« 「みゅーじん」プレミアムLive 魂の伝わる響き | トップページ | ゲリラ雷雨防衛隊員として 2008年9月の思い »

2008/08/26

身近なハッピー!のヒント Vol.5 ないものは補い合って

Blog080826

私のきょうだいは、
弟ひとり。

この弟と私、小さい頃から、似ていない
ことだらけ。
冬の寒い夜、ぐっすり寝ている時。いつも
決まって、私はどんどん中に潜っていって、
弟はどんどん布団から上にはみ出して
いたらしい。

「ぜんぜん違うのよ、面白いわよねー」
起きてきて、寝ぼけ眼の私の前で
笑い転げていた母。とても楽しそうだったのが
忘れられない。

弟とは、顔かたちはもちろん、好きな食べ物、
趣味も似ていない(もちろん、今も似ていない
ことばかり)。

極めつけは、弟の成人式の時。私の時に
真珠のネックレスをくれた叔父夫婦、
弟の時は困ったらしかった。弟は当時
大流行の「G-SHOCK」の腕時計をねだり、
母が「そんな一時の流行品ではなく、
長い間使えるものを」と大反対。また、
「G-SHOCK」を買う気のなかったらしい
叔父夫婦、結局、弟と私をレストランでの
食事に招待してくれた。

居並ぶふたりを見て、お店の方が、
「ご婚約でしょうか」
と言われ、一同大爆笑!!あまりに似ていない
姉弟に、お店の方も目を白黒させていた。

でも、この弟がいたから、今、私は教員が
できていると思う。
自分とタイプが違い、また、母が弟の世話に
苦心しているのをはたで見ていて、
(こうすると言うことを聞くのか)
と思ったり、
(こうすればやる気が出るんだ)
などと、気づくことが増えていった。

大人になっても、本質的にこの気づきは変わらず、
今も、弟の行動や生き方は私にヒントを与えてくれる
ことが多い。

こういう、「自分が持っていない面、自分の中に
ないこと」を気づかせてくれる存在は、かけがえの
ないものだと感じる。

人間に完全無欠な人はいない。また、目指しても
難しい。だからこそ、自分にないものに素直に
気づき、卑屈にならず、補って生きていくことが大事。

親子、きょうだい、カップル、そして、友人。年上も
年下も関係ない。「負うた子に教えられる」という
ことわざもある。自分より未熟に見えても、実は
優れた知恵を持っているかもしれない。

自分にないものを持っている人は、行動や考え方
などで、自分に何かしらのヒントを与えてくれる。
そして、別の見方をすれば、自分の行動も、
他人に何かしらのヒントを与えているかもしれない。

どんな存在でも、自分と似たような人の群れの
中にいれば居心地がいいけれど、それは結局、
「同じ穴の狢(ムジナ)」。違うように見えて実は同類、
だから、そこから成長できることは難しいだろう。

違うタイプの知人の皆さんに感謝して、私も、
自分に足りないところのヒントを見つけながら、
生きていきたい。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 「みゅーじん」プレミアムLive 魂の伝わる響き | トップページ | ゲリラ雷雨防衛隊員として 2008年9月の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/42284115

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なハッピー!のヒント Vol.5 ないものは補い合って:

« 「みゅーじん」プレミアムLive 魂の伝わる響き | トップページ | ゲリラ雷雨防衛隊員として 2008年9月の思い »