« 【速報】中西保志さんLive in MANDALA 観覧 | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件に思う 自己を過信する子どもにしないために »

2008/06/02

身近なハッピー!のヒント Vol.2 「どうせ…」、追放!

Blog080602


「どうせ」という言葉、
あなたはよく口に
するだろうか。

私は、中学生以降、この言葉をほとんど
口にしたことがない気がする。
「どうせできないよ」とか、「どうせ私なんて」と
思っていると、できるものもできなくなる。

「どうせ無理です」なんて、誰かがクラスで言うと、
「やる前からそんなこと言うもんじゃない!!まずは
やってみる!!」
と、しょっちゅう、担任の先生に注意された。
その頃の担任は、熱血指導の体育の先生。
「無理」の「む」の字を言っただけで怒鳴られそうな
感じだった。

でも、全力を尽くしてみると、無理だと思っていた
ことが、できてしまったりする。その結果に、
自分たちで驚き、「こんなこともできるのか」と、
自信につながっていく。ひとつひとつの自信の
積み重ねが、やがて、大きな自信のカタマリに
なって、自分の生きるパワーの、大きくて力強い
源になっていく。

こういう経験があったからだろう。「どうせ」という
言葉は、私の辞書からいつの間にか消えてしまった。
「どうしたら実現(成功)できるか」考えて、それに
至るまでに、自分ができることを考え、ひとつひとつ
努力して積み上げていく。

成功すればもちろん、また、失敗しても(その時は
とてもつらいけれど)、後でよく分析して反省し、
「二度と同じ間違いをしない」ようにすれば、
自分の人生での財産、生きる上でヒントに
なっていく。

そう、自分の努力がなくては、何事もはじまらない。
努力しないで成功できるなんて、あり得ない。でも、
その努力中に、
(私はできる!)
と思ってやっているのと、
(どうせ無理かも)
と思ってやっているのとでは、全身から出ているオーラが、
全然、違う。そのオーラが、自分には見えなくても、
他の人からは、きちんと見えている。

そして、
(私はできる!)
と思って努力していると、大人でも子どもでも、周りから
救いの手が差し伸べられたり、自分に有利な情報が
転がり込んでくる。
今までも、そうやって多くの人に
助けられて生きてきた。

そして、
(私はできる!)
と思って努力している人は、あたたかく、また、的確な
言葉で励ましてほしい。そういう人に向かって「どうせ
無理だ」と言うことは、「その人の考えや行動を信じて
いない」という強烈なメッセージになってしまうのだから。

「どうせ」の後には、絶対にネガティブな言葉、
ネガティブな発想しか続かない。「どうせ明日は
デートなの」、「どうせ明日は結婚式だ」と言う人が
いるだろうか?

そう、「どうせ」と言ってしまうと、「身近なハッピー!のヒント 
Vol1」(2008/5/27記事)でも書いた「言霊」の力で、
「ネガティブな行動と結果」しか生まない。

だから、「どうせ」は、自分の辞書から追放したほうが、
きっと、ハッピーになれる。

「言霊」は大きな力を持っている。言霊の力は、せっかく
だから、良い方向に使いたい。そうすれば必ず、自分を
助けてくれるのだから。

|

« 【速報】中西保志さんLive in MANDALA 観覧 | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件に思う 自己を過信する子どもにしないために »

コメント

パンクロックやってる人が「どうせ死ぬんだ」って
歌ってたときに なんか「ピンっ」ときたことがあります
死ぬ覚悟があるわりには「生」の歌詞内容だったからです

なるほど そー言っちゃえば楽になる言葉かも知れないと思ったことを思い出しました

すべての人が悲しみや困難を
「すぐ乗り越える力」があるとは限らないから生まれた「寛容」な言葉なのかもしれないなと考えると
案外許せる言葉なのかもしれないと理解してます

「うぜー!」とか「死ね!」は他人に向けられるけど
「どうせ」は内向的で自身にかえってくる
(だからこそ!といった内容は察します)


若い子供たちは教育者の言うことのすべてを身近に感じているわけではないし ウチの子供たちもそうでしょう
自身そうでした

でも言葉の裏側には いろんな意思が隠れたりするので そうした言葉を発した後の行動(表現)まで見たり聴けたりすると もっと言霊を感じるかもしれませんね

多用されるイヤな現代用語は「上手く使って」
「そーじゃなくしちゃう」がモットーのワタシにピッタリのタイトルだったので 思わず書いちゃいました

すいません

ワタシは先生ではありませんが親ではあります
「どうせ」という言葉に責任もてるならば いい大人のワタシでも「言ってみたい」言葉になるかもしれない そんなキワドイ言葉だと思いました

これからもよろしくお願いします


投稿: しんすけ | 2008/06/03 22:15

言葉って難しいですね。深いですね。


言霊、私も本当に大切なことと思います。


ひとつ言えるのは、同じ言葉でも、肯定的
な意味と否定的な意味を併せ持っていたり、
使われる状況下や使う人の置かれた境遇で
意味が変わったり、とにかく、その言葉が、
どういう意図を持って発せられたか、って
ことが重要ですよね。


奮い立つ必要があるときは、そういう言葉、
力を抜いて少し一休みするときは、そうい
う言葉、相手を思いやるときは、そういう
言葉、自分を防御するときは、そういう言
葉、時には相手を攻撃・・、などなど。


作詞をする立場から言うと、そういう色ん
なニュアンスを考えながら一つ一つ言葉を
選んでますが、それが、聞き手にどう伝わ
るかは、また別問題で、同じ言葉でも人に
よって、同じ人でもその置かれた状況によ
って、全く受け止め方が違います。それが、
また、趣の深い所といえるかもしれません。


ただ、実生活上のコミュニケーションとし
て発せられた言葉やメッセージに関しては、
枝葉末節なことにとらわれず、曲解せず、
その発せられた意味、意図、本意、本質を
できるだけ正確に、発した人の立場に立っ
て理解する、理解しようとすることが大切、
ってことではないでしょうか。

投稿: きいちろ | 2008/06/04 01:43

>しんすけさん


先日は我が家の「吉田」=パートナーとの
楽しいセッション、どうも
ありがとうございました。
(この話はまた別の記事で詳しく
ご報告しますね)


「どうせ」を責任持って使えるのは、
きっと、心がたくましい人なのだと
感じています。そういう人ばかりでも
ないと思うのと、また、今は実際の
コミュニケーションだけでなく、
メールや携帯などで「言葉が一人歩き」
して、傷ついたりすることも
多いので、何らかのメッセージに
なれば、と思って発しました。


>言葉を発した後の行動(表現)まで
>見たり聴けたりすると
>もっと言霊を感じるかも
>しれませんね


言葉の表面だけ受け取って終わって
しまいがちな現代だからこそ、
「言霊」の重みを意識して、
使っていけたら良い、そう
感じています。


コメントありがとうございました!
(^0^)

投稿: つきのみどり | 2008/06/04 21:12

>きいちろさん


コメントありがとうございます。


>同じ言葉でも、肯定的な意味と
>否定的な意味を併せ持っていたり、
>使われる状況下や使う人の置かれた境遇で
>意味が変わったり、とにかく、その言葉が、
>どういう意図を持って発せられたか、って
>ことが重要


その通りですよね。自分自身でも、
「意味がきちんと伝わる」言葉を
使おうと意識しつつ、また、
「未来の大人たち」に、そのような
言葉の使い方を教えられるように、
奮闘している毎日です。


思いがけずお二人からコメントを
いただき、大事な気づきと、
大きな励ましをちょうだいできた、
その「言霊」に感謝して、
また自分なりに精進しようと
感じました。

投稿: つきのみどり | 2008/06/04 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/41409647

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なハッピー!のヒント Vol.2 「どうせ…」、追放!:

« 【速報】中西保志さんLive in MANDALA 観覧 | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件に思う 自己を過信する子どもにしないために »