゆっくりめの
出足だった店内は、いつしか、前回同様満席、
立ち見も出るほどの混雑になって、開演となった。

「仕事の後は」(ガロ)に続き、早速皆さんのお好きだった
「60年代の洋楽のカバー」が登場。「渚のボードウォーク」、
「Sanfrancisco Bay Blues」と続き、皆さんも観客も、
早速楽しい雰囲気に満たされる。

Blog070905a


「イェーイ(家)!ハウス!」
と、早速の大野さん
ギャグも飛び出して、
常富さんもビックリ!

「一本の煙草」(ガロのLP「吟遊詩人」より)、
「悲しみを口ずさむ時」と懐かしい曲が続き、
「軽井沢プリンスのコテージで曲を作った」思い出などを
話される。

「風に吹かれて」では、3年前頃活発だった「Life Goes On」
(博報堂などとフォーク界が結びついたムーブメント)の話に
なる。
「CD出すはずだったのにね」
確かに、私も「銀座ナイト」といったイベントに出かけたりした
(2005/2/19記事参照)。

「ダーリン全てを忘れようじゃないか」、阿久悠さん
作品なので、思い出話に花が咲く。

「黒ずんだ象」に続いての、「Down Town Train」(トム・
ウェイツのカバー)。「Down Town…」は、猫でも演奏して
下さるが、久々に聞いた。

「What a Wonderful World」、「地下鉄にのって」で、
前半が終わる。

後半は、細井さんのソロナンバー「所得地獄」で幕を開ける。
(ホリエモンを皮肉ったような歌だわ)
そう思いながら聞いていた。

Blog070905b


続いてお二人が加わって、
「To The Seaside」(センチメンタル・
シティ・ロマンス
)を聞かせて下さった。

「飛行場」(猫)、「君想う」、「スポットライト」
(ロッド・スチュワート)。新旧の懐かしい曲を
混ぜて、ライブは佳境に入る。

その勢いのまま、「ワンパイントのラム酒に乾杯」、
「Don't Think Twice,It's All Right」、「朝・昼・夜」(ガロ)、
「雪」、「学生街の喫茶店」「In My Life」とライブは進んで、
エンディングを迎えた。

そして、アンコールは、「Happy Together」と、
おふたりの初の合作「あなただけを」。
ステージも客席も満面の笑みでお開きになった。

今回は、前回聞いた曲も多かったけれど、構成が
ずいぶん変わっていた。ガロの曲、大野さんの
ソロの曲やカバー、猫の曲、細井さんの曲、そして
皆さんの血肉となっている曲と、ゆったりとした
流れの中にも、色とりどりのキャンディーが次々
出てくるようで、とても楽しい時間だった。

(このライブは、大人のための楽しみが素敵に
溶けあった時間だったんだ)
ステージのお三方、観客の皆さん、思い思いに
曲を懐かしみ、また、わくわくしながら一緒に
時を過ごされていたことだろう。

大野さんのソロでもなく、猫でもなく、そして、
センチメンタル・シティ・ロマンスでもない、
楽しさの溶けあったライブ。

また次に拝見できるのを、期待している。

|

« セプテンバーコンサート開催! 「歌える」という「平和」 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 青春の日のように »

コメント

つきのみどりさん
レポありがとうございました。
「色とりどりのキャンディーが次々出てくるようで」
素敵な表現ですね まさしくそんな感じでした。

キャンデーの袋を覗きこんで楽しみました。

大野さんフィチャーバージョン
あの日からなぜか「君想う」がぐるぐると耳にのこってます、ナゼだ?!

ユタさんが正式メンバーとして歌が聴けたのが
最高にうれしかったです!
二倍 二倍 \(^o^)/(所得地獄より)

「To The Seaside」はユタさんが作った歌なのですが、センチでは中野督夫さんが歌ってます。
なのでユタさんの「To The Seaside」を聴けたことはファンにとって貴重な経験です。
感謝 感激 涙ものなのです。
アンクル最高のユニットです
来年も引き続き楽しみにしています(*^∀^*)

つきのみどりさん 
今回もどうもお世話になりました。
また よろしくお願いいたします。

投稿: さだ三 | 2007/09/05 22:53

以前からお名前だけは存じていたみどりさんにお会いできて、このライブに行って良かったなーっと。打ち上げ途中で抜けて申し訳ない。またお会いしましょう。

投稿: sei1 | 2007/09/05 23:16

>さだ三さん


こちらこそお世話になりました。
前回のこのユニットのライブが
きっかけでしたが、さだ三さんとの
出会いで、細井さんはじめ多くの方との
交流ができ、嬉しく思っています。
今回も楽しいひとときをありがとう
ございました。


細井さんのコーナーの時、
さだ三さんがとても嬉しそうに
していらしたのが、心に残っています。
細井さんの別の曲もまたライブで
聞いてみたいと思いました。


そちらは暑そうですね、お体に
気をつけてお過ごし下さいね。
またライブでお目にかかれる日を
楽しみにしております!(^0^)

投稿: つきのみどり | 2007/09/06 19:28

>sei1さん


初の書き込み、ありがとうございます。
こちらこそ、お名前だけ存じ上げていて、
お目にかかれてお話できて良かったです。


また次回、楽しくお話させていただき
たいです!

投稿: つきのみどり | 2007/09/06 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/16345178

この記事へのトラックバック一覧です: ア.ン.ク.ル.38 Live in ペニーレーン 楽しさの溶け合う時間:

« セプテンバーコンサート開催! 「歌える」という「平和」 | トップページ | 山本コウタローとほぼウィークエンドLive in Back in Town 青春の日のように »