« 教育カフェテリア第46回更新 「助けを求めること」 | トップページ | 2008年 新年に思う「信念」 »

2007/12/31

フォーライフレコードLive年末スペシャル 新しい風とともに

12/29にペニーレーンで開かれた、フォーライフレコードLive
年末スペシャルに参加した。

師走も押し詰まったこの時期、予定をこなして
ライブに向かう。11/18に開かれて以来、
第2弾のライブだった(2007/11/26記事参照)。

ライブは18:05過ぎに、我那覇美奈さん
ご登場で始まった。お名前は存じ上げて
いるけれど、ステージは初めて拝見する私。
(撮影禁止なので、写真がないのを悪しからず
ご了承いただきたい)

ステージに置かれた椅子に、ハイビスカスの
描かれた赤い布がかかっている。ウクレレを
手に歌われると、それだけでもう「南国の風」を
呼んできて下さる。鹿児島県・奄美大島の
ご出身だそうだ。

「月のしずく」、「ココア」とギターを持って
歌われる。キーボードで、サポートの男性も入られる。

「今日は私のライブを初めてご覧の方も多いと
思うのですが…私は母親の影響で1970年代の
曲を多く聞いて育ったので、今日は嬉しいです」

とのMCに続き、「きみまつと」(シュリークス)、
浜田省吾さんなどのユニットでの曲「左手で
書いたラブレター」(Fairlife)と、大人のファンも
喜ぶ歌を歌って下さる。
「今日は自分の最近の代表曲を中心に選びました」
まっすぐな瞳で語られる。

「弟が甲子園に出まして、ホームランを打ちまして…」
それに刺激されて作ったのが、次の「終わらない夏」。
この曲は、翌年、「熱闘甲子園」(ABC系)の主題歌にも
なったのだそうだ。球児のひたむきさを、熱く切り取った歌。

そして、
「皆さんが青空のようにいっぱいの笑顔で
いられますように」
と、「青空」を、ギター1本で歌われ、爽やかに
ステージを降りられた。師走の原宿に南国の
穏やかな風が吹いた、そんな素敵な時間だった。

続いては、四角佳子さん。いつものように
木村香真良さんと一緒にご登場。ベージュの
ジャケット、白いタートルにジーンズ、茶色の
ローファーで冬の暖かな装い。

「風邪を引いてしまいまして…申し訳ありません」
と言われつつ、「あめのことば」、「ただあたたかく
カラッポに」でライブを始められる。しきりにお水を飲み、
おつらそう。

「次は、ひとりで歌うのは初めてですが、12月ですので、
やはりこの歌を歌いたいと思いまして」
ということで、「十二月のうた」。透明感ある冬の風景が
広がる。

「大阪に及川恒平さんと一緒にライブをしに行きまして…」
おふたりならではの珍道中のご報告。
「この大空に捨ててしまおう」、「Circle Game」、
「エデンの東」、そして、「ガラスの言葉」。おつらい
ながらも、仕事納めのライブ、そして、ジョイントと
いうことで、楽しんでいらっしゃるご様子。

「今年はさまざまな土地で歌え、そして、『まるで
六文銭のように』としてCDも出させていただき、
良い年でした…来年もがんばります」
とのごあいさつに続き、「インドの街を象に乗って」で、
客席も盛り上がり、ステージを降りられた。

この日3組目は猫のご登場。内山さんの赤いギターに
目が留まる。GibsonのDOVEだった。そして、赤い
ジャケットに赤い帽子、
「来年を意識しまして…」と笑顔でごあいさつ。
石山さんのベースも新しい(落陽・ベース教室の
お弟子さん経由のものらしい)。

「時の贈りもの」、「たどり着いたらいつも雨降り」の
メドレーでライブスタート。「たどり着いたら…」では、
歓声と手拍子が起こる。

「今日はセッションが楽しみです」
笑顔の常富さんのMCに続き、「人生なんてそんな
ものさ」、「Grapefruit Moon」。

その後、常富さんが、
「来年3月にCDをフォーライフから発売する予定です」
という、嬉しいご報告があった。
(楽しみにしています!!)

「各駅停車」に続き、内山さんがギターからデジタル
パーカッションにチェンジ後、「Namida」。
伊勢正三さんの曲なので、伊勢さんファンから歓声が
あがった。

石山さんのベースソロがカッコイイ、「いい娘だね」
(ジャックス)。「雪」、そして、「My Way」で、猫の
さまざまな魅力満載だったステージが終わる。

その後は、まず、猫と我那覇さんで「風になりたい」
(川村ゆうこさん)。我那覇さんはこの曲のカバーCDも
出されている。

続いて、おけいさんと香真良さんも加わり、
「うれしくて」。我那覇さんはウクレレを弾きながら
歌われる。

その後、女性おふたりのコーラスが入り、いつもと
ひと味違う「地下鉄にのって」で、いったんライブ終了…
…でも、拍手が鳴り止まない。「出発の歌」で、
観客の思いに応えて下さり、21:20前、ライブは
お開きになった。

おけいさんと猫、というジョイントは見慣れていた
けれど、今回は我那覇さんが加わったことで、
今までのセッションと違う風が、明らかに吹いて
いた。「レーベル効果」と言っても良いかもしれない。

そして、我那覇さんにとっても、新しい風を感じた、
これからの彼女にとって大いにプラスになる
ライブだっただろう。

(おけいさんも、猫もフォーライフにご所属に
なることで、こういう、新しくて素敵な展開が
いろいろと開けていくに違いない)
そんな、楽しみな新しい風を感じた、2007年の
ライブ納めだった。

|

« 教育カフェテリア第46回更新 「助けを求めること」 | トップページ | 2008年 新年に思う「信念」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/17528003

この記事へのトラックバック一覧です: フォーライフレコードLive年末スペシャル 新しい風とともに:

» 2008年へ... [猫が眼を覚ました by 常富喜雄]
   2007.12.2.30                     FL 年の瀬スペシャルライブが終わって    2007年が終わろうとしている     そんな押し迫った29日に      最後のライブを終えた    フォーライフレコード の スペシャルイベント...     そう今年はこのレーベルの再興に参加することも出来た      しっかり歩み続けて欲しい       そう祈りたかった夜だったな    僕たち 猫 と 四角佳子 我那覇美奈 という顔合わせ     コラボレ... [続きを読む]

受信: 2007/12/31 01:37

« 教育カフェテリア第46回更新 「助けを求めること」 | トップページ | 2008年 新年に思う「信念」 »